長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『飛耳長目帳』のこと
【2012/02/25 18:33】 エッセイ
飛耳長目帳24.03
『飛耳長目帳』のこと

掲題の言葉を何人が知っていることだろう。読み方は「ひじちょうもくちょう」と読むのである。ではその意味はとなると、これまた殆どの方がわからないであろう。広辞苑によると次のように説明されている。「遠方のことをよく見聞する耳目。物事の観察に鋭敏なこと。転じて書籍のこと」とある.


実は、これが吉田松陰の「松下村塾」に常備されていて、塾生は等しく読める機会を提供されていたのであった。
松陰が遊学時代に知り合った全国に居る先輩、知人や松陰の門下生たちが江戸や京都、大阪などに修業や藩命を帯びて滞在している先から、国内の政情不安からくる諸々の大事な情報、たとえばハリスの江戸入りと将軍謁見のことや日米修好通商条約の無断勅許調印のことなどが刻々と入ってくるのである。 これらは、今日でいう新聞の切り抜き集を小冊子風にしたものと考えるとイメージが湧きやすいだろう。
この時事論(松陰は時務論と言った)を巡って、松下村塾では対論が盛んに行われたという。今日風にいえば「大いに議論を交わす」という事になる。したがって、塾生や吉田松陰は「萩の近郊」という、当時の陋村に居ながらにして国内情勢に詳しくなると同時に、一定の見識を持つようになる。

また松陰は「経済」という言葉も良く使ったと門下生が回想している。(村塾零話)形而上学的な思惟を避け、現実的なものから物事を考えることを重んじたわけである。そうであるから、「学者になるための学問を強く否定」したのであった。同時に、久坂玄瑞との往復書簡でも、自分のよって立つところから議論を組み立てよと、厳しく戒めたのであった。「墨夷の使者を斬るべし」という、久坂の勇ましい書簡に対して、「議論が浮薄」とやりこめたのであった。(久坂玄瑞に復する書)

吉田松陰の「松下村塾」が、結果として政治的であったことも、このような勉強法を取り入れたことも与って大きい。
飛耳長目


難局(国難)への立ち向かい方が、断然普通の人物と違うのである。勿論、いわゆるテキストは、多岐にわたっており、塾生一人ひとりがその学力に応じて松陰が推奨したのであった。基本的には、松陰自身が朱子学、とりわけ孟子を幼児から勉強させられたこともあり、漢学塾ではあったものの、松陰のオリジナルな教育手法が取り入れられていたのである。

松陰の学問への姿勢は、晩年に門下生の入江杉蔵に語っているように、「一つの学説、思想に拘泥しない」のが特徴である。良いと思われるものはどしどし取り入れて可であった。基本は朱子学ではあったが、鎮西遊学で葉山佐内の下、陽明学に出会ったのは有名であり、また松陰を「陽明学徒」と呼称する書物も散見されるが、彼自身それを否定しているのである。

情報の持つ意味を知悉していたという意味では、さきがけの人物であった。
彼は読書量も大変なものであったが、著述も大変な数になる。
大著の『講孟余話』は、全集のなかで独立した一巻に収載されているが、『幽囚録』や『回顧録』は相当の長文である。従って、松陰は「よく書物を読み、且つ著述した」人物であった。しかも、例外なく彼の文章は美しい。巧みな文章家であることは間違いない。また彼の読書法は、必ず「抄録」して要点を把握する方法で、門下生にも強くこの方法を奨励したのであった。
吉田松陰とその門下24.3.25


掲題の「飛耳長目」は、松陰にとっては情報源であったと同時に、下田踏海に失敗するまでは徹底して現地踏破も厭わなかった。浦賀に四日間も滞在して、黒船の情報を詳細に自分の眼で見て、そして聞いて確認を怠らない観察や情報に対する態度一つを見ても、情報に対する価値判断、そこから導き出される洞察力とその後への展望予測も鋭いものであった。つまり「情報の収集、分析」を怠らないことが彼の「実用の學」ともいわれる所以なのであろう。

「飛耳長目帳」で、幽囚の身でありながら情報を知悉していたことが、評定所で逆に奉行から訝られたのは何とも皮肉な結果であった。しかし、信念に従っての行動であったが故に、「死罪」を感じ取ってもきちんとした人生の幕引きをし、「国のために死んでみせた」天晴な人生であった。それゆえ、根強い「松蔭人気」は、浮ついたものとは異なる。人生を真剣に生きようとする人たちや、娯楽的要素のない松陰先生を勉強する人たちが多いのである。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/169-7be9b56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR