長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田松陰の支持者が何故多いのか
【2012/06/23 00:14】 エッセイ
 「衰えぬ吉田松陰人気」に想う
吉田松陰 至誠の教育者


今日は、平成24年6月23日。前年の東北大震災への対応の在り方が、批判された東京電力。企業延命策としての大口顧客に対する「値上げ」通告に対して、公正取引委員会からは「独占禁止法」違反にはならないが、顧客に対する十分な事前説明が行われたとは言い難いとの判断がなされたそうである。競争原理が働いていない企業の「私の常識は、あなたの非常識」を想起した国民は多かっただろう。これは「企業体質」といわれる。
歴史に学ぶ


日本には「親方日の丸」という、国際社会で通用しない言葉がある。
わずか数年前に「日本航空」が、似たような経営体質に対して国民的批判を浴びたばかりである。『ブルータスよ、お前もか!』が、自分の理解の可否を越えて頭を過るのである。
年金不安が国民的関心を呼ぶ中で、日本航空も東京電力も、同様の殿様経営ぶりが暴露された。
その一つの、日本航空は「総懺悔」の効果があったのかどうか、記録的な利益計上となり、早くも「再上場」の申請となったという。
日本航空の企業体質の象徴的な話を聞いたことがある。それは、ライバル会社の「社内稟議書」の速度と経営者の判断の速さの比較である。倒産などということは思いもよらなかったに違いない。
片や、自助努力にて必死に社会的使命に即して、企業努力にいそしむライバル会社。この違いは、何であろう。経営トップの管理の在り方の違いを如実に語る以外の何物でもないだろう。

なぜ、掲題とかけ離れたかのような文辞を連ねたか? 実は、吉田松陰が、同様の事を言っているのである。硬直した身分制度、驕りとあきらめの錯綜した徳川封建制度の二世紀半。武士は「何ものをも生産しない純然たる消費者」で君臨し、治者階級の名目の下で正しく太平をむさぼっていた。
幕末の諸事件で暴露された武士階級の、存在価値の無さ。
「祖法」としての「鎖国」体制堅持が至上命題で、予告されていたペリーに開国要求の為の来航に、何ら対策を打ち出せなかった幕府高官。しかも、外交特権の名目で情報公開を怠った末に、現実問題としてニッチもサッチも行かなくなった時、初めて外交と情報の独占を放棄せざるを得なかった。
その挙句、政治参加出来ない「御三家」や「外様大名」にすがりつくように、助言を求めたのみならず、責任転嫁の「勅許」を言いだして、自爆してしまった。幕府の権威の衰退は留まる所を知らない。幕府権力維持をかたくなに目論んだ末の行動が、悪名高い「安政の大獄」であった。その指揮権発動の「つけ」は、早くも翌年の万延元年の三月にやってくる。

井伊直弼座像


白昼堂々と、幕府の最高権力者の「首」が飛ぶのである。
さらに、その首は現場から運び去られても、なお公表せず、死去が公に傳えられたのは三週間近く経ってからであった。さらに追い打ちが駆けられる。坂下門外の変では、命惜しさに草履も脱ぎ捨てたまま駕籠から逃げ去ったという醜態まで演じて見せた。万事休す。

「城下の盟」を激しく憤った吉田松陰。大国と言わず、小国と言わず、「クニ」には、プライドがあり、脅しで外交要求をすることは受け入れる所とはならない。
黒船という四隻の軍艦を詳細に観察した松陰は、その背後にある文明の力を察知した。時は鎖国。台風に出逢って漂流した漁民といえども、海外脱出は違法なりと処罰された時代である。


それを百も承知で、しかも当面の敵ともいえるペリーの軍艦にて「密航」を企てた吉田松陰。
松陰蹈海の図24.3.20


國家を思う情熱は、徳川の鎖国は「単なる徳川の私法」で、公法性は少ないと知りつつ、あえて危険を冒した。自首後の取り調べでは、「万死は覚悟」と堂々と陳述した。
現代に生きる我々は、西欧先進国の18世紀後半の出来事を知っている。「第一次産業革命」と呼称される、一連の大変革の過程があった。
発明と技術開発とがもたらしたものが、松陰は恐らく黒船を観察して、その背後の実情を嗅ぎ取ったに違いない。

有名な『華盛頓(ワシントン)がどこにあるやら、竜動(ロンドン)が如何なる処やら、画そらごとにて何の控馭を能くなさんや』の科白も、自分さえ問題なければ・・・・・・の、現代に通じる課題への警告であったに違いない。松陰は、妹達にも生前、邦(國家)の為に尽くすことが自分の命以上に大切であるとの認識を語っている。(安政六年五月十日・諸妹宛)『拙者此の度仮令一命差捨て候とも、國家の御為に相成る事に候はば本望と申すものに候』(全集八巻・三四二頁)との言葉は、偽りがなく同年十月の、評定所での死罪申付け直後に吟唱した『吾今國の為に死す』とも一致する。将に「言行一致」である。
弁天島の吉田松陰2012.3.28


現代に生きる私達は、驚嘆するばかりである。「命がけで生きる」という姿勢に対して、特別な感慨を持つ。
私心のない見事な人生航路が、衰えない「吉田松陰」の人気の秘密であるに違いない。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/195-d7d2bedd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR