長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『東行前日記』 連載⑥ 補足
【2012/08/24 17:40】 エッセイ
『諸妹宛』書簡

五月十四日(安政六年)
松陰在野山獄 諸妹在萩   二十九才
松陰正装画像


拙者儀此の度江戸表へ引かれ候由、如何なることか趣は分り申さず候へども、いづれ五年十年に歸國相成るべき事と存ぜず候へば、先づは再歸仕らずと覺悟を決め候事に付き、何か申し置くべき儀あるべき様に候へども、先日委細申上げ進じ置き候故別に申すに及ばず候。

拙者此の度假令一命差棄て候とも、國家の為に相成る事に候はば本望と申すものに候。两親様へ大不孝の段は先日申候様其の許達仰せ合され、拙者代わりに御盡しくださるべく候。

併し两親様へ孝と申し候とも、其の許達各々自分の家之れある事に候へば、家を捨てて實家へ協力を盡され候様の事は却って道にあらず候。各々其の家其の家を齊へ夫を敬ひ子を教へ候て、親様の肝をやかぬ様にするが第一なり。

婦人は夫を敬ふ事父母同様にするが道なり。夫を輕く思ふ當時の惡風なり。又驕りが甚だ惡い事、家が貧に成るのみならず、子供の育ちまで惡しく成るなり。心學本間合い合いに讀んで見るべし。高須の兄様抔に讀んで貰ふべし。高須兄は従兄弟中の長者なれば大切にせねば成らぬ御方なり。

五月十四日夜            寅二
 松陰の妹・寿
(松陰の妹・壽、小田村伊之助と結婚したが早世)



児玉お方様
小田村お方様
久坂お方様  參る。
尚々時もあらば又々申し進ずべく候。

【用語】
先日委細申上げ進じ置き = 四月十四日付け「千代宛」書簡をさす。野山獄中から。
肝をやかぬ様に = 心配をかけたり、悩ませたりしないように。
當時 = この頃。
心學本 = 石田梅岩が創唱した平易な実践道徳。神・儒・仏・道諸教のあらゆる心理を摂取して、農工商平民のために通俗卑近の例をあげて、忠孝信義を説いたもの。
高須の兄様 = 高須為之進。松陰等兄弟の従兄弟にあたる。
児玉・小田村・久坂お方様 = 児玉祐之妻千代(祐之は杉家五代目百合之助常道)の妻瀧子の義父児玉太兵衛寛備の嫡子である)・小田村伊之助妻寿・久坂玄瑞妻文、ともに松陰の妹。文は寿の死後、小田村伊之助(後の楫取素彦)の後妻として嫁している。

、安政六年五月、野山獄にあった松陰は兄より「幕府召喚命令」を伝えられた。生還の実現性が少ないと考えた松陰は、嫁いでいる妹たちに事情説明と心の内を語り、なおかつ「婦人の道」を説きつつ、従兄弟の高須為之進に教育の一助を願えと進言している。

小田村伊之助


嫁ぎ先の家の親族に孝養を説き、実家の両親へも心遣いを忘れぬよう諭して(ほぼ遺言に近い内容)いる。
「人の道」を説いて止まなかった松陰、覚悟の東行にあたっても妹達への心得を申し送る姿に感動せずにはいられまい。誠に「言行一致」で、己を欺かないだけでなく、親族に対しても礼節を盡そうとする「誠実な人」は読み取れる。
この半年後に、斬刑となるのであるが、覚悟ができていたようで、刑場に臨む姿が全集の『関係雜纂』に収録されている。一部、世古格太郎の語りも伝えられているが、松陰の生涯を追ってゆくと、これが誤りで、命惜しさに「気色」も荒々しく云々は、全体を知らずに部分のみの点描に過ぎないことがわかる。吉田松陰の名誉のためにも、わざわざ茲に特筆しておきたい。そうでなければ、高杉に与えた「死して不朽の見込みあらば、いつでも死ぬべし」と書簡に書いたこと等が、松陰の常なる言動が偽りとなってしまう。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/226-e7b07327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR