長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田義卿を送る
【2011/05/31 06:42】 エッセイ
松陰の海外渡航は、「ジョン・万次郎」の漂流にヒントを得て考えられたものと云われている。万次郎は天保12年出漁中に遭難して漂流中アメリカ捕鯨船に救助され、アメリカでの教育を受ける機会を持った土佐の漁師である。10年後の嘉永四年(1841)に帰国、土佐藩庁に出仕、翌年幕府に出仕して翻訳等を担当。咸臨丸での渡米では通訳を務めるなど、数奇な人生を送る。江戸期は理由の如何を問わず「出国禁止」で、罰則が与えられるのが掟であったが、幕末にあって外国船が頻繁に近海に現れるようになり、罰則どころか「仕官」するという、時代の味方に助けられる配慮のお蔭で命拾いした経歴を持つ。これが、佐久間象山の考え出す海外渡航の非常手段であった。ここから、松陰に激励文の漢詩が贈られたのであった。全集二巻に収載されているが、漢文なので書き下してみる。
佐久間象山
佐久間象山 


之子有霊骨。久厭蹩躄群。奮衣萬里道。心事未語人。雖則未語人。忖度或有因。
送行出郭門。孤鶴横秋旻。還海何茫々。五州自為隣。周流究形勢。一見超百聞。
智者貴投機。歸來須及辰。不立非常功。身後誰能賓。

この子霊骨あり、久しく蹩躄(へっさつ)の群を厭う。
衣を奮う万里の道、心未だ人に告げず。
則ち未だ人に告げずと雖も、忖度或は因るあり。
行くを送って郭門を出ずれば、孤鶴秋旻(しゅうびん)に横たわる。
還海何ぞ茫々たる 五州自ら隣を為す。
周流形勢を究めよ 一見は百聞に超ゆ。
智者は機に投ずるを貴び、歸來須(すべから)く辰に及ぶべし。
非常の功を立てずんば、身後誰か能く賓せん。
象山平大星

霊骨:非凡な性。 
蹩躄:ちんば等、才能のない者。
忖度:心に頼む處があると想像する。
郭門:門。 五州:世界。 辰:丙辰三年。


象山先生を憶ふことあり。去年の今日江戸獄を出で、先生と別る。
大、昨年の今日江戸を去りし時の送別の詩韻を用ふ。時に乙卯九月十八日なり。

草木猶有類。 禽獣猶有群(以下略)

関連記事
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/134-ebf33f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR