長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『吉田松陰の命懸けの生き方』について思う
【2012/05/28 22:56】 エッセイ
「吉田松陰の実像」を求めて

吉田松陰の伝記は枚挙に遑ない。明治13年に英国の「スティーブンソン」が『YOSHIDA TORAJIROU』を刊行したのをその嚆矢とする。これは「吉田みどりさん」が二度にわたって刊行した本に詳しい。ただし、この本は、内容的にはさしたる質を問うほどの本ではない。単なる紹介であって、いわば文献学的に名を残す類であると思われる。

考えてみれば、まことに不思議な現象と言わねばならない。今日、「吉田松陰」を知らない人は、数少ないと思われる。真に右翼、左翼を問わずに支持されている人物といってよい。
それは、人間として、そして一人の日本人としてまことに天晴な生き方であった。

因みに、今の時代に「吉田松陰のような生き方」を実践して見ろ!と、言われて、了解したと納得して「国の為」に命を懸ける人物がいるであろうか?
 
答えは否定的である。

松陰の兄に充てた書簡に「さてもさても思うまいと思うても、思うのは國家のことなり」という獄中から兄に宛てて、自分の心情を吐露した文章にもその一端を窺うことが出来るだろう。考えてみて下さい、当時の「クニ」とは、「藩」と同義語であったのである。
そんな時代にあって松陰は、「大和民族」レヴェルで「クニを守る」意識に目覚めていたのであった。
吉田松陰 至誠の教育者


そもそも人間は、自分がかわいいのであって、国家より自分の命を優先的(第一義的)に考えるのが、およそ一般的であるとあると言ってよい。
これは理屈を超えた、人間の本能的なものであって、そこに価値評価をさしはさむことは単なる評論家的な思いの叙述にすぎないことは、人生を真剣に考えた者にとっては、簡単に導き出される性質のものとは次元が異なるである。
 
松陰の辞世の句である『留魂録』の末尾に詠まれている詩を考えてみても、敬服せざるを得ないのが現代人間の一般的な思いであると思われる。
『吾 今國の為に死す!』と、死刑判決言い渡し直後に朗々と謳いあげる心情に対して、思いを致さなければそれが解からないだろうと思うのである。


吉田松陰の研究者を看板に掲げている「学者・研究者」は大変な数を数えることと思われる。しかし、第三者的にこれらの句を読んで、「あやかりたい」と心底思った人物がどれほどいることやら。
恥ずかしながら、私もその一人で、 日本のために命を投げ出すだけの覚悟はない。「クニより自分」が大切なのである。真に教育の力は恐ろしい。戦後の教育を受けた人間には、こうした「覚悟」を持っている人は少ない。人命尊重とか基本的人権なる「ことば」に洗脳されてしまっているのである。

私を含めて、こういう覚悟無き人物が、まことしやかに吉田松陰の研究と称して矢継ぎ早に「吉田松陰」の解説?もどきの書物を刊行し続けている。
『評論家、見てきたような、嘘を言い』と揶揄された俗語があるが、人間の「死」は簡単に語れないものであろう。


少なくとも、吉田松陰の伝記の類を読んで、「涙」して、夜もすがら煩悶した経験を持つくらいでないと、松陰は語れないのではないか。そんな思いに駆られるのである。

部分を語り、それが「視点」という体裁のよい言い訳になっていないかどうか、我々は個々人の胸に手を当てて正直に問うてみる必要があるのではないか?
そんな気がするのである。
王陽明


内緒の話ということで書くしかないが、松陰は処刑場に臨むにあたって「関係者に、久しくご苦労をおかけいたしました」と慇懃に挨拶をして、山田浅右衛門にシグナルを送ったといわれる。だから、「首切り職人」の「山田浅右衛門」の回顧談にも、安政六年の十月二十七日に処刑した人物は、まことに天晴な人物であったとの特別な印象を後々まで忘れさせなかったものと思われる。
さらに、内緒の内緒話であるが、吉田松陰の処刑後の「一物」は、自然体、つまり普通の精神状態にあった男子の「それ」の状態であったといわれる。これは、高名な松陰研究者が「ある企業の社員教育の場」で非公式に披瀝した話である。

理屈だけで松陰を語る人物や研究者の「いましめ」として受け止めて良いのかもしれない。
私のような浅学の者には、正しく「頂門の一針」である。そのくらいに、松陰の性根は座っていたという証左になるのかもしれない。
三島由紀夫


かつて、三島由紀夫が市ヶ谷の東部方面総監本部(現・防衛相)の屋上で、奇異な演説をした直後に、同志と共に「割腹自殺」を遂げた時にも、直後に「死」を予定していた三島の顔は、蒼白で演説をしたのであったという。

さらに、三島の首切りを託された森田なる人物も、自らの「割腹」が直後に迫っていたので、「心乱れて」一刀の下に三島の首を切り落とせなかったと云われる。
つまり、「死」は恐れざるを得ず、というのが人間の本性というものだ。

直後に刊行された書物に「人は思想に殉じて死ねるか!」と題した、文芸評論家の記事を読んだ記憶があるが、人間の「死」を本人が、絶望でなく「意思として」行為の選択をすることの意味を、真剣に考えてみる必要があるように思えてならない。

吉田松陰の刑死を、一般的な「死」と捉えることに、私は賛成できないのである。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/192-f8868056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR