長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『歴史に学べ』に応えて
【2010/09/29 09:25】 エッセイ
『歴史を学んで』そして『歴史に学ぶ』

T・Mさんのコメントを読ませて頂きました。「ナショナリズム」は「浮草」のような
側面があって、マスコミによって受け止めた情報をそのまま受け入れると、いわゆる「情報の操作」となって、場合によっては一面的に情報が私達に伝達される危険性が伴います。「日比谷焼き討ち事件」はその最たるものの一つと思います。今回の尖閣諸島を巡る紛争こそ歴史に学ぶことの大切さを国民は怒りと共に、考えたことと思います。
「情報を吟味する力」のような判断力や洞察力がないと、私たちは情報に踊らされてしまいます。今回の事件は殆どの方が「三国干渉の屈辱」を思い出したことでしょう。

歴史に学ぶ

[READ MORE...]
スポンサーサイト
平戸遊学関係文書
【2010/09/22 21:35】 エッセイ
松陰が長崎留学を願い出た背景に、萩藩を超越した日本国の民族の危機打開への思いがあったのです。それを書いてみました。
慶應大学構内三田演説館

[READ MORE...]
過書及び手形下附願(控)
【2010/09/22 09:49】 エッセイ
嘉永三年八月二十三日

掲題の「史料」です。このために、松陰は人生の大きな変更を余儀なくされました。藩主「毛利敬親」は「国の宝を失った!」と嘆息したのでした。江戸時代は、隣の藩も外国でありました。


[READ MORE...]
吉田松陰と新島襄
【2010/09/16 13:02】 エッセイ
北海道旅行から発展して、日本三大私学まで話が広がってしまいました。歴史の不思議は、徳富蘇峰が同志社出身で、「吉田松陰」が彼の代表作となったことです。
9月12日から三日間、北海道旅行をして来ました。函館、小樽、登別温泉、洞爺湖、大沼国定公園、函館を散策して青函トンネルを通って八戸から新幹線乗車。札幌の「時計台」はイメージと違い「こじんまり」でした。北海道庁舎は明治の開拓精神が息づいているようでした。小樽は曾ての漁港から観光都市化していて、市街は観光客の往来で賑わっていた。曾て「鰊漁」で巨万の富を築いた立志伝の人物の話が、思い出話と自慢話に聞こえる説明係の言い方に思えて残念。洞爺湖の美しさと「サミット」を偲ばせる山頂の豪華ホテルもミスマッチのイメージ。
函館 函館3 函館4 札幌1 札幌2


[READ MORE...]
情報化時代の魁『松下村塾』
【2010/09/08 09:13】 エッセイ
吉田松陰主宰の『松下村塾』には、塾生全員が常に閲覧出来る今日の新聞のような情報活用を目的とした『飛耳長目帳』という小冊子風のものが置かれていた。これは松陰の人脈からや、門下生の江戸や上方(京都、大阪方面)での活動報告を集めたもので、国内の政治情勢を、萩にいながらにして掴めるというものであった。情報戦略の魁とでも云おうか。これが実は「松陰の実学重視」の表れであり、「空理を玩ぶ学問を誡めた」学問観、世界観、人生観なのであった。それを体当たりで「教授」し「多くの俊傑」を育てたところに松陰の教育者としての真骨頂があったと私は思います。
松下村塾24.4.25



[READ MORE...]



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR