長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大義を議す
【2011/05/11 19:47】 エッセイ
(戊午幽室文稿)安政五(1858)年七月十三日

まず、原文を記す前に、私の解説的なことを少し書きます。この年、幕府は天皇の合意無きまま「日米修好通商条約」に調印。大老「井伊直弼」は就任時に二つの大きな解決すべき問題を抱えていた。一つは、将軍家定の後継をめぐって一橋慶喜か紀伊の徳川慶福(後の家茂)の決定を迫られていた。もう一つは、この日米通商条約の勅許問題である。結果として、将軍継嗣問題は紀伊の慶福と決定した。朝廷工作に当たっていた一橋派の英邁な将軍の実現をという願いは、井伊を始めとする「溜間詰」派の推す慶福の世子実現で決着。条約締結は、ハリスに押されまくった交渉で追い込まれた、已むを得ない措置として調印。しかも無断勅許である。これに怒った松陰は掲題の稿を書いた。此の書は『討幕』なる語が初めて出る論文で、松陰がラジカルな方向へ急旋回する重要なものである。文中『征夷は天下の賊なり・・・勅を奉ずるは道なり、逆を討つは義なり』という激しい語が並ぶ。松下村塾も「政治結社」化していく。以後、松陰は政治的決起のプランを矢継ぎ早に打ち出すことになる。尊王開国からペリーの砲艦外交に屈した時、攘夷へと変容、さらに無断調印で遂に松陰は「尊王討幕」へと変わる。
井伊直弼正装24.3.25

安政五年という年は、幕末前半期では一つの大きな節目となった。以後、動乱へと急旋回していくのである。



では、本文に移ろう。(難解だが丁寧に読むと大意がつかめる)
墨夷の謀は神州の患たること必せり。墨使の辞は神州の辱たること決せり。ここを以て天使震怒し、勅を下して墨使を絶ちたまふ。是れ幕府宜しく蹜蹙(しゅくしゅく)として遵奉之れ暇あらざるべし。今は則ち然らず、傲然(ごうぜん)自得、以て墨夷に諂事(てんじ)して、天下の至計と為し、國患を思はず、國辱を顧みず、而して天勅を奉ぜず。是れ征夷の罪にして、天地も容れず、神人皆憤る。これを大義に準じて、討滅誅戮(ちゅうりく)して、然る後可なり、少しも宥すべからざるなり。
近世功利の説、天下に満ち、世を惑わし民を誣(し)ひ、仁義を充塞す。或は大節に遭ふも、左右の狐鼠、建明する所ある能はず。違勅の國賊を視るに、猶ほ強弱勝負を以て説を立て、断然其の罪を鳴らして之れを討つこと能はず。甚だ悲しむべからずや。試みに洞春公をして今日に生まれしめば、其れ之れを何とか謂はん。夫の陶賊は特(た)だ其の主に叛けるのみ。洞春公ほ且つ聴かず。今征夷は國患を養ひ、國辱を貽(のこ)し、而して天勅に反き、外、夷狄を引き、内、諸侯を威す。然らば則ち陶なる者は一國の賊なり、征夷は天下の賊なり。今措きて討つたざれば、天下の万世其れ吾れを何とか謂はん。而して洞春公の神、其れ地下に享けんや。
義を正し道を明かにし、功利を謀らず。是れ聖賢の教へたる所以なり。勅を奉ずるは道なり。逆を討つは義なり。公侯夫士、生まれて此の時に際ひ、苟も道義に違ふことあらば、猶ほ何の顔面ありた聖賢の書に対せんや。士大夫の志たる、死生甚だ小にして、道義甚だ大なり。道に違ひ義に戻り、徒爾に生を偸む、何の羞恥かこれに加えん。乃ち國家と雖も亦然り。不道不義、以て一日の存安を謀るは、君臣以下、義に仗(よ)り道に徇(したが)ひ、以て始終を全うすると孰れぞや。
然りと雖も、英雄の事を謀るや、未だ必ずしも利害を計較(けいこう)せずんばあらず。事義にして利に合はざるときは、固より将に之れを為さんとす。況んや事已に義にして、又利に合ふ、何を憚ってか為さざる。当今幕府の謀、蓋し諸侯を疑ふこと墨夷に過ぐ、而して墨夷を畏るること諸侯より甚だし。謂へらく、諸侯を役して墨夷をうつも、墨夷未だ滅すべからず、而して諸侯去らん。墨夷を仮りて諸侯を制せば、諸侯制し易し。而して墨夷夷未だ必ずしも叛くかずと。是れ征夷の謬計なり。今諸侯は坐して征夷の為すに聴(まか)せ、而して少の異忤をも為さず、其の禍の底止する所、其れ寒心すべきのみ。今日吾が藩断然として大義を天下に唱え、億兆の公憤に仗らば、征夷もとより内に孤立し、而して墨夷も亦外に屈退し、皇朝の興隆、指を屈して待つべきなり。然れども其の初めに当たること、蓋し戞々乎(かつかつこ)として難きかな。而して一、二難の後は、復た甚だ難からざるなり。吾れ切に恐る、当路の君子、一、二難の忍ぶ能はずして、大義を亡失し、征夷と其の亡を同じうせんことを。故に今日の務めは大義を明らかにするに在り。
大義已に明かなるときは、征夷と雖も二百年恩義の在る所なれば、当に再四忠告して、勉めて勅に遵はんことを勧むべし。且つ天朝未だ必ずしも軽々しく征夷を討滅したまはず、征夷翻然として悔悟せば、決して前罪を追咎(ついきゅう)したまはざるなり。是れ吾れの天朝・幕府の間に立ちて、之れが調停を為し、天朝をして寛洪に、而してばくをして恭順に、邦内をして協和に、而して四夷をして懾伏(しょうふく)せしむる所以の大旨なり。然れども天下の勢い、万調停すべからざるものあり、然る後之れを断ずるに大義を以てせば、斯(すなわ)ち可なり。
当今吾が藩は君臣明良にして、大義赫々、復た是れ等の議を煩はさざるなり。然れども寅の身幽囚に在りて、廟議を聞くことを得ず、ここを以て丁寧此に至る。伏して惟ふ採察せられんことを。
七月十三日
吾れの國家に建白するや、極めて機密なりと雖も、極めて急遽なりと雖も、未だ嘗て稿を存せずんばあらず。謂へらく、機密の策、急遽の事、成らば則ち功あり、敗れば則ち罪あり。万一為すべからざれば、則ち請ふ此の巻を携へ、身を以て罪に当たらんことを。幸にして事ここにいたらざるも、亦以て後人の稽考に資するに足ると。是れ稿を存するの本意なり。而るに口羽徳祐以て然りと為さず。其の意を察するに、文を以て之れを視、余を咎むるに國事を以て文料と為すものの如し。嗚呼、人の心は面の如し、誰れか其れ之れを同じうせん。偶々宋記を讀む、鄒浩、立后の事を諌め、随って其の稿を削る。陳瓘曰く、「禍は其れ茲に在るか。異時奸人妄りに一稿を出さば、弁ずべからざらん」と。後、蔡京果して偽疏を為(つく)り以て之れを出すと。嗚呼、士君子は禍福徳喪、何ぞ其れ計較する所ならんや。然れども稿を削りて陰禍を得るは、何ぞ稿を存して顕罰を蒙るの俯仰(ふぎょう)に愧なきに如かんや。此の稿数十篇、吾れ重辟(じゅうへき)を得ると雖も、誓ってその隻字をも削らざるなり。己未三月三日、これを余白に書す。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/124-75b4d275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。