長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幕末の「越前藩」のこと
【2013/02/24 18:52】 エッセイ
 
幕末「越前藩」松平家

越前・福井藩は徳川家康の次男「結城秀康」を藩祖とする江戸期の名門親藩である。二代将軍徳川秀忠の兄であるから、養子に行かなければ「御三家」の可能性もあったのであろうが、江戸城での将軍伺候の「控えの間」は最上格の「大廊下詰」であった。
この「大廊下」には上下があって、「上之間」が御三家、「下之間」が加賀前田家と越前松平家であった。これとは微妙に異なるが「溜の間詰」があり、これも格式を誇る。とりわけ「常溜詰」といって彦根井伊、讃岐松平、会津松平の三家のみであった。いずれも将軍の諮問を受ける名門中の名門の家柄、格式なのであった。
松平春嶽25.2.24


これで分るように、井伊直弼が桜田門で殺害されたあと「松平春嶽」を大老に押す動きがあったが、「格式」が大老以上の家柄であることからして「政事総裁職」という大老以上の「格」という新設の職責に就任したのである。この頃「一橋慶喜」も「将軍後見職」という新設のポストに就任している。
いずれも揺らいだ幕府権力や権威を取り戻そうとしたわけであるが、大変矛盾していることに、此れを要請したのが無位無官の外様大名「薩摩藩・国父」の「島津久光」であった。長州藩の「航海遠略策」に遅れまいとして、藩兵を率いての上洛であったのである。時に文久二年のことである。

島津久光のこの京都・江戸への上洛は大変に物議を醸すことになる。
まず京都で突出しようとした自分の藩の志士たちを池田屋で上位討ちにし、京都からは公卿を引率(護衛)して幕政に容喙するという破天荒なものであった。
さらに、帰路に有名な「生麦事件」を起こしてさっさと帰国したのであった。
井伊直弼24.3.25


幕府も「なめられた」ものである。井伊の殺害以来急坂を転げ落ちるように、権威や権力の低下を大急ぎでやったようなものである。また「幕末四賢侯」と呼称された諸侯がいた。
松平春嶽、島津久光、伊達宗城、山内容堂をいうのであるが、これに一橋慶喜を加えて「参予会議」なるものが元治元年に朝廷から召集された。しかし足並みがそろわず、意見の不一致から雲散霧消してしまい失敗に終わる。

さて本題の越前藩の話題に戻ろう。名君(明君)の誉れが高かった松平春嶽は、御三卿の筆頭「田安家」の出身である。家格といい、出自といい、江戸期に在っては名門中の名門大名である。その華麗な閨閥を誇る親藩の筆頭・越前松平家に養子として入り、藩主の座に就く。有能なブレーンに恵まれ、春嶽は名門大名に相応しい活躍をする。中根雪江、鈴木主税、村田氏寿、橋本左内、三岡八郎(後の由利公正)らを率いて安政の改革を断行する。
横井小楠25.11.02


また、熊本藩から「横井小楠」を顧問格として招請し、人材登用と育成、財政改革、藩論をいち早く開国に纏め上げるなど藩政には、顕著な実績を残しながら、幕閣にも「物申す」など活躍をするが、徳川政権末期ということもあって尊王敬幕の立場を貫くのは困難を極めたようである。

親藩筆頭であるから「討幕」には極めて慎重で、内心の葛藤と苦悩は計り知れないものがあった。この話は、先日福井を訪ねた時に伺った話で、地元ならではの貴重な「とっておき」の話であり、説明を聴きながら春嶽公の胸の内を覗いたような錯覚に陥ってしまった。何とも有難い貴重なお話を伺えたものである。
この話をして下さったのは「山下一郎さん」という、「福井歴史ボランティアグループ」で「語り部」をされている方である。さすがに詳細にわたって知悉しておられ、誠意ある説明には思わず聞き入ってしまうのであった。紹介して下さった間宮一二さんに感謝である。

十年近く前に、「萩市」を勉強のために訪問した時にも「元教育長」を務めた方が、詳しく説明をしてくれたが、今回も同様にまたとない恵まれた訪問となった。

福井市立郷土博物館から始まって、新田塚、藤島神社、足羽山の旧跡や継体天皇の像、左内公園、横井小楠や坂本龍馬に因んだ場所、そして福井城や福井神社等々至れり尽くせりのご案内をしてもらった。
それも終日の説明であった。

吉田松陰25.11.09


福井訪問は別件で隣接の鯖江市を訪れたのであったが、鯖江では安政期の老中を務めた「間部詮勝」の菩提寺も見ることが出来た。
吉田松陰が幕府評定所での取り調べを受けた際、いわずもがなの自白が間部老中の暗殺計画であった。
草莽崛起の実践としての机上プランではあったが、結果として、井伊大老に「死罪」を決断させたのである。

歴史と言うものを、人物を通してみていくのは歴史学の立場からは正統派の研究方法ではないが、歴史は人が作るのである。
経済現象の底流に「経済人」が存在するのと同様であろう。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/249-46104df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。