FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

【山田生に示す】
【2018/12/19 13:33】 エッセイ
山田生に示す  安政五年(一八五八)六月   二十七才

吉田松陰は、後に日本大学を創設することになる山田顕義に立志の詩を書き与えた。扇に書かれたこの立志の詩は、日本大学にとって至宝となるものであるにちがいない。

181219吉田松陰立志の詩






立志尚特異    立志は特異を尚ぶ、

俗流與議難    俗流は與に議し難し。

不顧身后業    身后の業を顧はず、

且偸目前安    且つ目前の安きを偸む。
    
百年一瞬耳    百年は一瞬のみ、

君子勿素餐    君子素餐するなかれ。

【用語解説】
山田生 = 山田市之充。安政五年春十五歳で村塾に入学した。後の伯爵山田顕義。この詩は、安政五年六月、松陰が扇面に書いて与えたもの。
俗流 = 世俗的な安きに流されるような人物との議論は無意味で、慎むべきだ。
身后 = しんご。死後も長く称えられるような功業を真剣に考えなさい。
偸む = ぬすむ。かりそめにしていい加減にする。真面目に努力しないことへの戒め。
君子 = 努力(修業)して徳を積んだ人物。
素餐 = 功労がなくて徒に禄を食むこと。出典は詩経の魏風。

【意訳】
立志というものは、他人と同じものではなく、自分独自のものを立てるものである。努力
せずに、平々凡々と徒な時間を過ごしている人物を見習っている様ではいけない。後世に
称えられるよう立派に修業する人生を考えて歩みなさい。日々是精進せよ、百年などは瞬
く間に過ぎてしまう。修業を積んで人として立派な道を歩みなさい。


スポンサーサイト






サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR