長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「久坂玄瑞」と「坂本竜馬」
【2011/05/24 21:32】 エッセイ
平成四年、以前にこのブログで記事に書いた「マツノ書店」から『久坂玄瑞全集』が刊行されている。編者は萩市出身の福本義亮氏である。この方は吉田松陰の著作も大著『吉田松陰の殉国教育』をはじめ、松下村塾関連の著書も多く残している。この全集に「久坂玄瑞先生年譜」が詳細に書かれてある。この年譜の文久二年正月十四日と二十一日に、龍馬との有名な出会いが記述されている。坂本龍馬関連の書物には必ず掲載されているものだが、そのまま書いてみる。
萩市平安古 久坂玄瑞誕生之地
久坂誕生の地 


武市半平太24.4.24


正月十四日
土藩士坂本龍馬、武市半平太の書翰を携へて先生を訪ぬ、此の夜田上藤七亦来り訪ふ。
△是より先き文久元年十月十一日長嶺内藏太、山縣半蔵の両人、先生の意を體して土藩を訪問せんとし土豫國境立川口に至る。此の時武市半平太の内意を受けて龍馬之に接伴し遂に同道微行して長州に入れりといふ、而して同伴せるもの同藩津田三治、三宮新右衛門にして表面剣術修業の名を以てせり。
△正月十五日 水戸藩士等老中安藤對馬守信睦を坂下門外に要撃す。
久坂玄瑞(小)24.3.25


正月二十一日
先生、中谷正亮と共に坂本、田上の寓する修業館を訪ね共に國事を談す、二十三日坂本、田上共に萩を去る、先生、龍馬に一書を託し武市に告げて日「竟に諸侯恃むに足らず、公卿恃むに足らず草莽志士糾合義挙の外には迚も策無之事と私共同志申合候事に御座候失敬ながら尊藩も弊藩も滅亡しても大義ならば苦しからず云々」と、龍馬萩を去り京都に上り同志と謀り三月朔日高知に帰り武市にに之を告ぐ。

坂本龍馬は、自分より若い久坂玄瑞の話を聞いて時代認識を改めざるを得なかった。嘉永六年、初めての江戸修業で江戸到着後間もなく、ペリー来航に出会って驚くが、それから九年経過。世界情勢への対応が、幕藩体制を超える話に驚く。これから龍馬の行動がダイナミックになって行く。
坂本龍馬24.4.6


坂本龍馬の現代人への人気は高い。全国に「坂本龍馬会」という愛好者の集まりがある。都道府県の殆どに、その会がある。勿論、全国に組織を網羅して、本部が龍馬の故郷、「土佐」にある。私の住む「埼玉県」にも「埼玉坂本龍馬会」(会長・麻生八咫氏)があるが、私も、その会員の一人で、参加してたのしんでいる。毎年、総会を開き、年間計画を立てるとともに、勉強会や龍馬に因む史蹟ウォーキングが催されている。土佐旅行も企画され、全国の龍馬ファンと語り合う機会を持つという、愛好者ならではの組織である。しかし、驚いたことに、埼玉県は全国で遅い方から指折りの「会」発足だった。これは、私が学生だった頃、「明治百年」に合わせたように「幕末維新」の書物、人物の小説が祝賀ムードと相俟って刊行された。司馬遼太郎の『竜馬がゆく』(文藝春秋社)がベストセラーになって、一種の竜馬ブームになったのを記憶している。初めて読んだ感激は、今でも覚えている。多分、竜馬の人気が高まったのもこの頃からであると思われる。

「埼玉坂本龍馬会」の、麻生会長は「活弁士」として活躍中の方である。その活躍で、1998年には「文部大臣賞」を受賞している。いつの日か、「重要無形文化財」も期待したいところである。
5月20日、総会が行われた。特別公演として「小美濃清明」氏の「龍馬暗殺の瞬間」があった。小美濃氏は柳生新陰流の心得があり、剣撃や太刀回りには当然造詣が深い。当日は、某テレビ局で使われた太刀を持参して、「その瞬間」を演じながら説明してくれた。三の太刀を鞘のまま受け止めた、傷痕の説明は圧巻でした。暗殺者は誰か?この謎は、いまだに解けていない。佐々木只三郎以下のグループであることは間違いないそうだ。これは大変貴重な講演でした。坂本龍馬に関する著作もいくつかある方だ。当日の出席者は満足したに違いない。会員を募集中で、将来構想は大きい活発な会にしたいとのことである。
発会式には、桂小五郎(木戸孝允・維新の三傑)のご子孫も駆けつけてくれた。多くの人脈から、色々な企画がこれから立てられるそうである。乞う!ご期待。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
 
「ノブ様」いつも長谷川勤のインフォメーションブログを読んで下さりありがとうございます。
返信がおそくなりましてすみません。
「埼玉坂本龍馬会」の事務局を下記します。
〒335-0805 川口市戸塚鋏町32-5
株式会社本州内
電話048-295-6826:案内・連絡担当 副会長 迫園(さこぞの)満弘さん宛に電話願います。FAX:048-295-6336
年会費が少しかかります。年間の会合は2~3度開催されます。
あるいは、「ノブ」様のFAX番号がわかれば、私が申込書をFAXいたします。
よろしくお願いします。
【2011/09/06 10:57】 URL | 埼玉坂本竜馬会のこと #- [編集]
埼玉県に居りまして、
埼玉坂本龍馬会にコンタクトを取る方法をお教え下さい。入会も考えております。
【2011/09/03 21:19】 URL | ノブ #- [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/130-d2913ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR