FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田松陰伝記(研究書)第三号の話
【2010/07/09 10:11】 エッセイ
徳富蘇峰著「吉田松陰」
吉田松陰を全国的に有名人にした「名著」の誉れ高い本です。歴代の松陰研究者が必ず真っ先に推薦する、定評ある「松陰伝」です。蘇峰の前に松陰なく、蘇峰の跡に松陰なしと言われるかのような高い評価を得て、松陰は勿論、著者の蘇峰までもが名声を博した本です。時に明治26年。
蘇峰の吉田松陰


自由国民社刊行版。今日まで、昭和11年刊行の玖村敏雄先生の「吉田松陰」(岩波書店刊行)と並ぶ、松陰伝の最高傑作であるとの不動の評価を得ています。
現在は「岩波文庫」で読むことが出来ます。因みに、私の手元にある文庫本は1981年11月16日第1刷発行、1984年5月16日第5刷発行です。文庫本ですから巻末に解説がついています。この解説が圧巻です。植手通有(うえてみちあり)さんが執筆しています。「洛陽の紙価を高める」と言うことばがありますが、この徳富蘇峰の「吉田松陰」は正しくこれに当ります。


[READ MORE...]
スポンサーサイト






サイドメニュー ×
メニューA  メニューB