長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『吉田松陰研究者』としての玖村敏雄先生
【2012/12/03 22:52】 エッセイ
哲学者にして教育学者の「森信三」先生が、その著『修身教授録』で『吉田松陰全集』の購読のススメを書いていることは前回紹介した。
その『吉田松陰全集』の編纂(定本版・普及版とも)、刊行に深くかかわった研究者に、「玖村敏雄先生」がいる。この二人の恩師は「西晋一郎」先生である。


西先生は、「東の西田幾多郎」、「西の西晋一郎」と言われ、日本の哲学会をリードした著名な方である。知名度という点では西田幾多郎が『善の研究』という名著を残したため一般には多くの人の知るところとなった。

玖村敏雄先生が西晋一郎に学び、森信三先生は西田幾多郎に学んだ。ともに明治29年生まれである。当初は玖村先生も、教育学の研究者であったから、二人とも教育学者なのである。この森先生が『私の古い友人の玖村敏雄教授が、松陰先生については、恐らく現在わが国における最高の権威者といってよかろうと思う』といっている。

実は、森信三先生は当初「広島文理科大学」(今の広島大学)に入学し、西先生門下の一人なのである。同じ年の誕生だから同級生の可能性があるわけである。

広島大学
   (写真は 現在の広島大学)

「古い友人」とはこのあたりを意味しているのであろう。これを詳しく詮索するのはこの記事の主題ではないから、ここまでで留めて置く。

今日、書きたいのは「玖村敏雄先生」が、ペスタロッチの伝記に取り組もうとしていた時に、「定本版・吉田松陰全集」の企画が具體化し、意見を求められたところから、玖村先生の研究目標が大きく変化したのである。玖村さんは学者としての「人生の選択」にあたって、初心を変更するに躊躇して悩み抜いたようである。


西晋一郎


そして、恩師である「西晋一郎」に相談に伺ったのである。
此れに對して西先生は、「ペスタロッチ傅」をライフワークとすることと「吉田松陰全集」刊行に尽力することの「意味」を詳しく説明したという。
「ペスタロッチ傅」は玖村君でなくても研究・刊行は可能で、後継者の研究でも可能であるが、「吉田松陰全集」は「全日本」の意義があるから、松陰全集の刊行・研究に打ち込むべきだとの教示を受けて「吉田松陰研究」を撰んだという。

玖村敏雄先生


恩師の期待に沿うべく、以後の玖村さんは松陰研究に誠心誠意打ち込んだという。これは、玖村さんの門下生たちの筆になる『玖村敏雄先生伝』に臨場感をもって書かれている。
松陰研究には、「漢文の素養」「中国古代史への精通」「中国思想史」「日本の幕末史・毛利藩」等に就いて精通していなければならない。
「鬼神」ということばがあるが、それを彷彿させるほどの打ち込みようであったと門下生に回想されている。


一般に吉田松陰研究は「教育学・教育史」の観点から研究されるケースと「日本政治思想史」の面から研究される場合が多いといわれる。そしてまた「日本近代史」の分野からも研究がなされる。

今、吉田松陰の研究書での秀逸な著書(複数も含む)を挙げるとすれば、徳富蘇峰の『吉田松陰』と玖村敏雄の『吉田松陰』関連書、そして現代の海原徹先生の『吉田松陰』関連研究の三者の著作がそれに該当するのではないかと思われる。
徳富蘇峰の場合は『近世国民の歴史』という「社会史」的な観点からの叙述であり、玖村敏雄・海原徹先生の場合は「教育学」の分野からの研究といえるかと思われる。ただし、研究方法が玖村先生の場合は「教育者としての吉田松陰像」に對し、海原先生は「松陰と言う教育者の総合的な誕生背景」を網羅しながらの研究方法といえるだろうか。
しかし、吉田松陰の研究は管見の限り「慶應義塾」の福澤諭吉研究と双璧と言ってよく、誠に詳細の限りを尽くした各方面からの研究成果の刊行をみている。

福澤の場合は慶應義塾という一大教育機関が総力をあげて、微に入り細にわたってなされているのは当然としても、松陰の場合は山口県教育会という後ろ盾があるものの、各層に亘る非常に広い分野から研究発表がなされている。日本人の典型と原点を問うかのようである。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
> いいじゃん!

この記事は、自分でも精一杯かきました。
【2012/12/19 23:06】 URL | #- [編集]
 
いいじゃん!
【2012/12/17 01:45】 URL | 惠藤憲二 #SFo5/nok [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/236-0ffba38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR