長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田松陰自賛肖像
【2011/04/11 19:51】 エッセイ
吉田松陰自賛肖像
(全集第九巻収載:東行前日記:543頁)

有名な松陰の肖像画が描かれた掛け軸である。松陰と云えば、この貌を思い浮かべる人が多いだろう。
安政六年(1859)五月、松陰に江戸送りの命令が下された。門下生「久坂玄瑞」の発議によって松浦松洞によって松陰の肖像を描かせたものに、松陰自身が「賛」を書いた。

現在七枚が残されている。最初の保持(贈り先宛名あり)した家に因んで①吉田家本②杉家本③品川家本④岡部家本⑤中谷家本⑥久坂家本⑦福川家は賛のみで跋なし。が描かれた。(中谷家本の「跋」に予人の為に此の賛を書す。凡そ七通。今すでに之れを厭う。賓卿(中谷正亮)復たもって見んことを迫る。嗚呼、賓卿我れにおいて最旧(の友)なり。それ辞すべけんや。将に之れを発せんとするの前夕(五月二十四日二十一回猛士寅書)と書かれているので、それがわかる。)因みに最初に書いた吉田家本が五月十六日であるから、九日かけて書いたことになる。

原文を下記する。
松陰 松陰2



[READ MORE...]
スポンサーサイト
吉田松陰全集について③
【2011/04/11 16:14】 エッセイ
(3)、大衆版(大和書房
尚、この全集は「江湖の要望」に応えて、2012年2月再度、刊行されました。少し装丁が異なります。

「刊行のことば」

幕末の俊傑吉田松陰に対して、山口県には今もなお「吉田松陰先生」という敬称をつかって呼ぶならわしがある。これは単に松陰が当時生国萩の城下において、山鹿流兵学の師家を継いでいる好学有為の青年として得た信頼からだけのものではない。

三十年を一期とした短い生涯ながらも、最期の際まで道を求め続けるという厳しい人生の歴程が、そのまま真摯な人間行者としての鑑であり、また青年の誘掖にあけくれした罪余の生活が、そのまま偉大な教育哲理の実践であったという事実として、郷土後進の胸裡に敬仰思慕の灯を点じ、脈々として今に伝承したものである。これをただに地縁に結ばれた郷土人の親昵感からくる素朴な情誼としてのみ看過してはならない。松陰先生こそ時代に若さをつくる人間の原型であり、民衆が思慕する魅力ある未完成の人間像である。
011.jpg


[READ MORE...]
吉田松陰全集について②
【2011/04/11 16:10】 エッセイ
(2)、普及版(岩波書店)

「刊行の辞」

吉田松陰先生は時代を超えていつまでも皇國臣民の行くべき道を指示する英霊的存在である。その精神規気魄は継て起る後輩の血脈に鼓動して永劫に死せず、其の思想信念は繹ぬる者の胸奥に息吹して萬世に滅びない。當時維新回天の偉業を翼賛し奉つた防長の才俊が、其の膝下に學んで躍々たる生命力を育まれた如く、今日新しき世界史の展開を完遂すべき一億臣民は、其の精神に参入して逞しき雄魂を涵養しなければならぬ。此の意味に於て、先生の遺著はまさに國民の書、特に青年の書たるべきものである。襄に本會が吉田松陰全集っを公刊するや、十巻六千頁の厖大且つ難解の書籍たるにも拘らず、絶大なる讃辞と歓迎とを蒙り、忽ちにして肆上に其の影を没するに至つたことは、以て先生の偉大さと江湖鑽仰の熾烈里を證するものと謂ふべく、刊行の事に當つた本會としても誠に欣快に堪へざる所である。

然るに前の全集は其の大部分が漢文であり、文中又漢土の典據故事を引用せる語句多きが為めに、一般人士としては訓讀の困難を歎ずることが尠くない。
かくては折角の金玉の大文字も、一部の學者有識者に獨占せられて、其の内に含蓄抱擁する燦然たる光鋩を遍く後世に発揚するに由なく、舊全集の荷へる眞價と意義とは自ら別として、亦聊か憾みなきを得ざる次第である。
035.jpg
 

[READ MORE...]
吉田松陰全集について①
【2011/04/11 16:09】 エッセイ
吉田松陰全集は昭和九年刊行のもの(通称・定本版)全十巻。
そして昭和十五年刊行のもの(通称・普及版)全十二巻が戦前に岩波書店から出版されている。
更に、昭和四十七年にも刊行されている。これを通称・大衆版と呼称している。全十巻と別巻一巻で計十一巻になる。これは大和書房から出版されている。

何故、吉田松陰全集が、時を変えて、少し形式を変えて三たび刊行されたのか。

これを知るために、おのおのの「刊行された目的」あるいは「意味又は意義」が解かるよう、「刊行の辞」をそのまま書き込んだ。これらを読むことによって、松陰と時代性の関連、研究する意義が見えてくると思う。
大変に長文になるが、心を期して全文読む努力を願いたい。読者ばかりでなく、私自身も大変な労力であるが、非常に価値があると思う。
では順次、書き込んで行きます。
010.jpg


[READ MORE...]



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR