長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『定本版・吉田松陰全集』刊行事情②
【2012/07/02 17:00】 エッセイ
「吉田松陰全集」編纂発行の経過大要②

玖村教授は囊(さき)に私から編纂上に就いて意見を求めた際、同氏年來の希望が郷土の教育會によって實現される機運に到達したことを喜び白熱的の賛意を表し、この事業は實に國家的にして且つ永劫性のものである、重大な決心と準備とを整へ、邦家のため完全なものを後世に遺されたい、自分は全力を擧げて犬馬の労に服するを辞さないと大いに激勵を加へたくらいであるから、計畫行悩みの報に接しては殘懷遣る方なく、急遽上京して先づ吉田家に於て廣瀬豐氏と會し、ついで本縣出身の先輩湯淺倉平氏・粟谷謙氏・渡邊世祐氏・野村益三氏・入江貫一氏・藤本萬治氏などを歴訪し、計畫の現況を説明して後援を求め事業更生に百方斡旋せらるゝところがあった。
吉田松陰画像2012.3.30


然るに清水谷會長竝に島田・末宗両幹事轉任のため、本會幹部に少なからぬ異動を生じた。私は一般の要望と吉田家の期待とを力説して副會長白石喜太郎氏の決心を促したところ、副會長は四月九日に遂に決心の臍(ほぞ)を固め、來たるべき代議員會に諮ってその賛否を確むることとせられ、かくて四月二十三日代議員會を招集し、その賛否を求めたところ全會一致の協賛を得て直ちに準備金の支出を可決した。よって五月一日本會から吉田家に對し正式の諒解を求めた。
時恰も會長の選擧に際し、事情紛糾してその決定を見ざること實に三ヶ月の長きに及び、本事業の進捗上少なからぬ障碍を見た。五月三日には缺員幹事の補充を行ひ、新に山本昇氏・原田一二氏・岩崎卓一氏を委嘱し、二十一日玖村教授の來會を煩はして、本會館に於て幹部參集し事業方針の大綱を定め、編纂委員には松陰研究の権威者たる安藤紀一氏・廣瀬豐氏・玖村敏雄氏を嘱し、監修には徳富猪一郎氏・文學博士渡邊世祐氏を戴くこととした。
至誠 松陰


ついで玖村教授の指導によって、編纂方針の原案を作成し、私はこれを携へて六月四日上京の途についた。途中玖村教授を廣島に訪ひ、翌日京都に退隠せる安藤氏を訪問して親しく意見を叩き、且つ編纂委員たるの内諾を求めた。東京に着しては先づ吉田家を訪問して諒解を得、渡邊博士を訪ねて事業計畫の大要を述べ、且つ監修たらんことを懇請した。博士は快諾を與へられたが、自分は従來から名義ばかりの監修ならば引受けないことにしてゐるから原稿は必ず見せて貰ひたいと折角當方の切望する條件を、博士から先んぜられて大いに喜び種々懇切な指導を受けて辞去した。

ついで六月十日市外保谷村に海軍大佐廣瀬豊氏を訪問して、本會の計畫を述べ編纂委員としての承諾を求めたところ、自分は福島縣人であるが、かかる仕事に従事するには防長先輩の諒解を必要と認める、萬一その諒解がなければ資料の閲覧謄寫において支障を生ずる場合がないとも限らない、幸に余を紹介して諒解を得る見込みあらば喜んでその需めに應ずべしとのことであった。
吉田家家紋24.3.25


そこで私は再會を約して辞去し、都野知若氏・圖書監修官藤本萬治氏・府立第六中學校長阿部宗孝氏・子爵野村益三氏・毛利家史料編纂所員妻木忠太氏・富田武一氏・末村吟藏氏等を訪問して諒解を求め種種有益な教示を受けた。かくて十三日再び保谷村に廣瀬豐を訪問して先輩の諒解を得るの見込みを報じ、本會調査の原案と廣瀬氏の調査案を參酌し、出版業者の意見を徴して出版経費の概算を立てた。
楫取素彦24.4.24


翌十四日には楫取三郎氏を訪ねて賛助を求め午後江木千之氏を訪問した。氏は病中にも拘らず、快く引見せられて懇切に教示せられた。氏は全集の發行はもとより可なり、敢て異議は挟まないが資料の半は漢文であって、讀解が困難であるから果して普及するであらうか、購入者は或は圖書館位に止まりはせぬか、又先生を長州のものの如く取り扱ふことは先生を小さくするものである、編纂委員が何縣人であらうとも、そんなことは問題ではないと極めて公正な意見を披瀝せられ、その上需めに應じて一書を認め、私を徳富蘇峰氏に紹介せられた。
徳富蘇峰の写真


ついで私は徳富氏を訪問して事業企畫の大要を語り、その意見を叩き且つ監修たるの内諾を求めた。氏は全集發行の企ては極めて結構である、是非完成して貰ひたい、この事業は教育會として最も相應しいから資料の散逸しない内に何を差置いても實行されたい、資料は一日遅るれば一日だけなくなる、先生は山口縣人に於てよりも却って他府縣人によって研究されてゐる情況である、先生の書かれたものはいかに斷簡零墨と雖も、後世に於ては頗る貴重な資料となるから成るべく悉く掲載して頂きたい、抄録の如きもその實先生の見識によって成されたもので、同じ書を讀んでも人によって見方が違ふ譯だから、一種の著書と見ても差支ない、紙數の許す限り載せらるることを希望する、山口縣から偉人が澤山輩出したが、先生は實にその師匠であるからその事蹟は是非これを後世に遺さなくてはならぬ、お示しの編纂方針大綱はこれで結構だと思ふ、渡邊博士が既に御參加になるならば私も喜んでおつき合ひ致すとのことであった。 次回へ
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/197-a386ef99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR