長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「知行合一の建学精神と吉田松陰」
【2010/05/01 13:58】 エッセイ
知行合一
2010.05
松蔭大学 吉田松陰教育研究センター
(1)はじめに
本学は「松蔭学園」と呼称し、その建学精神に「知行合一」を掲げている。松蔭の名称を標榜する限り、学園内の教職員、学生はもとより、学内外へ発信する典拠としての吉田松陰の言葉、乃至は著作中の出典を確認することが必要と思われる。どうして建学精神が「知行合一」なのか?また「吉田松陰」なのか?この根幹部分を明確にしておく必要があると思われる。
松蔭大学②24.4.22

(2)「知行合一」について
周知の如く、「知行合一」なる標語は中国明代の思想家でもある「王陽明」の提唱した説である。
王陽明・傅習録


その『伝習録』には次のように記されている。「抑々知っている以上、それは必ず行いに顕われるものだ。知っていながら行わないと云うのは、要するに知らないということだ」(世界の名著、中央公論社 朱子、王陽明327頁)と。松陰は嘉永三年に鎮西遊学で、陽明学者でもあった葉山左内を平戸に訪ねている。そこで『伝習録』に出会い(吉田松陰全集第9巻36頁)、それが松陰の人生観に大きく影響を及ぼしたと考えられる。また、松下村塾の愛弟子でもあった入江九一への安政6年1月の書簡でも次のように記している。「吾れかつて王陽明の伝習録を読み、頗る味あるを覚ゆ。・・・然れども吾れ専ら陽明学のみを修むるに非ず、ただその学の真、往々吾が真と会ふのみ」と。
(3)松陰は、山鹿流兵学を家学とする叔父の吉田家に5歳の時に養子となった。幼時の教育は叔父の玉木文之進や山田宇衛門、林真人らであったが、山鹿流は儒学や国学との混成になる士道論であった。松陰の儒学は特に孟子との取り組みが顕著であり、それは彼の座右の銘とした「至誠而不動者未之有也」(孟子、離婁上12)であった。王陽明は孟子の系譜に連なる儒家であるが、松陰の大著「講孟余話」でも「知は行の本たり。行は知の實たり。二つの者固より相倚りて離れず。誠は知行の自ら誠なるなり。誠を思ふは知行の誠ならんことを思ふなり。此の義、学庸を熟読せば自ら明かなり」(全集3巻156頁)、或いは「王陽明の知行合一の説、固より自ら當る所ありと云えども・・・行を以て重しとせざることを得ず。是れ学を主として行を廃する者の誡とすべし・・・故に知行二つにして一つ、而して先後亦相俟ちて済すことあるなり」(同上18頁)と言っている。

[READ MORE...]
スポンサーサイト



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR