FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「岸信介総理大臣」と「吉田松陰」
【2011/08/23 07:26】 エッセイ
岩波新書に『岸信介』がある。サブタイトルは「権勢の政治家」とある。著者は原彬久さんという国際政治学、日本外交史、日米関係論を専攻の学者である。1995年に第1刷で2年後に第7刷が出ているので、販売実績は良好とみてよい。

この本を読む前の岸信介のイメージは、「60年安保時の首相」とか「昭和の妖怪」との謎めいた尊称?を蒙った政治家ほどであった。ただ、東京帝国大学法学部を、民法の権威とも云われる「我妻栄」先生と同期で、共に最高点の成績を取った頭脳優秀な人物との評は知っていた。「天皇機関説」の美濃部達吉博士とともに、憲法学を担当された上杉慎吉の優秀な愛弟子として大学に残るように要請されたが、官僚の道を選択したことも記憶していた。勿論、弟の佐藤栄作のことも知っていたが、読んでみて大変な人物だという事が解かった。
岸伸介 

[READ MORE...]
スポンサーサイト



山口県出身の総理大臣
【2011/08/23 07:25】 エッセイ
『吉田松陰の予言』と題した本がある。著者は佐賀県出身で、「浜崎惟」という。2007年5月の発行日現在、東京大学の法学部四年生に在学中の学生である。今年で26歳位になるのであろう(因みに誕生年月日は不明)。発売は「星雲社」、発行が「Book&Books株式会社」となっている。

ユニークなタイトルなので購入して読んでみた。この本には、「副題」がついていて、なぜ、山口県ばかりから総理大臣が生まれるのか? となっている。
伊藤博文24.3.25

就任順に記して見ると、伊藤博文、山縣有朋、桂太郎、寺内正毅、田中義一、以上の5人が戦前で、戦後は岸信介、佐藤栄作、安倍晋三の3人となっていて、2,007年現在で8人である。その後、現在の菅直人を加えれば9人ということになる。安倍晋三は東京生まれで選挙区が山口県、菅直人は生まれが山口県宇部市で高校途中まで宇部高校(卒業は都立小山台高校)だから、山口県出身として問題はないだろう。
首相経験者 

[READ MORE...]



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB