FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「西遊日記」①
【2011/04/17 21:00】 エッセイ
松陰は19歳で、「山鹿流兵学師範」となった。真剣な厳しい修業に堪えての成果である。以後、自藩(長州藩)以外に、修業の場を求めて、全国行脚が開始される。
今日は、初めての藩外の遊学先である、「肥前の長崎、平戸」に出発した時に綴った掲題の「序」を書きます。松陰21歳の夏である。

西遊日記(松陰全集第9巻:23頁)

「序」

道を學び己を成すには、古今の跡、天下の事、陋室黄巻にて固より足れり。豈に他に求むることあらんや。顧ふに、人の病は思はざるのみ。則ち四方に周遊すとも何の取る所ぞと。曰く、「心はもと活きたり、活きたるものには必ず機あり、機なるものは触に従ひて発し、感に遇ひて動く。発動の機は周遊の益なり」と。西遊日記を作る。
庚戌九月                        長陽 吉田矩方識す



[READ MORE...]
スポンサーサイト



福川家本自賛と跋文
【2011/04/17 17:16】 エッセイ
三分出廬兮諸葛已矣夫一身入洛兮賈彪安在哉心師貫高兮而無素立名志仰魯連兮遂乏釋難才讀書無功兮撲學三十年滅賊失計猛氣廿一回人譏狂頑兮郷黨衆不容身許家國兮死生吾久齊至誠不動兮自古未之有古人難及兮聖賢敢追陪

余再獄繋於野山獄前後篆 司獄福君愛顧甚多褚中有感吾未報者 今茲今月会由有関左厄臨別蒼皇録肖像自賛以贈之
二十一回猛士寅書

※この福川犀之助(野山獄司獄官)は、松陰の在獄中で自分の機転(独自の判断)で何かと便宜をはかってくれた。獄中夜間の「蝋燭の禁止」や「兄、梅太郎の松陰訪問」の頻度、そして自身が「獄中勉強会」で松陰に弟子の礼をとって学んだ。さらに弟にも勉強会参加をさせている。


[READ MORE...]
吉田松陰肖像自賛(跋文)
【2011/04/17 17:11】 エッセイ
前回、掲題の内容での記事を書きました。読んで下さった方から、質問も頂き、私も調べて応えることを通して、結果として勉強になりました。感謝。

今日は「賛」でなく、賛の後に書き添えられている「跋文」について書きます。
「跋文」は、特定の人物に送るための言葉が、おのおの異なっております。また、これを書いた日と最後の署名が、書かれていて、それぞれ異なっていることも確認下さい。 
吉田松陰自賛画像2012.4.13



では、書き下し文ながら紹介してみます。六幅分です。なお、野山獄の司獄であった「福川犀之助」(福川家本)に書き与えたものは、賛は、久坂家本と同文で、跋文はネットで大体が読めますが少し読み切れず、不明な文字があり、時間をかけても調べてみたいと思っています。
コメントを寄せてくれた「坂本さんが」この、福川家ほんのURLを教えてくれたので、これをクリックすると現物写真がみられますので、折角ですから、坂本さんに感謝してここにそのURLを記しておきます。ぜひ、ご覧になってみて下さい。自画像はありませんが、無ければ無いなりに味わいがあるように思えます。



[READ MORE...]



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB