長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『留魂録』のこと
【2011/10/22 19:11】 エッセイ
安政6年10月27日、吉田松陰は幕府の手によって処刑された。
吉田松陰の処刑24.3.25

今年は152年目ということになる。
今日(22日)と明日は、世田谷の松陰神社で「第19回 萩世田谷幕末維新まつり」が開かれる。昨年は萩市の野村市長、杉家のご子孫、河村元官房長官、萩市商工会議所会頭を務めている方々が参加した。日本は勿論、萩市にとって、松陰はまさしく「千秋の人」なのである。松下村塾を主宰しているとき、『万巻の書を讀むに非ざるよりは 寧んぞ千秋の人たるを得ん』と塾生を鼓舞して、共に苦楽を味わいながら学問をし、門人育成をした。

死罪を予感した時から、覚悟の著述をするという精神力には驚愕のほかない。親族に宛てた「永訣書」を読むと、感動を催さざるをえない。『親思ふこころにまさる親ごころ けふの音づれ何ときくらん』などのことばは、万感胸に逼ってきてしまい、心の置き所がなくなってしまう。
留魂録 

[READ MORE...]
スポンサーサイト



サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR