長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


講座『吉田松陰』のこと
【2012/10/17 22:15】 エッセイ
「大東文化大学」オープンカレッジ

平成24年10月13日、『幕末維新のヒーロー達』の講座が開始された。
第一回はもちろん「吉田松陰」である。
九州大学の名誉教授・山口宗之氏の言葉では『明治維新志士中の第一等星』(幕末江戸:学研)と称される吉田松陰である。

松陰正装画像


この言葉通り、吉田松陰なき明治維新は考えられない。「殉難」は愛国心の極致であったと考えられる。「政治犯」としての権力による処罰であったから、「吉田松陰精神」は殉難後に現実の大きな変革のエネルギーとして日本の歴史上、最大の変革として結実した。

日本の哲学者・教育学者として著名な「森信三(のぶぞう)」先生は『修身教授録』(現代に甦る人間学の要諦・知致出版社)で、吉田松陰についての勉強を奨めている。

修身教授禄


やや、長いがそのまま引用してみる。
『さて講義は一応これまでとして、今日は一つ書物のご紹介をしましょう。

実はこのたび吉田松陰先生の非常に手ごろな「全集」が出ることになりました。先生の「全集」は、この前にも一度岩波書店で出ましたが、その時のは、全部原文のままで大部分が漢文でした。ところが今度のは、旧版の漢文を全部仮名混り文にして、かつ難解なところには一々註をつけて、だれにも読めるようにしたものです。

そこで諸君にはやや高価なものではありますが、これだけは何とか工面して求めるようにされるがよいと思います。そして私の考えではこれをもって、諸君の卒業記念とされるがよいと思うのです。実際、国民教育者は、ある意味では、この本だけを読んでいても十分と言えるほどで、あらゆる人生の教訓はこのうちにこもっているとも言えます。もし諸君が、この本を求めて三年間読んでも、その真価が分からなかったら、私が引き取らしてもらってもよいです。古本屋へ持っていっても、おそらく原価に近い値段でとってくれましょう。

最新版松陰全集


マア諸君!!一つ私にだまされたと思って、求めてごらんなさい。三年もたてば、必ずうなずける時が来ましょう。私は以前の版を持っていますが、今度の分も買おうとおもっているのです。これによっても私が、諸君にお奨めするわけが分かりましょう。』(443~444頁)と絶賛している。


これは、言葉だけのハッタリではない。実はこの本は、大阪の「天王寺師範」での講義録なのです。このたび、「ノーベル医学・生理学賞」を受賞された山中伸弥教授の、戦前の母校にあたる?のである。この森信三先生は、西田幾多郎と併称される教育学者だそうである。

森信三先生


この先生が、吉田松陰全集(普及版)のススメを語っているのである。しかも、「三年間取り組んで、その真価が分からなかったら自分が責任をとって引き取ってよい」とまで言い切っているのである。


「人生の教訓」が籠っているいるというのである。

この称賛の仕方は、この上ない賛辞である。
吉田松陰が日本人の心の代弁者であるかの如くである。
私のブログを読んで下さる方々に、この言葉をかみしめながら読んでいただけたらと、願うばかりである。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/231-b0201303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。