FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「武士道」と「士道論」のこと
【2011/08/02 07:32】 エッセイ
武士道というと、一般に思い起されるのが新渡戸稲造の『武士道』であると思われる。しかし、それは正しい武士道の理解とは言えないそうである。

講談社現代新書に『武士道の逆襲』(菅野覚明著)という本があり、これを読むとその意味がわかる。そこには次のように説明されている。「武士道は、第一義に戦闘者の思想である。新渡戸をはじめとする明治武士道の説く高貴な忠君愛国道徳とは、途方もなく異質なものである」(20頁)と。つまり、武士道は「一つの階級的思想であって、外国を意識して生まれた国民思想ではない」のだそうだ。
Bushido.jpg 武士道の逆襲

そうすると、鎖国体制下の「江戸時代」には「治者階級としての武士」は存在したが、戦闘者としての本来の武士は変質していなければならないという論理となるだろう。なぜなら「元和偃武」以来、戦闘者としての武士は、形だけで実質的には武士とは言い難くなるような存在へと変容を遂げてしまったはずである。少なくとも、初期の頃は色濃く残っていたろうが、統治体制の整備に伴って戦闘のない時代になってからは不要の思想に近いものとなる。

武士は「統治者」であり「士大夫」(為政者)であるのが江戸期の実際の姿で、理念的な意味での武士であった。」ところが、戦闘者に教養はそれほど重要な必要性はないのであったが、時代の変化と共に、士大夫としての職分を果たすためには、それなりの教養が求められるようになって来る。このように考えてみると、「藩校」という「武士としての教養を身につけさせる機関」が、江戸中期以降の各藩に創設されたことも首肯出来るのである。武士としての階級は正しく存在したが、戦闘者としての武士でなくなってしまった所に、理念と現実が乖離した姿がある。

そもそも、「武士道」なる言葉が多くの人々に流布したのは、明治中期以降なのだそうである。それは「軍人精神」に求められるものとして、大変都合のよいものとなったのであった。そうして、理念としての武士道的精神を身につけていることが、軍人の必須要件のようになった。明治時代の中期には日清戦争、そして日露戦争が行われたが、この軍人(軍隊)の精神に武士道的なるものを要請する論理として、武士道概念が応用された。だから明治11年に公布された「軍人訓戒」や4年後に天皇が軍人に下した「軍人勅諭」と大いに関係があると考えてよい。

それはまた、武士道と理解されがちな「士道論」とも大いに絡むのである。士道論とは、菅野覚明氏によれば「武士の理念、規範を儒教道徳によって説明されるもので、武士道に対して、太平の世が新たに生み出した武士の思想」であって、これが江戸期の武士の思想の主流であった。その代表的な人物が、吉田松陰が「先師」と呼んだ山鹿素行である。吉田松陰を理解するのは容易ではないが、山鹿流兵学を学んだ人物であるからには、この武士の思想としての武士道や士道論を避けて通るわけにはいかない。この二つは似て非なるものなのだそうである。事実、『国史大辞典』」の「武士道」の項目を除いてみると、区別されている。執筆者の相良亨さんは、講談社学術文庫で『武士道』を刊行している。
いずれにしても、この問題は、時間と労力をかけても理解しなければならない、小さくて、また大きな問題でもある。松陰を理解するためには、これが必要なのである。
関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するコメント
 
「武士道」ということばはよく聞きますが、一体はどういうことなのか、今まで分かりませんでした。
コメントを読んで少しは理解できた気がします。
日本人として自分ももう少し「武士道」を勉強してみたくなりました。ありがとうございます。
【2011/08/28 19:34】 URL | 無学鈍才男 #- [編集]
 
「武士道」と「士道論」のこと、拝読しました。信仰を持たない日本人には、自己の立脚地となる哲学が必要なのだと思います。今日の政治家、官僚、学者、マスコミの全てが、この立脚地(大義)を忘れて、金と権力に阿ていると感じます。庶民の私も立脚地を持たないために、ただの批判者です。東   壽
【2011/08/13 14:09】 URL | #- [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/141-ad8e17c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB