長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

恩人の先達「今泉嘉一郎博士」
【2012/01/30 01:40】 エッセイ
今泉嘉一郎博士

今日は、全くの個人的なことを書く。日本の製鉄産業の功労者、今泉嘉一郎博士に連なるご縁である。
今泉嘉一郎博士は、私の社会人としての出発にあたって、お世話になった恩人の一族の方の先達である。

幼かった私は、還暦を直前にして半世紀近く前にお世話になった恩人に、お礼の挨拶を思い立ったのであった。就職でお世話になりながら、学業不足を実感してその会社を退社、進学を目指した。しかし18歳の私は、退職挨拶をすべきところが、挨拶に行けなかった。お世話してもらいながら、進学を目指すことだけの理由で、確たる裏付けや自信がなかったのであった。しかし、運命の神は見捨てなかった。勿論、その後は悪戦苦闘の人生航路ではあったが、初心を貫徹出来た。
その達成が目前に見えた時、ふと急に思い立ち、恩人への挨拶をしていなかったことを思い出し、念願の御挨拶と報告を兼ねた恩人宅の訪問がかなった。それは、定年退職の直前であった。以下は、省略して掲題の本論を書き連ねたい。
今泉嘉一郎博士23.3.29

今泉嘉一郎博士は、慶應三年、今の群馬県みどり市東町(当時は勢多郡東村)花輪に今泉常子の長男として生誕した。
群馬県


この花輪とは、私の故郷の隣村の村落の一つである。
今なら私の実家から車で15分程度の距離である。
公害の原点として知られる渡良瀬川のせせらぎが聞こえる、山間の寒村である。
花輪小学校

博士は当時の前橋中学(現前橋高校)から東京帝国大学工科大学に進み、「採鉱冶金学科」を学んで明治25年に卒業、その後農商務省に入る。
別子銅山の含銅硫鉄化鉄鉱の湿式収銅法の研究で、榎本武揚に認められ、榎本の大臣就任とともに彼の内命にて、製鉄研究のためにドイツの大学で鉱山を学び、八幡製鉄の勅任技師長となり日本の製鉄産業に貢献した偉人である。
このことは7年前に詳しく知ったのであった。

大正四年に工学博士となるが、その少し前の明治末年に「日本鋼管株式会社」を起し、官営の八幡製鉄との競争原理を生かした品質、生産性等で官営に対する民間企業としての製鉄産業を起業し、「鉄は国家なり」を日本に植え付けた大功労者なのである。
いわば日本の資本主義の創設期に活躍した先達である。
昭和16年に亡くなられたが、私の父親が日本鋼管に努めたことを想起すると、運命的なご縁を感じるのである。
郷里の中学校を昭和37年に卒業した私は、縁あって隣家の方の紹介で、今泉博士のご一族の方にお世話になる。昭和35年、中央公論社刊行・「榎本武揚」(加茂儀一著)の285頁に今泉嘉一郎博士宛に書いた榎本書簡が掲載されている。
私は大変な方の一族の方とご縁があったのであった。
それを知ったのは、平成17年、2005年秋のことである。
それまでの長きにわたり知らなかった自分の不徳を思い、心の中で一人静かに赤面して恥じ入っている。「大変済みませんでした」と心から自分の不勉強を反省したのであった。


入社試験を受ける前日、恩人の家には兄と宿泊の便宜をはかっていただいたことを、50年経過した今でもかなり鮮明に覚えている。
私がお礼に訪問した平成17年、其の時は既に7年前にご逝去されたそうである。ご自宅の仏壇「ありがとうございました、遅くなっての御挨拶で申し訳ございません」と手を合わせていたら、不覚にも涙がこぼれてしまった。
ご子息の方は、大変ご親切な方で、その後入社出来て、お世話になったいきさつや、思い出話をしながら、恩人のアルバムまで見せて頂いた。懐かしかった。
さらに、墓参にまでご案内して下さった。鶴見駅前の大きな寺院に眠っていらした。
墓前でお礼の思いをこめた、私の言葉に対して、逆にお礼のことばをかけていただいた。その翌年の命日には、一人でそっと再度の墓参をしてきた。
帰路に、戦前父が住んでいたと思われる場所を、川崎市役所に当時の住居表示を伝えて現在の所表示を教えて頂き、現地を訪問してきた。私の生まれる前とはいえ、はるかな往時を偲んで、近隣をくまなく廻って脳裏に焼き付けてきた。現地から、携帯電話で姉に連絡して目標物の記憶を思い起こしてもらい、大凡の「居所の見当」をつけてしばし佇んだ。


私も戦後の生まれだが、上の姉や兄の四人は川崎市生まれである。
神奈川県


私一人だけ、兄弟のなかで川崎生まれではない。おそらくこのあたりに居を構えていたに違いないと、想像をたくましくして小1時間ほど立ち尽くした。
近くには渡田小学校があって、姉や兄は此処に入学したようである。
恩人宅を訪問するにあたり、日本鋼管と今泉嘉一郎博士の勉強をした。
我が家には非売品であるが『日本鋼管七十年史』の大著と『日本鋼管(株)二十年回顧録』(今泉嘉一郎著)がある。敬虔な思いで一礼をしてその本を紐解くのである。
因みに後者の刊行は昭和8年12月1日と奥付にある。勿論非売品であるが、古書店から購入して勉強してから、恩人宅を訪問するのが礼儀と心得、目を通してから伺ったのであった。二冊を持参して、ご子息の方にお見せすると、『勉強がすきなのだね!』と言われたが、感慨で胸いっぱいのため返事が出来なかった。


話は、不思議なご縁にもどるが、このご子息の方が、私の大学でお世話になった先輩とのお付き合いがあるという。『何というご縁なのか!?』と茫然とした。
さらに、恩人は夜間と昼間の違いこそあれ高校、大学(学部は異なる)とも同じであった。もう一つ、信じられない程の話がある。それは、前述の本に私の恩師のご縁に連なる方の祖父の名前が記されていた。私はそれを気付かなかったが、恩師はそれをみてすぐに気付いたという。
今もその「恩師を囲む会」と命名して、この十年間に5回程会合(謝恩)を持っている。私は、その会合の幹事を数回経験しているから、その方とも大変親しくお話が出来る間柄でもある。何という不思議か、その15名ほどのなかに今泉博士とともに「七十年史」にその方の祖父が名を連ねているのである。

事実は小説よりも奇なりとの語があるが、まるでそれを地で行っているかのような実話である。その方の祖父は戦前に貴族院議員になるほどの名士であった。
故あって、実名が書けないが、群馬の僻地で生まれ育ち、中卒後に徒手空拳の如き状態で上京した私の人生航路の「巡り会いの妙」に感嘆しきりである。
人はたくさんの方々のご縁を頂いて自分の人生があるという、正しくその通りである。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
NKK 
私の父、祖父もNKKでした。渡田のあたりもすっかり変わり、鉄は国家なりと言われた子供の頃を思い出しました。
【2013/02/26 01:12】 URL | にしやま #o9aVJLuw [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/161-03a3019e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR