FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

本日の授業
【2010/06/18 09:25】 エッセイ
講義タイトルは「吉田松陰の草莽崛起論と明治維新への道」という、少し長いものでした。
安政5年「松陰の学術純ならず」と、第三者には意味不明の罪名で野山獄に再度投獄された松陰は、門下生との時局認識と対応行動を巡って意見が別れる。松陰の「諸友と私の意見の別れるところは、僕は忠義をする積り、諸友は功業をする積り」という師弟関係の断絶の危機に遭遇となる。そして松陰は「天の裁きを願う」との「至誠」を問う挙に出た。そして、紆余曲折を経て辿り着いた結論は「幕府や諸侯は最早粋人なれば頼みなし、草莽崛起の人を望む外なし」だった。これを、佐久間象山の甥に当る北山安世に当てた書簡で憤懣やるかたない思いで綴ったのであった。
幕末の志士


[READ MORE...]
スポンサーサイト






サイドメニュー ×
メニューA  メニューB