FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田松陰の母の手紙
【2011/11/18 17:23】 エッセイ
吉田松陰の母「たき」は良妻賢母のモデルに近い程に礼賛されている。此の母にしてこの子ありと云うべき母のイメージである、珍しい松陰の母の書簡を書きます。
安政5年11月、松陰が毛利藩の重役宛に老中「間部詮勝」を暗殺したいので、武器弾薬の貸与を願う書簡を送ったことで、嚴囚の意味を込めて、松陰の思いとは反対に、二度目の「野山獄」へ入れられてしまった。

このため門下生との齟齬を来たしてしまい、松陰は自分の「誠」が正しいかどうか「天」の裁きなり、声を聴きたいとして絶食に入ったのであった。安政6年1月末のことである。この背景に、木戸孝允が松下村塾の「客分」という立場にあったことから、時勢に先鋭化しすぎる松陰に対して、一定の冷却期間を置かせようとの判断から、門下生との交信を絶たせたという事情があった。
当時江戸にいた久坂玄瑞や高杉晋作が、師である松陰の「草莽崛起」の実践決起プランに対して、時期尚早との江戸情勢を伝えてきたことに、松陰が納得しなかった。
親のこころ 

[READ MORE...]
スポンサーサイト






サイドメニュー ×
メニューA  メニューB