長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田松陰の「5回の獄中生活経験」②
【2013/05/05 21:11】 エッセイ
「吉田松陰の獄中生活」②

吉田松陰が29年2か月の生涯において、下田の平滑で一度、萩の野山獄で二度、江戸伝馬牢に二度、と5回も牢獄に収監されるという異常な人生を送ることを余儀なくされたのは時代の先覚者ゆえのことであった。いつの世も、「先覚者」の数奇な運命は厳しくまた非運の人生が宿命づけられていたように思える。
松陰正装画像


さて、今回は掲題の第二回目である。結論を先に言おう。吉田松陰は、自分の命よりも「日本国」を真っ先に大切にした人物である。しかも、小手先の狡猾な生き方ではなく、自らの生涯を賭けた素晴らしい人生航路であった。人間は誰しも、自分の人生の将来や生き方に対して「希望」や「夢」を持たなければ生きて行けないものだろう。連続して「獄中生活」や「幽囚生活」を強いられながらも、その艱難辛苦に耐えながらも己の人生を國家に捧げた人物は、日本史上でも稀有な存在であり、死去後に一世紀半以上経過した今も思慕する人々が絶えることのないのは何故なのだろうか?「死して不朽の見込みあらば、何時でも死ぬべし・・・・・・」と、愛弟子の高杉晋作に語った言葉に「うそ」はなかった。同時に、不朽の人物となったのであった。
野山獄24.3.23


松陰の第3回目の獄中生活は安政五年の暮に収監された「野山獄」であった。収監理由は、「学術不純にして人心を動揺す」ということである。これは、この年幕府大老に井伊直弼が突如として就任し、懸案の二つの政治的課題を矢継ぎ早に裁いてしまったことに原因がある。特に、ハリスとの間に締結した「日米修好通商条約」は、前任の堀田正睦が京都まで出向いて「勅許」を得ようとして失敗した経緯があるにもかかわらず、勅許を得ぬままに調印してしまったことに対して、松陰は激しく怒り「征夷は天下の賊なり。今措きて討たざれば、天下万世其れ吾れを何とか謂はん」と、幕府に対し「違勅の国賊」と呼んだのであった。(大義を議す)
尊王家の松陰には幕府の態度が、許しがたいものであった。そいて、澎湃として沸騰した幕府非難に対し、井伊直弼は強権発動を行い反幕府の志士や公家、とりわけ水戸藩に対しての過酷なまでの処罰を課したのであった。これには「戊午の密勅」という特殊事情があった。将軍継嗣問題で一橋慶喜を推した大名への処罰と絡んでいたから、慶喜の父親である徳川斉昭一派に対しては徹底していた。そして、水戸と薩摩が復讐として「大老暗殺」計画の話を聞き、尊王思想の家柄をもって自任する長州藩は、京都で大獄の指揮をとっていた老中の「間部詮勝」の暗殺を企て、門下生達と血判状をもって団結の下にこれを実行すべく「藩政府」に武器弾薬の貸し出し以来の書簡を書いたのである。驚いた周布政之助は、松陰に嚴囚を命じ、さらに野山獄への収監となったのである。これが、安政5年12月26日の再入獄である。
井伊直弼座像


そして、五回目の牢獄は安政6年7月9日の「伝馬牢への入獄」である。これは次のような事情からであった。すなわち、安政の大獄での志士逮捕の魁となった梅田雲濱の取り調べで、松陰と接触した事情と、雲濱が証言した「御所の落とし文」の筆跡が松陰のものであるとの嫌疑からである。当時、野山獄に収監されていた松陰に対し、幕府からの召喚状が発せられたのであった。これが、萩に届くのが5月中旬。25日には江戸へ向けての檻送となる。この慌ただしい10日に画かれたのが今に残る数葉の「自賛自画像」である。このことは『東行前日記』に詳述されている。
6月末に江戸に着いた松陰は、日比谷の長州藩邸から幕府評定所に出頭し、訊問を受けたが、嫌疑は簡単に晴れた。しかし、幽囚中の身に在りながら江戸や京都の情勢に詳しいのを訝った取調官の奉行から、意見陳述を求められ、間部老中暗殺計画(実際には机上プラン)を自供したことから、伝馬牢収監となった。
25.5.5伝馬牢俯瞰図

これが7月9日で、この日の詳細を高杉宛の書簡に詳しく書かれている。その後、二度の呼出しで訊問が行われるが、深く追求されずに楽観視していたが10月16日に至り、供述書へのサインを求められて、云ってもいない内容で論争となる。しかし、本筋は変えておらず、厳しい奉行の態度から「死罪」を予知して親族や門下生宛の遺書ともいうべきものを書いた。『留魂録』や『父叔兄宛』の有名な著述がそれである。そうして10月27日朝に呼び出され「死罪」を言い渡され、すぐさま評定所から伝馬牢の「処刑場」に引かれ斬首されたのであった。
この最期の松陰の態度をめぐって、天晴な従容とした態度と、喚き散らした態度の二つの異なる説があり、舟橋聖一の『花の生涯』では後者の方が描かれている。


スポンサーサイト
吉田松陰の「五回の獄中生活経験」①
【2013/05/04 00:03】 エッセイ
「吉田松陰の獄中生活」①

吉田松陰は、その29年2か月という短い生涯で5回も牢獄に収監されるという、波瀾万丈にして、数奇なる生涯を送った。

大抵の人は、この様な運命に遭遇したら人生を諦めてしまうだろう。然し、「不屈の人」吉田松陰は、こうしたことにめげずに自分の信念を貫いたのである。この限りでは、将に超人的とも云える精神力の持ち主であった。
吉田松陰25.11.09


この他に、「謹慎生活」も経験しており、また人口に膾炙した「松下村塾の主宰者」としての松陰は、実は幽囚の身で塾生を指導し、驚異的な人物育成の手腕を発揮したのである。
明治維新の夜明けを見ることなく、国のために散華した第一級の人物達が沢山いたのである。久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿、入江九一の「松下村塾の四天王」と云われた逸材は、遂に明治の御代を迎える前に、黄泉の国に旅立ってしまった。「師としての吉田松陰」の後を追うごとき、人生だったのである。死後の追贈のことは、本人たちは当然知らないわけである。四位(正・従)の官位を悉くが、明治20年代に追贈されている。のみならず、松陰の父親、兄も同様に追贈されているから吉田松陰という人物の存在価値が如何なるものであったかが想像できよう。
山縣有朋正装


そして、運よく明治に生きながらえた人物は、半数近い人物が新時代のリーダーとして大活躍したのである。奇跡の教育成果と言ってよいだろう。

吉田松陰研究の第一人者である「海原徹」先生は、松陰に指導された人物の栄達の多数をもって、松陰の教育が成功したと早合点することを戒める意味のことを言っている。 それはそれで一つの見識であるが、そうかと言って不成功と判断することは勿論できまい。
大切なことは、指導者または教育者としての吉田松陰が、言行一致の人であったことである。これは何を意味するか? 「私心」のない誠実な人間にして、初めて可能だったということである。「至誠」を自らの人生の指針としたこと、そうしてそれを実践した人物にして初めて可能だったということは、力説したいのである。


さて、話題がそれてしまったが、掲題の「獄中生活」における吉田松陰の生き方、または人生態度は誠に称賛に値するものである。
25.5.4「平滑獄跡」

第一回目の入獄は、嘉永7年3月の下田蹈海に失敗した直後に自首して取り調べを受ける期間中に収監された時期の3月28日から4月10日までの凡そ2週間である。収監された牢屋は「平滑の獄」である。此の間、1畳に2人を収監する窮屈な状況の中で、読書、そして獄の前の通行人に対して、時勢を語り、かつ自分の志を語った。(回顧録)

第二回目は、これの延長で江戸送りされ「伝馬牢」に収監された期間である。これも回顧録によると4月15日から9月18日までの凡そ5か月。此の間、幕府の奉行からの取り調べを受けるのである。驚くのは、牢屋には牢屋の「掟」や「階級」があり、新入りの松陰は一定の儀式と「金子(きんす)」を牢名主から要求されるのである。取り調べに対しては、師の佐久間象山をかばう意味と、藩に迷惑を掛けまいとの配慮をしながらも、赤裸々に信ずるところを開陳し、取調官をして感心させてしまうのである。この「赤心」が通じて、緩刑の判断となって「国元蟄居」の裁決となる。
25.5.4「伝馬牢」


第三回目の牢獄は、幕府の国元蟄居命令に従い、萩に送還された時である。長州藩は幕府を慮ってか蟄居でなく「藩獄・野山獄」へ収監してしまう。安政元年10月24日である。以後、免獄となる翌年12月15日までの凡そ14ヶ月。此の間、に多くの著述や読書・思索。そして獄中勉強会など、囚人の扱いを受けているのかと疑うような活発な活動を行う。
『野山獄読書記』によると、此の間、実に618冊もの本を読んだ。和綴じ本とはいえ、信じられない読書量である。
野山獄24.3.23


長くなるので、残りの二回は次回に書きますが、驚かされるのは政治犯ということもあってのことだろうが、松陰の精神・考え方には「犯罪者」意識がないことである。
日本の救済のための行動の結果であるから、犯罪などとんでもないこと位にしか考えていないのである。野山獄に収監中のことは、いろいろと書かれているが『靖献遺言』をよんでいるくだりには、読む者をして驚かされるのである。読んで感動し、躍り上がって感極まっている様子が赤裸々に書かれているのである。
のみならず、教育刑の実践を試みて、収監中の先輩に對して勉強を呼びかけるのである。こうして人間の再生を期し、それが後に出獄となるばかりか、富永有隣に至っては松下村塾の教師にしてしまうという「離れ業」までしてしまうのであった。

この14ヶ月の厖大な読書の手配をしたのが、兄の梅太郎である。この美しい兄弟愛は、妹の千代にも同様の態度である。獄中からの兄宛や妹宛の書簡が松陰全集に収載されていて、当時の様子や、松陰の精神生活ぶりがよく解かるのである。





サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR