FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田松陰の対外政策 ①
【2019/08/29 10:02】 エッセイ
「栗原良三に復する書」(嘉永五年六、七月頃)

吉田松陰は前年の江戸遊学で、ロシアが我が国の東北の海防の無備をついて津軽海峡を我が物顔に航行しているとの情報を得た。さらに津軽半島に上陸し狼藉を働いているという情報は、検証の必要があると即座に思い立った。
そこで、鎮西遊学以来の友人で、同じ「山鹿流兵学」の先輩でもある宮部鼎蔵とともに北辺の海防視察を敢行することとなった。
ただし、この行動を是としない藩の上層(具体的には、江戸藩邸の佐世主殿は、松陰からの〔願い書〕提出の時点(嘉永五年七月二十三日)では許可したものの、直前になって許可しないとのことになった。
これには、藩主の毛利敬親が急遽、九月に国元に帰国して不在という事情があり、藩主の印形のない箇所手形は無断で発行出来ぬ故に、出発延期を指示してきた。その時、松陰は宮部鼎蔵と江幡五郎とで出発の日を約束していたことから、松陰は板挟み状態となった。そこで、藩主の許可(箇所手形発行)なきままに、かれら二人との約束を強行したのであった。
半年後、東北の海防視察を終えて江戸に戻った松陰を待っていたのは「国元で屏居待罪」で、処罰が下るまで国元蟄居の命令であった。この東北旅行途次、水戸に一ヶ月滞在して会澤正志斎から親しく水戸学を学んでいる。松陰の思想形成にとって大きな転換点であった。水戸学(後期)は「尊王攘夷」を掲げる幕末の指導的イデオロギーとなった藩であった。とりわけ、会澤正志斎は前藩主の徳川斉昭の教育掛を担当した、水戸学の大家の一人で、文政年間に起きた北茨城での「英国人の無断上陸」の取調べを行った経験に基づいて『新論』を著述していた。尊王攘夷はいわば水戸藩の藩是ともいうべき対外観を有していた。松陰の攘夷思想の原典はこの水戸学にあったこと、先年の鎮西旅行で学んだアヘン戦争における英国の清国侵略の実体とともに「攘夷思想」を形成したのであった。松陰の攘夷思想は「洋夷」排斥の思想に特徴がある。この先進列強国からの脅威を如何にして皇国の防備に転用して「国防」を達成するかが、彼の思想と行動の中で大きな比重を占めたのは、山鹿流軍学師範という家職と無縁ではなかった。そこから、列強国への対応策が巡らされることになる。

この來原良蔵に対して書かれた内容は、こうした背景の下に考察されるべきであろう。時期的にもペリーの来航の一年前になり、脱藩の処罰確定前の萩で屏居待罪中であったことと合わせて見るべきである。この屏居待罪中における読書の内容は『睡餘事録』と『來原良蔵に復する書』に詳しい。「身皇国に生まれて皇国の皇国たる所以を知らざれば、何を以てか天地に立たん」、故に
先づ「日本書紀」三十巻を読み、之れに継ぐに「続日本紀」四十巻を以てす。其のあいだ、古昔四夷を懾服せし術にして構成に法とすべきものあれば、必ず抄出してこれを録し、名づけて皇国雄略と為せり。(9-283・睡餘事録)
ここに松陰の「皇国雄略」たる対外政策がある。東アジアにおける祖国の独立貫徹には、朝鮮や満州の懾服が必要であるとする。

これを前提に、
「皇朝、武を以て國を立つ、その盛時は高麗・新羅を懾服して使者を百済・任那に駆りしこと難からざりしなり。寛平に至りて、新羅来寇す、則ち撃つちて之れを却けたるも、是の時は古の雄略復た見るべきなし而れども防守は尚ほ人ありき。其の他は則ち言ふべきものなし。豈に時不可なるか。夫れ盛衰は何の時か之れあらん。豊関白起こるや、三韓を鏖にし、有明を壓し、勢い将に古の略に復せんとす。不幸にして豊公早く薨じ、大業継がざりしは惜しむべきかな。然れども余威猶ほ百蛮に震ひて數世に延ぶ、盛なりと謂ふべし。降りて近時に及んでは、事言ふに忍びず。羅刹、蝦夷を擾すも、大恥未だ雪がず、英・拂、琉虯に逼るも、深い患未だ除かず。浦賀に闖入すれば則ち慰して之れを遣り、下田を劫掠すれば則ち免して之れを脱す。国威の衰頽、最も未だ嘗て有らざる所なり」。(6-316)
を読まなくてはならない。

松陰が、『武を以て國を立つ』とした古代の日本が朝鮮半島に進出し、それらを『属国』として扱ったという日本書紀の『歴史的神話』に、『皇國』が他の国との相違を示すところであり、豊臣秀吉の『朝鮮出兵』は『古の路』を復活させたものである。しかし、それが終わってからというもの『国威の衰頽』は甚だしいものであると認識される。
松陰の『國體』の発見、すなわち『尊王』と天皇の下に周辺諸国を武力によって『懾伏』させることがリンクしており、両者は不可分な存在なのである。
このように『武』の國であったはずの日本が、米国艦隊の『武』に威圧されて条約を締結してしまった。再度の来航時にこそ日本の『武』を輝かせて往時の栄光をとり戻すべしと開戦に期待した松陰は肩透かしを食らったかたちになってしまうのである。

吉田松陰初期の世界戦略である、これが書かれたのが嘉永五年七月。このとき松陰は箇所手形なしで東北遊学に出奔したため、帰朝してから藩の処分が下るのを謹慎して待っていた時なのである。
松陰の「東北游日記」の末に「睡餘事録」と題した小論がある。其れによると、一ヶ月足らずの内に『日本書紀』『続日本紀』を立て続けに読了している。すさまじいまでの読書ぶりであるが、これには伏線があって、江戸での仲間から、長州人は日本の古代史に暗いと指摘され、冷や汗をかいたことがあったが、多忙に追われ日本の成り立ちを勉強する余裕がなかった。
そこに、東北遊学の機会が訪れ、水戸で会澤正志斎(後期水戸学の大家)から親しく講義を受け、念願が叶ったのである。
その感激が覚めやらぬ内に、上記の異常とも言える読書になった。
そしてして日本書紀の記述に基づく、神功皇后の三韓征伐や雄略天皇の朝鮮侵攻に感激し、隣国の懾服論が形成されたのであった。この記事は、『万年書生気分』の名前で書かれている方の、吉田松陰の朝鮮論の述作からの引用です。
松陰の対外政策勉強で非常に勉強になりましたので、原文はそのままにして記述し、戦前の日本陸軍が大東亜戦争に利用したとされる検証の一環として書いている。これを読むと、松陰が尊王攘夷の権化のように理解されているのを見直す機会になると思える。


スポンサーサイト



『子遠に語ぐ』安政六年一月
【2019/08/03 14:25】 エッセイ
子遠に語ぐ  
(己未文稿野山日記)  安政六年正月二十七日(一八五九)三十歳

念七日
家兄臨まる。星巌の往復、幕府弁解等数密議あり。又前田の説あり、諸友の絶交の事に係る。
夜、子遠獄に来り、船越清蔵.村田蔵六、萩に来るの事を談ず。

170331正装の吉田松陰160621松下村塾塾舎150405野山獄小



    ○
  子遠に語ぐ  正月念七夜
桂生吾れをして諸友と絶たしむ、今謹んで其の言を奉ぜり。独り汝は絶つべからざるものの存するあり、故に絶たず。
汝其れ之れを察せよ。防長絶えて真の尊攘の人なし、吾れと雖も復た尊攘を言ふを得ざるなり。
然らば則ち防長唯だ汝一のみ。切に自ら軽んずるなかれ。

汝、国を去りて後は僧となるを妙と為す。一には決志の機あり、二には身を隠すの便あり、三には生活の計あり。
且つ僧侶にして反って天朝を尊ぶことを知る者あり。禅学も亦心志を定むるに足るものあり、是れ亦一益なり。
兵は精なるを貴び、衆きを貴ばず、況んや有志の士は募りて求むべきものに非ざるなり。
切に記せよ、伏見の事、万々敗蹶背ば即ち嘯集して賊となれ。頼政の事は汝固より自ら任ずる所なり。
但し今日の時勢、宜しく佳賊となるべし、切に無頼の賊となるべからず。
徳川は万々扶持すべからず。徳川を扶持するは、聖上の大仁なり。
然れども仁既に至らば則ち之れに継ぐに義を以てせざるを得ず、義尽くれば則ち仁其の中に在り。
天祖の訓へに曰く、「宝祚の隆えまさんこと、天壌とともに窮りなし」と。
此の言、天胤世々信奉すれば則ち天下太平なり。
草莽の臣切に謂へらく、聖上社稷に殉じたまひ、天下の忠臣義士一同奉殉せば、則ち天朝寧んぞ再興せざるの理あらんやと。
天朝の論、万一姑息に出でば、神州中興の理なし。
吾れ将に中興の論を上らんとするも、思慮未だ足らず、且く後日を待つ。
墨夷を屈せしむるの辞、吾が説を首と為す、聴かずんば則ち平象山の説之れを佐けん、猶ほ聴かずんば則ち干戈を用いて可なり。
是れ亦仁至り義尽くるの論なり。汝識高く胆大、吾れの愛敬する所なり。
恨むらくは才足らず、学尤も足らず、怨讎の気過当なり。是れ汝の病なり。
必ず荘四を罪せんと欲するが如き、是れ過当の怨讎なり。
然れども吾れの有隣を怒るも、亦此れに類す、並に宜しく改むべし。
才は言ふに足らず、学に数種あり、礼楽制度は興王の規模にして、自ら其の人あり。
戎馬甲兵は攘夷の籌略にして、自ら其の人あり。但だ、真心実意、自ら信じ自ら靖んず、道学の心法、真箇に味あり。

知行合一24.3.30伝習禄



吾れ曾て王陽明の伝習録を読み、頗る味あるを覚ゆ。頃ろ李氏焚書を得たるに、亦陽明派にして、言々心に当る。
向に日孜に借るに洗心洞箚記を以てす。大塩も亦陽明派なり、取りて観るを可と為す。
然れども吾れ専ら陽明学のみを修むるに非ず、但だ其の学の真、往々吾が真と会ふのみ。

今の世界、老屋頽廈の如し。是れ人々の見る所なり。
吾れは謂へらく、大風一たび興って其れをして転覆せしめ、然る後朽楹を代へ、敗椽を棄て、新材を雑へて再び之れを造らば、乃ち美観とならんと。
諸友は其の老且つ頽なるものに就き、一楹一椽を抜きて之れを代へ、以て数月の風雨を支へんと欲す。
是れ吾れを視て異端怪物と為して之れを疎外する所以なり。汝に非ずんば安んぞ吾が心を知らん。
是れに由りて之れを観るに、尊王攘夷豈に其れ容易ならんや。須らく中大兄と鎌足と南淵先生に往来し、路上に如何の話を為せしかを思量すべし。
(余書してここに至り覚えず泣下る。自ら其の由る所を知らざるなり吾れ本と愚物なり、然れども吾が家の家風学術、篤厚真実を以て世々相伝ふ。

ここを以て吾れの敬愛する所と、其の吾れを敬愛する者と、皆忠厚の君子なり。
之れを軒輊すること実に難し、然れども一、二之れを言はん。
旧友は前書に略ぼ之れを言へり。新知の暢夫、識見気魄、他人及ぶなし。
但だ一暢夫を得て之れに抗せしむるに非ずんば必ず害を生ぜん。
然れども両暢夫相抗すれば必ず一暢夫の斃るる者あらん。是れ亦憂ふべきなり。此の間の苦心、吾れ桂と一言せしに、桂も之れを首肯せり。
無逸の識見は暢夫に彷彿す。但だ些の才あり。是れ大いにその気魄を害す。
気魄一たび衰へば識見亦昏む、歎ずべし歎ずべし。諷するに老屋の説を以てせば、或いは一開発あらんか。
抑々面従腹誹せんか、亦未だ知るべからず。但し前日絶粒の事の如き、八十.子楫.無咎、各々諌書あり。
その懇惻は則ち感ずべし、然れども吾れを罵りて短慮と為し無益と為し、人の笑ひを胎すと為すこと、乃ち士毅と雖も論じ得て透らず。
試みに之れをして無逸に語らしめば、無逸は則ち微笑せんのみ。固より吾れの慮短きに非ざるも、才の長ぜざるを知ればなり。
嗚呼、鐘子期遇ひ難しとは其れ唯だ無逸か。実甫の才は縦横無碍なり。
暢夫は陽頑、無逸は陰頑、皆人の駕御を受けず、高等の人物なり。実甫は高からざるに非ず、且つ切直人に逼り、度量亦窄し。
然れども自ら人に愛せらるるは潔烈の操、之れを行るに美才を以てし、且つ頑質なきが故なり。之れを要するに、吾れに於いて良薬の利ある、当に此の三人を推すべし。
八十は勇あり智あり、誠実人に過ぐ。所謂、布帛栗米なり、適くとして用ひられざるはなし。
其の才は実甫に及ばず、其の識は暢夫に及ばず、而れども其の人物の完全なる、二子も亦八十に及ばざること遠し。
吾が友肥後の宮部鼎蔵は資性八十と相近し。八十父母に事へて極めて孝、余未だ責むるに国事を持ってすべからざるなり。
子楫は鋭邁俊爽なり。然れども吾れ常に其の退転せんことを惧る。退転の勢一旦萌すことあらば、駟馬もこれに及ばず。
吾れ平生最も愛する所は子楫.無逸なり。無逸は吾れ其の才敏なるを愛し、子楫は吾れ其の気鋭(きえい)なるを愛す。
皆その己れに似たるを愛す、皆吾が過ちなり。無逸の頑は吾れ或いは平にすること能はざらん。是れ其の敬すべき処なり。
子楫は其の頑なし。然れども気自ら恃むべし。且つ子楫は母賢に弟友なり、以て家を託するに足る。
是れ宜しく責むるに国事を以てすべきなり。是れ吾が心赤の語なり、汝切に記せよ。
福原は外優柔に似て而も智を以て之れを足す。子楫の鋭気(えいき)愛すべきに如かず。
然れども其の頑固自ら是とする処は子楫及ばざるなり。
無窮は才あり気あり。一奇男子なり。無逸の識見に及ばざれども、而も之れに勝るに似たり。
無咎は更に二無に及ばず、而れども一味の着実あり、又気魄あり、大節に臨みて、亦苟も生きざるなり。
子徳は満家俗論にして、恐らくは自ら持すること能はざらん。然れどもその正直慷慨未だ必ずしも摩滅せず、則ち亦時ありて発せんのみ。
子大は俗論中に在りて、顧って能く自ら抜く、篤く信ずと謂ふべし。亦些の頑骨あり、愛すべし。
日孜は事に臨みて驚かず、少年中稀覯の男子なり。吾れ屢々之れを試む。
天野は鑒識あり、其の日孜を取ること頗る吾が見に似たるも、子大を取らざるは、則ちこれを信ぜず。
天野は奇識あり、人を視ること虫の如く、其の言語往々吾れをして驚服せしむ。
誠に李卓吾の如きを得て之れを師とせしめば、一世の高人物たらんも、恐らくは遂に自ら是とし、其の非を知らずして死せん。
吾が交友中に於いて暢夫.日孜を除くの外は其の意に当る者なし。噫、奇識なるかな。
嗚呼、世、材なきを憂へず、其の材を用ひざるを患ふ。
大識見大才気の人を待ちて、群材始めて之れが用を為す。
吾が交友中、言ふに足る者なし。
汝の知る所は仙吉.直八.松介.伝之輔.小助.太郎。太郎.松介の才、直八.小助の気、伝之輔の勇敢(ゆうかん)にして事に当る、仙吉の沈静にして志ある、亦皆才と謂ふべし。
然れども大識見大才の如き、恐らくは亦ここに在らず。
天下は大なり、其れ往いて遍く之れを求めよ。

吉田松陰は二度目の野山獄にあって、門下生との交友も行き詰まり状態となった。
江戸では、井伊直弼の指揮する【安政の大獄】が吹き荒れていた。
これを書いていた頃の松陰は孤独であった。唯一、恩師に着いてくるのは入江杉蔵兄弟であった。
この文稿は、松陰が松下村塾の門下生をどのように評価していたかを知る、貴重な文献である。
桂小五郎が、松陰と門下生との交信を断ち切らせたと冒頭にある。
また陽明学についても、すこぶる味あるを覚ゆ年ながらも、陽明学とではないと言っている。
「万々心に当ると」といっている。
一連の門下生評価は、松陰がどのように見ていたかがしれて大変興味深い。
高杉への評価が抜群なのは、松陰死後の活躍を見ても、松陰の人物評価が確かであったと言えるだろう。
【他人の駕御を受けぬ高等の人物】や【新知の暢夫識見・気迫他人及ぶなし】等と松陰の表現は独特で面白い。





サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR