長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「志士としての吉田松陰の学問」
【2010/07/27 17:14】 エッセイ
志と学問観、人間観、時務論がふんだんに入り混じった松陰像です。
私心のない大真面目な日本人です。

吉田松陰の『学』は、単なる学問でなくて、いわば時代の問題を解く歴史的実践にかかわる学であった。『志士は時務を知る士』でなければならない。
安政六年(1859)四月に、門下生の野村靖(入江杉蔵の弟)に宛てた書簡には次のように書かれている。『時勢こそとまれかくまれ、義卿(松陰)が崛起の人なり。(補注:この一句得と分らば時勢論も随分仕るべし) 放囚さへすれば(松陰は二度目の野山獄収監中)、義卿は一人でも遣るなりと云えば粗暴に聞ゆれど、夫れは志なり』と。同じ書簡で、『義卿、義を知る、時を待つの人に非ず。草莽崛起、豈に他人の力を假らんや。恐れながら 天朝も幕府・吾が藩も入らぬ、只だ六尺の微軀が入用。されど義卿豈に義に負くの人ならんや。御安心御安心』と。(全集第八巻・321頁)これは時務を知るの士そのものの実践を云っているのである。
至誠


それ故『謂うところの学とは、書を読み古を稽ふるの力に非ざるなり。天下の自体に達し、四海の形成っを審かにする。・・・必ずや一國を正し、而して朝廷を正し、而して四海を正す。規様先づ己に定まり次によって之を施す。これ吾がいふ所の学なり云々』(全集第二巻・丙辰幽室室文稿「自ら松柳の詩の後に書す:386頁」)という松陰の学問となる。
ここで云っていることは『全身全霊を以て国家社会(国難)の課題を自分自身の課題としていると云うこと』なのである。だから『扠も扠も思ふまいと思うても又思い、云ふまいと云うても又云ふものは天下国家の事なり』(安政元年十二月十二日、兄宛て書簡・全集第七巻299頁)ということになり、志と時勢が常にセットになっているのである。従って『國と休戚(喜びと憂い)を同じうする者なれば、凡そ今日に生れ世禄の澤に浴する者は一身の憂楽を捨てて、國家の休戚を以て吾が休戚となすべきこと論を待たず。苟も此の志なきものは人に非ざるなり』(全集第三巻・講孟余話第七章、55頁)。という、強烈な国士(日本・毛利藩)の自覚となるのである。

松陰岡部本24.4.23


今日の記事は、かなり難しいと思います。しかし松陰は『憂国の志士』であり『時務論者』であり、『松陰独特の学問の人』、『実践の人』であった。ペリー来航以来の国難を『日本の危機』と捉え、難局を乗り越えるには私心を超越した『志の人・学問の人』でなければならない。幕末にあって、これほどに日本の危機感(植民地化)を持った人物がいたか?私は知らない。ですから、『松下村塾での教育』は人間教育であると同時に政治的教育の濃厚な子弟教育という、人間論と時務論が混成になっていたのであろう。それらの、反幕府的言動が長野義言の探索網によって知るところとなり、不運にも『安政の大獄』に巻き込まれてしまうのである。本来は儒学を修めた山鹿流の兵学者であったが、歴史の運命によって特殊な人生行路を歩むことになってしまったのである。修己治人は儒学の根幹である。己や國を治めるために学問に勤しみ、『至誠』の実現を願っていたのが吉田松陰である。国難に遭いながら、手を拱いている幕府や藩の政府要人の怠慢に我慢がならず、『やむにやまれずの行動』の挙に出たのが松陰であり、その自覚や行動ゆえに『維新の先覚者』でもあったのである。この文脈で考える時、『最も日本人的な日本人』として、松陰の叫んだ『大和魂』がどういうものであったかのイメージが具体性を持ってくると考えられるのである。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
 
吉田松陰は若くして思慮深く志も高く、その崇高な姿勢は見習わなければならないと思いました。現代に生きる私も出来るだけ日本の将来を考えていきたいと思いました。
【2010/07/30 08:15】 URL | みなさく #- [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/23-63124f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR