長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田松陰研究入門
【2010/06/28 09:02】 エッセイ
ブログ開設から3週間近く経過しました。予想を遥かに超えて、質の高いコメントを沢山頂き大変嬉しく思います。やはり、松陰愛好者と坂本龍馬のファン層の違いのようなものを感じます。龍馬は「大衆性」があります。また「機を見るに敏」のイメージがある人物です。司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の強烈なイメージが40年経過してもなお、鮮烈なのかもしれません。夢を描いたことで若者に受ける生き方への誘いのようなものがあるのでしょう。
それに対して松陰は、いわゆる「大衆受け」はしないようです。しかし、幕末にあって学者でもなく、一市民(治者階級ではあったが)的な目線で「日本を心から愛した、極めて日本的な日本人」の代表格と言ってよい人物です。己の信じた道をまっしぐらに突き進む生き方は、ある種の共感を誘います。「至誠」が彼の行動原理の基底をなしています。
松陰の魅力は「至純」に尽きると言ってよいでしょう。「野山獄」と言う藩獄に収監された14ヶ月に618冊もの書籍を読むということは、どう考えても凡人には不可能です。しかも、それを記帳してあるというこの「几帳面さ」には敬服してしまいます。これは「野山獄読書記」として吉田松陰全集に収載されています。
吉田松陰蘇峰著24.3.31

[READ MORE...]
スポンサーサイト
改革の努力
【2010/06/22 17:37】 エッセイ
ちょっと風変わりな話 ( 長谷川勤「松陰随想集」から )
幕府と藩の改革努力の、ある種の共通性です。
人脈(血筋)と改革の主導者のことです。
定信と田沼24.4.22

[READ MORE...]
【みんなの広場】
【2010/06/21 10:28】 エッセイ
「文化教育研究所 平成20・21年度研究年報」から
scan-2.jpg

[READ MORE...]
尋常小学校修身書の「吉田松陰」
【2010/06/21 09:40】 エッセイ
今、私の手元に文部省発行「尋常小学校修身書・巻5・児童用」昭和2年12月5日検定済という、小冊子風の国定教科書がある。
この48頁に「第17課・自信」と題して吉田松陰が書かれている。戦前に「吉田松陰」がどのように取り上げられていたかを知る格好の資料とも言えるので、ここに全文を紹介しよう。
児童用修身書
[READ MORE...]
本日の授業
【2010/06/18 09:25】 エッセイ
講義タイトルは「吉田松陰の草莽崛起論と明治維新への道」という、少し長いものでした。
安政5年「松陰の学術純ならず」と、第三者には意味不明の罪名で野山獄に再度投獄された松陰は、門下生との時局認識と対応行動を巡って意見が別れる。松陰の「諸友と私の意見の別れるところは、僕は忠義をする積り、諸友は功業をする積り」という師弟関係の断絶の危機に遭遇となる。そして松陰は「天の裁きを願う」との「至誠」を問う挙に出た。そして、紆余曲折を経て辿り着いた結論は「幕府や諸侯は最早粋人なれば頼みなし、草莽崛起の人を望む外なし」だった。これを、佐久間象山の甥に当る北山安世に当てた書簡で憤懣やるかたない思いで綴ったのであった。
幕末の志士


[READ MORE...]
大東文化大学オープンカレッジ記
【2010/06/16 17:05】 エッセイ
昨日6月15日東松山校舎で行いました。「幕末から維新へ」の5回シリーズ、その第3回目で、タイトルは「松下村塾と幕末政争」でした。一般社会人の方々が受講ですが、その熱心なことには敬服でした。レジュメに私の講義ポイントをどんどん書き込んでいました。生涯学習のモデルの如き風景でした。
大東文化大学
[READ MORE...]
「松陰の一文」
【2010/06/09 14:41】 エッセイ
親思う
以下、美しい松陰の親思いの一面の文です。
多分、万感の思いを感謝に託して詠んだのでしょう。
(長谷川勤「松陰随想集」から)
[READ MORE...]
吉田松陰論と建学精神
【2010/06/09 14:02】 エッセイ
吉田松陰25.11.09
吉田松陰論では「士規七則」や「松下村塾記」にみられるような松陰の学問観、人間観、を理解すると同時に大学の建学精神を知り、彼の生涯と行動の軌跡を学びながら人間形成における教育効果をテーマとしている。

建学精神とは? あるいは、人は何のために学ぶのかといった基本的な問題から、学問をすることによってどのような人間形成を目指すのかといった教育の目的、理想、使命、責務等が語られるものである。
日本の私立大学はこうした「建学精神」をかかげ、大学の目的や理想と共に個性豊かな人間形成を図ることを目指している。


[READ MORE...]
「定年後の生涯学習記」
【2010/06/07 13:54】 エッセイ
IMG_0160.jpg
--------------------------------------------二水会寄稿
----------------------------------長谷川勤---昭和46年卒(2期生)

この手記は、私が早稲田大学を卒業し、某アパレルの会社に勤務のほぼ37年間、定年までこぎつけた思いと偶然に「松蔭大学」から、招聘された経緯を体験談風につづったものである。

人生は、「出会い」と言われる。誠に、ありがたい「早稲田」との出会いであったと回想される。。早稲田大学「社会科学部」は、それまでの「第二学部」を統合して、兼任教授でなく、「専任教授」を配置して、昭和41年に発足した学部である。ですから日本で最初の「独立性」をもった夜間学部であった。したがって、全国の優秀な学生が、「経済的」理由から、入学した学生が多かったのであった。
おそらく「早稲田大学」の、当時の「全国的」な、人気とがあいまって、その後の発展を見ることになったものと思われる。私は、この学部の「二期生」に当たり、昭和42年4月に入学し、46年3月に卒業した者であります。

事実、卒業して実社会で活躍している人物を沢山輩出している事実をみても、戦後20年足らずの日本の情勢を回顧してみるとき「復興途上にあった日本」の、國家情勢を反映した形になっていると思われることが多々ある。

当初は、「夜間学部」として、「社会的差別」の悲哀を蒙った学生もいたのは、事実であるが、年々、学生の質的向上がはかられて、その後の発展は著しく、衆議院議員の国政レベルはもちろん、産業界でも活躍する人物が、沢山輩出された。現在では、入学が相当の学力を要求され、難関学部となっているそうである。

創設者の「努力」からくる、学部への愛着は、卒後25年目の節目に催される「ホームカミングデー」の実現したときに、全学代表としてOBの一期生が挨拶する機会を得たとのことである。その機会に、かつて「学資金に困った」経験から、後輩の為に、学資金を援助して、勉学意欲向上の為に「慈善的心意気」のあつまりとして、「早稲田大学社学二水会」なるものが、発足し、OBの寄付で数千万円による「奨学基金」が有志からの浄財となって、全国的にも珍しい、出身學部の関係者からなる「奨学金」が創設されたのであった。
以下の、個人的回顧談は、この解説文の延長線上にあるものとしてお読みいただきたいのであります。

社会科学部卒業後36年間務めたアパレルの会社を定年退職して、早や4年経過。定年退職直後の一月七日、宮内秀之君(昭和50年卒)の提案で仲間の皆さんから私の定年祝いをして頂いた。あの時は、本当に「二水会」活動を誇りに思うと同時に、仲間の皆さんに心から感謝したことでした。その時は既に松蔭大学の講師が内定しており、第二の人生は新しい仕事に対して希望に満ちていました。
松陰先生24.3.31


退職金で百万円もの吉田松陰関連書籍をまとめて買い込み、張り切って研究生活に取り組みました。お陰で松陰研究も大分進歩、今は他大学の「市民大学講座」の講師や浦和稲門会の先輩からの講演依頼を受けて、地区の「ロータリークラブ」で松陰を語ったり、あちこちに小論文や随想、エピソードを寄稿したりしながら過ごしています。私の生涯学習、ライフワークと言ったところです。松陰は坂本龍馬のような人気と違い、表面に出ないものの、根強い人気があるのです。NHKに大河ドラマで取り上げるよう要請しても、明るい話題性がなく、まじめ一方の人物イメージが強すぎることと、30年に満たない生涯であったことが原因のようで、面白おかしく構成が出来ず、所謂大衆性がないのがネックになってしまっているようです。昭和11年に刊行された「吉田松陰全集」は完成度が高いものの、漢学に精通した歴史学者でないと難しくて読める人が限られてしまったようで、岩波書店も3年後に「普及版」という読み下し調の内容の出版を再度行い、其の暁に松陰の全体像がつかめるようになったのです。全10巻の5千頁もの著作を残した人物は、幕末では松陰ぐらいしかいません。偶々、昨年は松陰没後150周年にあたることから、松陰本が続々と刊行されました。
私の講座は「吉田松陰論」で、大学の「建学精神」と教育者としての松陰像や明治維新の先覚者としての松陰の「人となり」を語ります。最近は人気講座らしく、今年は大教室での講義となりました。吉田松陰全集から重要と思われる文稿の原文を、ルビを施して授業の資料として学生に配布し、ここ一番の重要文献は、学生に教壇に立って読んで貰う協業のような授業をしています。大学で教材の印刷枚数が飛び抜けて多いのが私で、多い日には千枚近い資料を印刷配布します。


松下村塾24.6.9





[READ MORE...]



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR