長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

吉田松陰の「陽明學」
【2012/11/26 10:44】 エッセイ
吉田松陰と『傳習録』

嘉永六年八月二十五日早朝、吉田松陰は鎮西遊学に旅立った。お供をしたのは「新介」である。長崎の長州藩邸に着いて三日目の九月八日早朝に還すとあるから、二週間付き添ったことになる。

松陰正装画像


長州藩は長崎に「藩邸」を保有していた。ここに「聞役」という蘭船の出入りや海外異聞の報告役を駐在させていた。長門の国が三方を海に囲まれていた事から、海防意識が藩として必要だったのかもしれない。今日流に言えば「情報収集」を怠らなかったということになる。

九月十一日、長崎港に停泊中の「蘭船」に乗る。上層に砲六門ありとあるから、軍艦であることがわかる。後に浦賀へペリーの艦隊を観察に駆けつけたとき、詳細にわたって目測をするが、この時の経験が生きたと言える。
さて遊学目的の平戸についたのが九月十四日、葉山左内を訪問するが、実は宿が取れずに左内の紹介が必要だった。平戸では、紹介なくしては宿が取れないのであった。「紙屋」と言う宿に投宿、ここには今も松陰宿泊の小さな石碑があるという。

この日、葉山左内から『伝習録』と左内の著述である『辺備摘案』を借り、書写する。『西遊日記』では、伝習録を読んで抄録したのは十七日とある。二十三日まで伝習録の記述が続くので、凡そ一週間かけて精読したものと思われる。

王陽明・傅習録


後に松陰は自ら「陽明学徒」たることを否定して(『子遠に語ぐ』:己未文稿、全集第五巻176頁、安政六年正月念七日夜)、以下のように言っている。
『吾れ嘗て王陽明の傳習録を読み、頗る味あるを覚ゆ。頃ろ李氏焚書を得たるに、亦陽明派にして、言々心に當る。向に日孜(品川弥二郎)に借るに洗心洞箚記を以てす。大塩も亦陽明派なり、取りて観るを可と為す。然れども吾れ専ら陽明學のみを修むるに非ず、但だ其の學の眞、往々吾が眞と會ふのみ』と。

確かに自ら言うごとく陽明學派ではないが、松陰の著作や言動には明らかに陽明學の影響と思われる個所に遭遇する。「事情磨鍊」や「知行合一」的な考えが見られるのである。
高杉晋作


また愛弟子の「高杉晋作」の号には『致良知洞主人』(海原徹:高杉晋作、ミネルヴァ書房)というのがある。これも王陽明の致良知からのものと考えられる。

吉田松陰の場合は、学問の姿勢が人間社会に役立つものを希求する実学志向が強かった。それゆえ門下生の回顧録にあるように、実践を重んじた学問観であった。
『松下村塾記』の「學は人たる所以をまなぶなり」や『志規七則』に記された「志を立つるを以て万事の源と為す」等の意味は、上記との関連で把握なれなければならない。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/234-7a19c2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR