FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田松陰研究入門
【2010/06/28 09:02】 エッセイ
ブログ開設から3週間近く経過しました。予想を遥かに超えて、質の高いコメントを沢山頂き大変嬉しく思います。やはり、松陰愛好者と坂本龍馬のファン層の違いのようなものを感じます。龍馬は「大衆性」があります。また「機を見るに敏」のイメージがある人物です。司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の強烈なイメージが40年経過してもなお、鮮烈なのかもしれません。夢を描いたことで若者に受ける生き方への誘いのようなものがあるのでしょう。
それに対して松陰は、いわゆる「大衆受け」はしないようです。しかし、幕末にあって学者でもなく、一市民(治者階級ではあったが)的な目線で「日本を心から愛した、極めて日本的な日本人」の代表格と言ってよい人物です。己の信じた道をまっしぐらに突き進む生き方は、ある種の共感を誘います。「至誠」が彼の行動原理の基底をなしています。
松陰の魅力は「至純」に尽きると言ってよいでしょう。「野山獄」と言う藩獄に収監された14ヶ月に618冊もの書籍を読むということは、どう考えても凡人には不可能です。しかも、それを記帳してあるというこの「几帳面さ」には敬服してしまいます。これは「野山獄読書記」として吉田松陰全集に収載されています。
吉田松陰蘇峰著24.3.31

[READ MORE...]
スポンサーサイト






サイドメニュー ×
メニューA  メニューB