長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

上杉鷹山への『訓戒書』二通
【2017/05/26 10:33】 エッセイ
宝暦九年、日向・高鍋藩第七代藩主「秋月種美の二男」だった松三郎(後の上杉鷹山)は、出羽米沢の名門大名家上杉氏の養子としての内約が決った。高鍋三万石の外様小藩から、屈指の名家・上杉家に養子入りするに当たり、高鍋藩老臣(家老)三好善大夫重道は、二度にわたり懇切丁寧な「訓戒書」を書き送っている。こうした訓戒を心に秘めて、松太郎(上杉鷹山)は江戸期の屈指の名君となった。米国ケネディ大統領の就任に当り、インタビューした日本人記者が「尊敬する日本人は誰か」との問いに、ケネディ新大統領は、即座に「それはウエスギヨウザンです」とこたえ、インタビューした記者が鷹山の人となりを知らなかったというエピソードがある。その鷹山に訓戒書を書いた三吉善太夫の心の籠ったbンを紹介して見る。 

三好善太夫の訓戒書①

宝暦九年三月五日、公重定公御養子の御内約あり、其の年十二月「秋月家の老臣・三好善太夫重道」公に上言す。
その書に曰く、

懼れながら、このたび、公子の上杉家へ御養われ成り候、御事、大なるご幸(さいわい)は、偏にご両親様のご恩德によりてなり。
殊更「心華院樣」ご由緒を以ての事なれば、慈母の御恩深き所、お忘れなく。
この上、御雙方(そうほう)樣への、「御孝行」の第一は、御養家樣方へご親切を尽くされ御事へ成され候義、肝要と存じ奉り候。
ついで御實方、御兄弟樣へ御睦まじく遊ばされるべし。
扨て、貴賤ともに人々、わが身に天より受け得たる「明徳」を、曇らざるように、お修業なされ候こと専一に御座候。
その訳は下賤にてもわが身、明らかになり「善道」を行わざる時は、小家も治まらず。
まして、況や貴人は御身随分と明鏡の如くなくては、下の善悪を知る事能わず、たとえ良臣ありとも朋輩(ほうはい・同僚)の事なれば、善悪たやすく申上げ難く、差控えそうらえば、善人悪人、お見違えこれあり。善人遠り、悪人近く、様(よう)になりては、自然と君も悪に移り、小なれば身を失い、大なれば家を亡ぼし、国民難儀に及ぶ事なれば、別けて大人はご幼年よりのお育ち、御修業、御大切なり。
況や御養子ともなれば、御他家をも御嗣ぎなされ、万一お修業なく御不明にて御養家、治まり申さず候えば、大なる御恥辱にて実父の家を治め得ざるより、その罪深く御雙方樣へ御不孝と相成るゆゑ、一入公子、御身の御養育、御大切に存じ奉り候。右、御修業は、恩を忘れず恥を知り、人道を能く御合点あり。四書少學、近思録の御学問を御一生涯、御懈怠なく成され候様願い奉り候。
兎角、善悪並び立たぬものに候えば、善に進めば、悪は退き、悪行なれば、善滅るもの。
されば仮初(かりそめ)にも悪事に傾く事をなさらず、善事に御染まりなさるべく候。尤も、上杉御家柄ゆゑ、御良臣多く、如何様よき御教訓も有るべく御座候えども、當時、身不肖ながら老職を相勤むることなれば、末々まで公子の御繁栄を願い、御成長の後も、折節(おりにふれて)、御覧くだされ、寸分の御為にも相成り候えば、生々あり難き仕合せと存じ奉り、心底を以て、諸人の嘲(あざけ)りをも顧みず、愚かなる事どもを自筆にて書き綴り、呈上畢。
十二月吉旦 三好善太夫


三好善太夫の訓戒書②

宝暦十年六月二十六日、御養子御願い済み、十月十九日秋月家一本松邸より桜田邸へ御引き移りあらせられる、重道復た、一篇の贈言を上(たてまつ)る。

一、 兼ねがね、御父君の御庭訓の如く、忠孝の御事第一の御勤め、片時もお忘れ成され
間敷き事。

一、 御学問、御武芸は忠孝の基にて御座候えば、御懈怠成され間敷く候事。

一、 其の御家の御式法、小事たりとも御違犯なされるまじく候。お大臣は御國の柱、必ず御用い成され、小臣といえども異見を申し候者、必ず御悦び、御受入れ成さるべく候。諌めを納(いる)る事は人君の美徳にて、諌めを申し候臣は戦場の一番槍の功より増(まさ)ると、やんごとなき御方の仰せられし事、かねがね御覚悟成さるべく候事。

一人に君たる御身は寛仁大度と申し候て、ゆったりとして人を憐れみ、御胸中廣く、人を疑うことなく何事も悪味(あくみ)の御座無き候樣に御心懸け遊ばさるべく候事。
御身持、第一の御執行は敬の一字に御座候。敬と申す事むつかしき事にてもなし、御心のむきを正直にして、心の本を束ね、末の散らぬ樣に成され、立居振舞は番人の附いて居る如く、事をするに目附のある樣に影日向なく油断致し申さずか、敬と申すものにて是に残る事無く御座候。
然れども、始めあらざる事なし、終りある事難しと申し候て、続き申さず候まま、一日より一月に至り、一月より一年に至り、一年より百年をなし候へば、何事も災の出候事もなく、身の御養生の悪しき事もなく候。
諸々の邪悪も除き申し候ゆえ、敬は百邪に勝とも古人の仰せられしためしも御座候。
一、 人の上に居給う御身は何事も謙退深く、我に知恵ありとし給う事なかれ、下より褒めそやし候へば、大方は、我は知恵ある者と思召し候より、萬の悪事も出来、諌めをも拒き給う事に候。奢りを禁じ倹約を守る人に施したる事は思い給う事なかれ。人に恩を受けたる事は、聊かも忘れ給う事なかれ。善事は少なしとも、必ず為し給うべし。悪事は少なしなりとも、必ず為し給うべからず。我が身をつねって人の痛さを知ると申す事に候。我嫌いの事は、人も同じく嫌いなる事と思召しやり、人にしかける樣に致し、萬に思いやりを致し候事、恕の道と申し候て、御一生涯御執行、是に過ぎたる事なく候。愚かに拙き人も人の上を譏り、咎むる事は明らかなり。賢く明らかなる人も、見の上の悪しきを知る事は、暗し人の上を責むる心を以て自身を責め、我が身をゆるす心を以て人をゆるさぬは、大概宜しからずと古人も宣べり。

今度、我が国の公子、上杉家へ入られ候に付き、御幼少よりも御心存に成り申すべくの條々、重道が愚かなる書き付け、恐れ乍ら御餞別に差上げ奉り候。
夫れ、人は貴賤となく天地を大父母として生まれるは、大父母の御心にかなうように心を御用い成さるべく候事、御肝要の御儀と承り候。天地の大父母は、何をか心とするなれば、天地は物を生ずるを以て、心とすあれば、物を育て害わす慈悲の心を以て心とし、仮初にもむごき事を好まぬ君を敬い、父母に考し、衆人を憐れむに至るまで、皆此の意にあらざる事なし。されば、人の君となりて仁に止ると申す事に候へば、人君の道に至る肝要の御事と存じ奉り候。
天地の心に叶い給へば天道の冥福もあり、人道にも叶い給い、幾千世までも目出度く御栄へ成され候御事、必定の理り、にて御座候。
暫く書き続けなば、濱の真砂の数より多かめれとおさなき御心には諭し難き事をも書き綴りても、益なく且つは筆の力もなければ暫くおくと也。

宝暦十庚申年八月吉旦 三好善大夫重道 敬白


スポンサーサイト
吉田松陰『七生説』
【2017/05/21 22:36】 エッセイ
七 生 説   
(丙辰幽室文稿)安政三年四月十五日(一八五六)

天の茫々たる、一理(いちり)ありて存し、父子祖孫の綿々たる、一気ありて属(つづ)く。人の生まるるや、斯の理を資(と)りて以て心と為し、斯の気を稟(う)けて以て体)と為す。体は私なり、心は公)なり。私を役して公に殉(したが)ふ者を大人と為し、公を役して私)に殉(したが)ふ者を小人と為す。故に小人は体滅し気竭(きつ)くるときは、則ち腐爛(ふらん)潰敗(かいはい)して復た収(おさ)むべからず。
君子は心、理と通ず、体(たい)滅し(めっ)気竭(きつ)くるとも、而(しか)も理は独り古今に亙り天穣を窮)め、未だ嘗て暫くも歇(や)まざるなり。
余聞く、「贈正三位(さんみ)楠公の死するや、其の弟正季を顧(かえり)みて曰く、『死して何をか為す』と。曰く、『願はくは七たび人間に生れて、以て国賊(こくぞく)を滅(ほろぼ)さん』と。公(こう)欣然(きんぜん)として曰く、『先(ま)づ吾が心を獲(え)たり』とて耦(ぐう)刺(し)して死せり」と。噫、是れ深く理気(りき)の際に見ることあるか。是の時に当り、正行.正朝の諸子は則ち理気並び属(つづ)く者なり。新田.菊池の諸族は気離(きはな)れて理通ずる者なり。是れに由りて之れを言はば、楠公兄弟は徒(ただ)に七生のみならず、初めより未(いま)だ嘗(かつ)て死せざるなり。是れより其の後、忠孝節義の人、楠公を観て興起(こうき)せざる者なければ、則ち楠公の後、復た楠公を生ずるもの、固)より計り数ふべからざるなり。何ぞ独り七たびのみならんや。
余嘗て東に遊び三たび湊川を経、楠公の墓を拝し、涕涙禁ぜず。其の碑陰(ひいん)に、明の徴士(ちょうし)朱生の文を勒(ろく)するを観るに及んで、則ち亦涙を下す。噫、余の楠公に於ける、骨肉父子の恩あるに非ず、師友(しゆう)交遊(こうゆう)の親(しん)あるに非(あら)ず。自ら其の涙の由る所を知らざるなり。朱生に至りては則ち海外の人、反って楠公を悲しむ。而して吾れ亦生を悲しむ、最も謂(いわ)れなし。退(しりぞ)いて理気の説を得たり。乃(すなわ)ち知る、楠(なん)公(こう).朱生(しゅせい)及び余不肖(ふしょう)、余不肖を資(と)りて以て心と為す。則ち気属(つづ)かずと雖(いえど)も、而(しか)も心は則ち通ず。是れ涙の禁ぜざる所以なりと。余不肖、聖賢の心を存し忠孝の志を立て、国威を張り海賊を滅ぼすを以て、妄りに己(おの)が任と為し、一跌(いってつ)再跌(さいてつ)、不忠不孝の人となる、復(ま)た面目(めんぼく)の世人(せじん)に見(まみ)ゆるなし。然れども斯(こ)の心巳(すで)に楠公諸人と、斯の理を同じうす。安ぞ気、体に随って腐爛(ふらん)潰敗(かいはい)するを得んや。必ずや後の人をして亦余を観て興起せしめ、七生に至りて、而(る後可と為さんのみ。噫、是れ我れに在り。七生説を作る。

解 説
楠木正成の精神が、朱舜水に、また自らの内にも伝わり生きていることを実感した松陰は、そこから精神の不滅を確信し、これを理気の説でもって説明する。そして楠公その他の優れた人々と理を一にしている自分の精神を、七生の後の人々までもこれを受け継ぎ奮い立って欲しいものだと願う。彼は幽室に「三余読書」と「七生滅賊」を座右の銘として掲げて自らを励ましていたが、「七生説」はその頃の松陰の人生観を示すものとして重要である。


『三月二十七日夜の記』 ー回顧録付録ー
【2017/05/06 18:59】 エッセイ
『三月二十七日夜の記』(回顧録付録)
安政(一八五四)元年十一月十三日

先書の高教に云はく、「汝獄に下る、国に於て何ぞ益せん」と。此の言頂門の一針、瑟縮(ひっしゅく)地に入らん。併しかくいへば朱雲の張禹を斬らんことを請ひ。胡銓(こせん)の秦檜を斬らんことを請ひ、而して一は自ら後復た仕えず、一は辺裔におとしい貶竄(へんさん)せらる、亦何ぞ漢・宋に益せん。故に赤穂義士は讐を復して死を賜ひ、白夷・叔斉は暴を悪みて餓死す、亦何ぞ益せん。故に君子はかくはいはず、聖人は百世の師なり云々と云ふ。且つ弟が輩の為す所、朱・胡がする所に比すれば、頗る万全を期す。然れども事敗れてここに至り師は天なり、命なり。是れを以て議せらる、亦何ぞ多言せん。但だ僕が事発覚の曲折は人多く知らざるべし。因って三月二十七日の記を作り、高鑒(こうかん)を希ふのみ。

三月二十七日夜の記
三月二十七日、夕方、柿崎に海浜を巡見するに、弁天社下に漁舟二隻浮べり。是れ究竟なりと大いに喜び、蓮台寺村の宿へ帰り、湯へ入り、夜食を認め、下田の宿へ往くとて立出で、下田にて名主夜行を禁ずる故、一里隔てて蓮台寺村の湯人場へも、やどをとり、下田へは蓮台寺へ宿すと云ひ、蓮台寺へは下田へ宿すと云ひて、夜行して夷船様子彼是見回り、多くは野宿をなす 武山の下海岸による五つ過ぎまで臥す。五つ過ぎ此を去り、弁天社下に至る。然るに潮頭退きて漁舟二隻ともに砂上にあり、故に弁天社中に入り安寝す。八ツ時、社を出でて舟の所へ往く、潮進み舟浮べり。


170506柿崎の海岸から漕ぎ出す松陰と金子

因って押出さんとて舟に上る。然るに櫓ぐひなし、因ってかい(櫂)を犢鼻褌(ふんどし)にて縛り、船の両傍へ縛り付け、渋木生と力を極めて押出す。褌たゆ、帯を解き、かいを縛り又押ゆく。岸を離るること、一町許り、ミシツピー舶へ押付く。是れまでに舟幾度か回り回りてゆく、腕脱せんと欲す。ミシツピー舶へ押付くれば舶上より怪しみて灯籠を降す。灯籠はギヤマンにて作る、形円き手行灯の如し蝋燭は我邦に異ならず、但し色甚だ白く心甚だ白し 火光に就きて漢字にて「吾れ等米利堅に往かんと欲す、君幸に之れを大将に請へ」と認め、手に持ちて舶に登る。舶には梯子ありて甚だ上りやすし。 夷人二三人出で来り、甚だ怪しむ気色なり。認めたる書付けを与ふ。一夷携へて内に入る。老夷出でて燭を把り、蟹文字をかき、此の方の書付けと共に返す。蟹文字は何事やらん、読めず。夷人頻りに手真似にてポウバタン舶へゆけと示す。ポウバタン舶は大将ペリーの乗る所なり 吾れ等頻りに手真似にてバッティラに連れて往けと云ふ。夷又手真似にて其の舟にて往けと示す。已むことを得ず。又舟に還り力を極めて押行くこと又一丁許り、ポウパタン舶の外面に押付く。此の時渋生頻りに云ふ、「外面に付けては風邪強し、内面に付くべし」と。然れどもかい自由ならず、舟浪に随ひ外面につく。舶の梯子段の下へ我が舟入り、浪に因りて浮沈す、浮ぶ毎に梯子段へ激すること甚だし。

170506舟で漕ぎだす松陰と金子 弁天島の絵170506弁天島170506吉田松陰韜晦の朝像170506ペリー


夷人驚き怒り、木棒を携へ梯子段を下り、我が舟を衝き出す。此の時予帯を解き立かけて着け居たり。舟を衝き出されてはたまらずと夷舶の梯子段へ飛渡り、渋生に纜(ともづな)をとれと云ふ。渋生纜をとり未だ予に渡さぬ内、夷人又木棒にて我が舟を衝き退けんとす。渋生たまり兼ね、纜を棄てて飛び渡る。已にして夷人遂に我が舟を衝き退く。時に刀及び雑物は皆舟にあり。夷人吾が二人の手をとり梯子段を上る。此の時謂へらく、舶に入り夷人と語る上は、吾が舟は如何様にもなるべしと。我が舟をば顧みず夷舶中に入る。舶中に夜番の夷人五六名あり、皆或いは立ち或いは歩を習はす、一も尻居に座する者なし。夷人謂へらく、吾れ等見物に来れりと。故に羅針等を指し示す。予筆を指し示す。予筆を借せと云ふ手真似すれども一向通ぜず、頗る困る。其の内日本語をしるものウリヤムス出で來る。因って筆をかり、米利堅にゆかんと欲するの意を漢語にて認めかく。ウリヤムス云はく「何国の字ぞ。」予曰く「日本字なり」。ウリヤムス笑ひて曰く、「もろこしの字でこそ」。又云はく、「名をかけ、名をかけ」と。因ってこの日の朝上陸の夷人に渡したる書中に記し置きつる偽名、余は瓜中万二、渋生は市木公太と記しぬ。ウリヤムス携へて内に入り、朝の書翰を持ち出で、此の事なるべしと云ふ。吾れ等うなづく。ウリヤムス云はく、「此の事大将と余と知るのみ、他人には知らせず。大将も余も心誠に喜ぶ、但し横浜にて米利堅大将と林大学頭と、米利堅の天下と日本の天下との事を約束す、故に私に君の請ひを諾し難し、少しく待つべし、遠からずして米利堅人は日本に来り、日本人は米利堅に来り、両国往来すること同国の如くなるの道を開くべし、其の時來るべし。且つ吾れ等此に留まること尚三月なるべし、只今還るに非ず」と。余因って問ふ、「三月とは今月よりか、来月よりか」。ウリヤムス指を屈し対へて曰く、「来月よりなり」。吾れ等云はく、「吾れ夜間貴舶に來ることは国法の禁ずる所なり。今還らば国人必ず吾れを誅せん、勢還るべからず」。ウリヤムス云はく、「夜に乗じて還らば国人誰れか知るものあらん、早く還るべし。此の事を下田の大将黒川嘉兵知るか。嘉兵許す。米利堅大将連れてゆく。嘉兵許さぬ、米利堅大将連れてゆかぬ」。余云はく、「然らば吾れ等舶中に留まるべし。大将より黒川嘉兵へかけあひ呉るべし」。ウリヤムス云はく、「左様にはなり難し」と。ウリヤムス反復初めのいふ所を云ひて、吾が帰を促す。吾れ等計已に違ひ、前に乗り棄てたる舟は心にかかり、遂に帰るに決す。ウリヤムス曰く、「君両刀を帯びるか」。曰く、「然り」。「官に居るか。」曰く、「書生なり」。「書生とはなんぞや」。曰く、「書物を読む人なり」。「人に学問を教ゆるか」。曰く、「教ゆ」。「両親あるか」。曰く「両人共に父母なし」。此の偽言少しく意あり。「江戸を発すること何日ぞ」。曰く、「三月五日」。「曽て予を知るか」。曰く「知る」。「横浜にて知るか、下田にて知るか」。曰く「横浜にても下田にても知る」。ウリヤムス怪しみて曰く、「吾れは知らず。米利堅へ往き何をする」。曰く「学問をする」。時に鐘を打つ。およそ夷舶中、夜は時の鐘を打つ。余曰く、「日本の何時ぞ」。ウリヤムス指を屈してこれを計る。然れども答詞詳かならず。此の鐘は七ツ時なるべし。吾れ等云はく、「君吾が請ひをきかずんば其の書翰は返すべし」。ウリヤムス云はく、「置きてみる、皆読み得たり」。余広東人羅森と書き、「此の人に遇はせよ」と云ふ。ウリヤムス云はく、「遇いて何の用かある。且つ今臥して床にあり」。予曰く、「来年も来るか」。曰く「他の舶來るなり」と。帰るに臨み、「吾れ等船を失ひたり、舶中要具を置く、棄ておけば事発覚せん、如何せん」。ウリヤムス云はく、「吾が伝馬にて君等を送るべし。船頭に命じ置けり。所々乗り行きて君が舟を尋ねよ」と。因って一拝して去る。然るにバッテイラの船頭直に海岸に押し付け、我れ等を上陸せしむ。因って舟を尋ぬることを得ず。上陸せし所は巖石茂樹の中なり。夜は暗し、道は知れず、大いに困迫する間に夜は明けぬ。海岸を見回れども我が舟見えず。因って相謀りて曰く、「事已に此に至る奈何ともすべからず、うろつく間に縛せられては見苦し」とて、直ちに柿崎村の名主へ往きて事を告ぐ。遂に下田番所に往き、吏に対し囚奴となる。ウリヤムス日本語を使ふ。誠に早口にて一語も誤らず、而して吾れ等の云ふ所は解せざる如きこと多し。蓋し彼れが狡猾ならん。是を以て云はんと欲すること多く言ひ得ず。
僕事大略かくの如し。畢竟夷舶へ乗移る際少しく狼狽す、故に吾が舟を失ふ。若し舟を失はず、又要具を携へ舶に登らば、後に心がかりなく、舶中へ強ひて留ることを得、我が文書等を夷人に示し、又舶中の様子を見んことを求め、海外の風聞などを尋ぬる間に夜は明くべし。夜明けば白昼には帰り難しと云ひて一日留まらば、其の中には必ず熟談も出来、計自ら遂ぐべし。仮令事遂げずとも、夜に至り陸に返り急に去らば、かかる禍敗には至らぬなり。其の事の破れの本を尋ぬれば櫓ぐいなき計りにてかくなりゆけり。因って思ふ、左伝某の役の敗を記して驂絓り(さんかかり)て止まるとやらあり。大軍の敗もかかる小事に因ることなり。左氏兵を知る、故に其の叙事甚だ妙なり。又思ふ、漢の李広、衛青に従ひて匈奴を撃ち、惑ひて道を失ふ、青上書して天子に軍を失へる曲折を報ぜんと欲すと。この曲折と云ふこと甚だ味あり。敗軍すれば一概に下手な様に云へどもその曲折を聞けば必ず拠なきことあるべし。後人紙上に英雄を論ず、悲しいかな。
170506蓮台寺の松陰寓居跡170506吉田松陰拘禁の跡碑


吾れ等の事、後世の史氏必ず書して云はん、「長門の浪人吉田寅次郎・渋木松太郎、夷舶に乗りて海外に出でんことを謀り、事覚れて捕はる。寅等奇を好みて術なし、故にここにいたる」と。渋木生甚だ刀を舟中に遺せしを大恥大憾とす。然れども敗軍の時は何も心底に任せぬものなり。洞春公・東照公の名将さへ、大敗群には一騎落し給ふことあり。然れば吾れ等の事も強ち恥とするに足らず。但だ天命を得ず、大事成就せぬは憾みと云ふべし。亦何ぞ益せんの譏りを免れぬ所以なり。

甲寅十一月十三日、野山獄中之れを録す、時に天寒く雪飛び、研池屢々凍る。
二十一回猛士矩方

下田にて読み侍りし
世の人はよしあしごともいはばいへ賤ヶ誠は神ぞしるらん
乙卯五月念四日                        藤寅





【解説】
安政元年三月二十七日の夜、正しくは三月二十八日午前二時頃、松陰は金子重輔とともに下田の柿崎海岸からペリー提督の旗艦ポウハタン号に乗り込み米国への出国を懇請したが受け入れられなかった。米国側の記録によると、松陰と重輔が「立派な地位の日本紳士だとは分かったが、着物は旅でだいぶくたびれていた。(中略)彼等は教養を身につけており、流暢に、また、見た眼に優雅に標準的な漢文を書いた。動作は礼儀正しく、非常に洗練されていた」(ホークス著「ペリー日本遠征記」全集別巻)と非常に好意的な見方をしており、さらに「提督は来艦の目的を知るや、自分は日本人をアメリカにつれて行き度いと思ふこと切であるけれども、両人を迎へることが出来ないのは残念であると答えた」とある。つまり、日米和親条約締結直後のことであり、幕府の許可なく同行することは時宜的に好ましくないと判断したためであろう。(吉田松陰撰集より転写)


『兵学者だった吉田松陰の生き方』
【2017/05/02 21:42】 エッセイ
『独立不羈三千年の日本国を想う吉田松陰』

吉田松陰は「志」に生きた人であった。安政六(一八五九)年十月二十七日「政治犯」として幕府から処刑された。数え年で三十歳の若さであった。松下村塾の第三代目に当たる主宰者として多くの俊秀たちを育成し、処刑前日に書き上げた『留魂録』で門下生や「江戸獄」での同囚であった志士たちも含め、後事を託して潔い最期を遂げたと伝えられる。『吉田松陰全集』(大和書房刊)に、下総佐倉藩の「依田学海日記」や、伊勢の世古格太郎の著になる『唱義見聞録』からの抜粋で吉田寅次郎、長州藩の公用人として幕府評定所での判決に立ち会った小幡高政の談話や吉田松陰の処刑を行った本人(山田淺右衛門)の後日談など、幾つか収載されている。それによると世古格太郎のみが、潔い最期に疑問符のつく表現になっているが、他の三著は具体性があり、処刑前に松陰が書きのこした親族や門下生への遺言、絶筆や辞世の句などとの整合性を勘案して見ると、やはり潔い態度であったと思われる。それは、自分の志で精一杯生きたという自分なりの達成感がそうさせたのであろうと思われる。それ故「死罪申渡し」の判決の後に朗朗と辞世の句を謳いあげ、評定所の関係者たちが「粛然として襟を正す」といった雰囲気が評定所内に醸し出されたという。さらに刑死に臨んできちんとした礼儀正しい態度で、関係者に挨拶を行い、従容として死に就いたと伝えられるのは多くの松陰の伝記が記すところである。

170331正装の吉田松陰170503玉木文之進170503日本国地図

江戸期の武士は長子相続を原則とした。松陰も父の杉百合之助と母たきの次男であり、兄の梅太郎が健在であったことから、早々と父の弟である吉田大助の仮養子となった。偶々叔父夫婦の間に子供が無かったこと、加えて健康を損ねていたという事情もあった。翌年に叔父は死去したので松陰は吉田家八代目の家督を継ぐこととなった。吉田家の始祖友之充は元禄十三年和漢の兵法に通じていたことから、長州藩主毛利吉廣に召され、後に山鹿流の宗家に師事して兵学を学ぶことになったという経緯がある。したがって松陰の時代は、毛利藩で北條流の多田、山本流の大西の両家とともに、家伝の山鹿流の兵学を藩校明倫館で講ずるのが吉田家の任務であった。
こうした職務であるから藩内の家格も家臣団の中核をなす「大組」に属し、それは生家の杉家より高いものとなったが、幼少の事であるから松陰は生家に同居することになる。
この辺が現代人の感覚からすれば一風変わったものと認識されるが、家督は継いだものの、独立した家庭を持ったわけではないのでこのような形となったのであった。しかし、職業選択のない時代で、身分も厳格に規定されていた江戸期ゆえにこうした例外的な措置が取られたのであった。山鹿流軍学師範を宿命づけられたために、その育成には後見人や代理教授が指名されたが、その多くは養父大助の高弟たちであった。とりわけ父の末弟であった玉木文之進は兵学者松陰の育成に心血を注ぎ、幼児に対する教育とはとても思えない程の熱血漢丸出しの厳しい教育だったようで、後年になって松陰が玉木の叔父程怖い人はいなかったと回想する程であった。いってみれば今日でいうスパルタ教育そのものであったらしく、机を挟んで体面していて、姿勢が悪いと云っては殴り、居眠りをしようものなら容赦なく体罰を加え、もの覚えが悪いと叱り、玉木家に下宿した時など、夜半に背中に机を括りつけたまま戸外に立たされたこともあったという。このような厳しい教育であったから、傍らで我が子の姿を見ていた母親が「逃げればよいのに」と涙ぐんでいたと伝えられている。五歳や六歳の童子に『孟子』を読ませたと云うから、それは教えを受ける松陰にとっては大変な負荷であり、辛い修業以外の何物でもなかったに違いない。だが「藩主への忠節心」に熱い一途な玉木文之進は、自らも山鹿流の免許皆伝であり、孟子にも造詣の深い文武両道の教養人であった。それが、藩主への奉公に尽くそうと情熱を燃やしたのであるから、その期待に応えようとする幼い松陰には相当な重圧となって、いわゆる普通の「子供時代」を過ごさなかった。松陰死後の後日談で二歳年下の妹「千代」の述懐によると、同年代の友人と遊んでいた記憶がないとのことである。
しかし歯を食いしばって厳しい修業に耐えた松陰は、十一歳の時、藩主の毛利敬親への御前講義(親試)で、居並ぶ藩の重臣たちの期待以上に見事な成果を披露する。勿論藩主も驚きのあまり「この教育担当は誰であるか」と重臣たちに問いかけたという。玉木文之進は自分が厳しい教育をした成果として満たされた感懐だったに違いない。そうして、二十歳で独立師範となるまでの数度の御前講義は全て藩主をして満足させるものであった。長州藩天保の改革を指導したことで知られる藩の先達・村田清風は、松陰の飛躍を期して持論である「四峠の論」を常々説いていた。四峠の論とは三方を連山に囲まれている萩のみでの修業でなく、広く知識や人格の陶冶を求めて江戸や長崎、或は京阪に遊学してその成果を藩主への貢献を為すことこそ肝要であるという意味である。清風の関連書にこの論は出てこないが「口碑」として、長州では広く知られる一種の教育論であった。それが嘉永三年に実現した「鎮西遊学」であり、翌年の「江戸遊学」であった。早速の鎮西遊学は平戸、長崎、熊本、佐賀に山鹿の後裔や碩学、藩校を訪ねたのもそのためである。とりわけ平戸における葉山佐内の下での修業は大きな成果となった。

160229村田清風アヘン戦争佐久間象山
修業時代に西欧国家間の盛衰の実態について説明を受けていただけに、アヘン戦争を始めとする西欧諸国の東洋進出、或はロシアの南下政策等の本を貪るように読破した姿が『西遊日記』に記されている。また師の葉山佐内は有名な陽明学者であり、『伝習録』との出会いは師が人格的にも優れた人物であっただけに松陰にとっては願った通りの誠にありがたいことであった。また、この時に水戸の会澤正志斎の著述になる『新論』にも触れる。長崎ではオランダ船に乗り船内を見物し西欧文明の一端に触れ、また江戸期の唯一世界に開かれた街の見学も怠りなく、生きた学問を目指していた松陰にとっては格好の修業機会となった。なお、江戸期に西国の十四藩は「長崎聞役」という藩の情報掛の役を持つ家臣を派遣しており、長州も「夏詰」という立場ながら蔵屋敷の設置と周辺海域警備の任務を持っていたことも付記しておこう。長崎、平戸での修業を終えた松陰は、帰路で熊本と佐賀に立ち寄り、末弟の聾唖の治癒を清正廟に祈願している。そして終生の友人となる宮部鼎蔵との邂逅を果す。鎮西遊学は松陰にとって、藩の先達である村田清風の助言は納得のいくものであったに違いない。そうして帰国を果すが、平戸での書籍が江戸からの購入であったことを知って、翌年に今度は藩主の参勤交代に随って江戸遊学を果す。江戸では長州の藩邸があり、重臣も多く勤務しているので純然たる遊学と云うわけにはいかない。山鹿流師範としての職務もこなしながら、合間をぬって碩学の門を叩き、傍、全国の人材との交流も精力的に行う。交流を重ねるうちに佐久間象山との出会いはこうした中で師弟となり、一方では仲間から長州人は日本の成り立ちに暗いなどと指摘も受けた。そして、運命の東北海防視察旅行の話が出る。ロシアの南下が津軽に上陸し狼藉を働き、津軽海峡を我が者顔で航行しているという。国防意識の高い宮部と松陰は早速、出発の約束を交わすが、直前になって過所手形の発行が出来ないことに遭遇する。これを強行(脱藩)したことから松陰の人生航路は大変化を来し、藩庁は吉田家取り潰しという厳しい罪科を課す。松陰の大成を願った藩主は「国の宝を失った」と嘆息したのはこの時の事である。そして直ちに「十年間の諸国修業」という粋な計らいを享受する。反面、水戸で会澤正志斎から親しく学び、日本の何たるかを強く認識できた事から古代史の猛烈な読書に取り組んだのであった。

170331野山獄150821松下村塾170331高杉晋作



そうして諸国修業をして、再度江戸に着いた途端に「ペリー来航」に遭遇する。夜を徹して浦賀に駆けつけてペリーの艦隊を具に観察し、西欧の文明や技術に裏打ちされた軍事力の源泉である先進国の視察を思い立つ。然し海外渡航は幕府の厳禁とする所から、ペリーの再度の来航時に下田から密航を企てるが条約締結直後のため、日本の法を犯す事は不可としてペリーは拒否する。この時をもって松陰の人生は自由を失う。藩は幕府に遠慮して親元での謹慎命令を藩獄に収監してしまう。だが、志の高い松陰はめげない。獄中に在って同囚との勉強会や、自身の猛烈な思索と読書は在獄十四カ月に六百十八冊にも上る。この勉強会で『孟子』の講義が、免獄後の松下村塾へと伏線となるのであるから、人生とはどう展開するかわからない。杉家に謹慎となった松陰は親族を相手に『孟子』の講義を完了させる。
安政三年九月、外叔父の久保五郎左衛門の依頼で松陰は『松下村塾記』を執筆、此の時点では松下村塾は松陰の主宰ではない。しかし、内容からすれば松陰の主宰者的思いが綴られているので、この直後に久保から松陰へと引き継がれたと考えてよい。仮に、松下村塾記を起点としても安政五年十二月の閉鎖までの松下村塾での教育活動は二年三ヶ月に過ぎない。幽囚の身で日本を守る悲願は直接行動が出来ない。従って、教育を通じて責任の一端を果すのが松陰の残された唯一の道であった。多くの松陰伝が「教育者」としての側面を強調するが、それは松陰のペリー来航後の難局打開のための行動からやむを得ない人生航路となったのである。後年、多くの国家指導者を輩出したが、松陰は彼らに英才教育を特別に行ったわけでなく、松下村塾記に記したように、君臣の義や華夷の弁をわきまえつつ「奇傑非常の人」の育成をめざし、『学は人たる所以を学ぶなり』として学問への取り組みを奨励したのであった。松下村塾主宰中に書き遺した文稿は迫りくる外圧の難局打開の論策が多いのは兵学家として当然であったが、塾生に対しては問題提起として生きた教材となった。

幕藩体制下にあって松陰は陪臣の身である。一陪臣が国策を公的に論ずることは内容の正否にかかわらず、幕府は厳禁としていた。従って京都の梁川星巌に送った『対策一道』や『愚論』、『続愚論』等の論策が梁川宅に捕縛に向った幕吏によってそれが幕府に押収され、松陰の政治犯扱いが確定的になる。それは安政五年八月のことであった。なお吉田松陰が攘夷論者と理解されることが多いが、松陰は本来開国論者であった。富国強兵の実現によって西欧諸国に対する独立不羈の貫徹を願っていたのであるが、ペリーの砲艦外交や幕府の軟弱な対応策への批判から攘夷を唱えたもので、皇室を中心とした新たな国体の実現を模索していたのである。従って安政五年七月の『大義を議す』の論稿で、無断勅許での条約調印を激しく批判して『天勅に反き、外、夷狄を引き、内、諸侯を威す。・・・・・・征夷は天下の賊なり。今措きて討たざれば、天下万世其れを何とか謂はん』と、公然と討幕を唱えたのであった。国の為政者たるもの「義を正し、道を明らかにすること」を怠ってはならない。独立国を全うするため、松陰にとっては『勅を奉ずるは道なり、逆を討つは義なり』であって、ここに天朝を尊崇して義や道を明らかにしない幕府は討滅してもやむを得ないとする松陰の国家観があったのである。それにしてもさすがに兵学家である。周到に後継者を育成し、国の将来を門下生に托して「志の継承」を願いつつ波乱に富んだ生涯は、今なお私達をして感動させずにはおかない。





サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR