FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「武士道」と「士道論」のこと
【2011/08/02 07:32】 エッセイ
武士道というと、一般に思い起されるのが新渡戸稲造の『武士道』であると思われる。しかし、それは正しい武士道の理解とは言えないそうである。

講談社現代新書に『武士道の逆襲』(菅野覚明著)という本があり、これを読むとその意味がわかる。そこには次のように説明されている。「武士道は、第一義に戦闘者の思想である。新渡戸をはじめとする明治武士道の説く高貴な忠君愛国道徳とは、途方もなく異質なものである」(20頁)と。つまり、武士道は「一つの階級的思想であって、外国を意識して生まれた国民思想ではない」のだそうだ。
Bushido.jpg 武士道の逆襲
[READ MORE...]
スポンサーサイト






サイドメニュー ×
メニューA  メニューB