長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「吉田松陰の兄への嘘」
【2013/11/24 23:12】 エッセイ
吉田松陰の「たった一度の嘘」

吉田松陰は、生涯「言行一致」を貫き通した人である。
この松陰が、こともあろうに、最も「偽りを戒めていたはず」の兄・梅太郎に「已むに已まれぬ」思いながら「偽りの約束」をするのであるが、「本心」をどうしても言えなかった。 「一心同体」のような、「以心伝心」の兄は、松陰の言動から察知して「誓紙」を書かせる。
今日風に言えば、「天地神明に誓って、偽りなし」の誓いの署名記述書類と言えようか。
杉梅太郎


それは、下記のような事情があった。嘉永7年1月に再航したペリーの艦隊を利用して(お願いというべきか)、徳川政権下で「禁制」であった、海外への渡航に挑もうとする行動であった。 その時の松陰の言動に疑問を抱いた、兄梅太郎は、確認をするために松陰の署名を求めた。
二才年上の兄「梅太郎」との兄弟愛は、読む者をして感動させられる書簡が沢山あるのであるが、この時だけは、弟の松陰も固く心の扉を閉ざしていたのであろう。しかし、ありがたいことに、150年以上経過した今日、「吉田松陰全集」が刊行されているために、この関係が詳しく解かるのである。結果は、ご承知の通り松陰師弟の逮捕、拘束となるのである。以後、吉田松陰は自由を奪われる身で生涯を終えることになった。
実は、此のことで「吉田松陰」の存在が、萩藩の松陰から、いわば全国区としての松陰の存在になるのは、松陰自身気付いていたかどうか。それは、明治二十六年の徳富蘇峰の『吉田松陰』がそれを実現することになる。松陰が書き遺した『回顧録』では、暗に、それを期待する記述がある。神がかり的な「松陰像」とことなる、人間的な側面を垣間見ることが出来る文である。

一般に、「時の法」つまり「禁制」を自分の意志で犯すことは、命がけであった。当然、「必死」、つまり、私を賭しての行動であった。失敗すれば「極刑・死刑」が当然予測された、覚悟の上でのことであった。だが、松陰は徳川の「法」や「政治」の在り方は「私」的な法と、政治であると見抜いていた。徳川に都合の良いようにすべてが、運営されているのだという見解である。弟子の金子重之助との決死の行動は、今日では、殆どの「松陰ファン」なら、ほとんど常識化しているほどに、このことは知られているのである。松陰は、幕府の取り調べ方への証言に、そのまま真っ正直に答えている。こうした、人間性が、吉田松陰の人気を今日でも衰えるどころか、逆に「益々拡大している」のである。幕府の奉行からの取り調べに対して、隠すことなく答え、奉行をして感心させてしまう。松陰の国を想う心が、取り調べ人の心を動かし、国元蟄居という寛大な裁決を見たのであった。
正装の吉田松陰2012.3.30

松陰の人気を裏付ける要因の証左の一つに、関連本の発刊がある。近代日本人で、これほどに繰り返し、繰り返し、視点を変えながらも一人の人物像研究がなされたのは、稀有のことである。福澤諭吉とともに双璧をなすものであろう。但し、福澤は「慶應義塾」という、一大教育機構たる学園を創設したから、信奉者が続出するのは吉田松陰と事情は異なる。松陰は、「山口県教育会」が福澤のそれに該当するかもしれない。

論文、伝記からはじまり、部分的な「松陰像」を語る本や出版物が、後を絶たない。この現象を、どうとらえるべきか。「代表的日本人」は内村鑑三の名著として、「岩波文庫」に収載されて、恐らく今後の百年間は、その著述意義は存続するものと考えられる。
ふくざわと異なるのは、「任意の研究」と、学祖としての研究事蹟の相異があるだろう。
慶應義塾に学んだ者は、「福澤先生」は慶應義塾の百五十年間で唯一、「先生」と尊称されるので、特異な存在である。吉田松陰の場合は、山口県にある「松風会」がそれに近いが、慶應義塾と云う、共通の基盤に立っての研究と異なり、全日本とも云うべき「研究の自由」対象となっている。

さて、吉田松陰の「たった一度の嘘」は、単に杉家・吉田家の範囲にとどまらない。嘉永7年当時の、特殊情勢の下で、多分葛藤の末に、内心では詫びながら言ったことであろうことは、容易に察しが付く。自分や家族・親族に万一迷惑をかけることになるかもしれないという、ギリギリの心境であったに違いない。
「十年一昔」と云われる。松陰が決行した「下田密航」は、不幸にして失敗に帰したが、十年後には、新島襄が当時の蝦夷(箱館)から成功している。明治六年までの十年間を米国ですごし、此の間、幾つかの教育機関で学び、「学士」の条件である大学を卒業しているのである。成功と失敗は紙一重である。失敗した松陰は、政治犯として不遇の晩年ながら、「松下村塾」での教育成果は、教え子の門下生が多くの成功物語の人生航路を歩む。新島も、徳川治世下の時代をまたいで明治六年、ある種の凱旋帰国を果たし、信念を拡張して多くの賛同者を得て、「同志社大学」をはじめとする、一大学園の開祖となる。

日本人は「歴史好き」といわれる。それは「皇国史観」の影響もあったに違いないが、「尊王」という、極めて特殊な「皇帝」を創出した「明治天皇制」国家の産物とも云える。 吉田松陰が「獄中で書いた」『士規七則』という、従兄弟の元服(今日の成人式に相当)に書かれている。「万葉一統」という統治責任者が、連綿と続いているのは、吾が日本特有の優れた国体であるとして称えた。これが、戦前の「松陰ブーム」として、時の権力に利用された。松陰は黄泉の国から、大変に曲解で「はなはだ迷惑だ」と言っているに違いない。

『華夷の瓣』は、そんな次元で記したのではないと、叱責しているに違いないと想像される。何故か? 日本人は、自分の死を恐れるあまり、自己責任を回避する傾向がある。東洋思想の特徴の一つに「天」という特殊な概念がある。西欧でいう「神」に近いかもしれないが、「天」から与えられた「皇帝」が即ち「天皇」なのだ。したがって、「徳」を備えた人格として、日本人は崇める。反面、神聖にして犯すべからず、と謳い上げて「天皇の命令という形で」国家の大事の判断を仰ぐ形式を踏んだ。この天皇を連綿として、千年以上続けさせている国、それが大日本というわけである。

「極東軍事裁判」が、西欧の合理主義的発想から「戦争責任者」を割り出すのに、苦労をして複数の国家指導者を極刑に処した。多分、共同責任で断を下したに違いない。 広田弘毅は、こうしたことの連座であって「ただ一人の文官」であった。しかし、従容として死刑台に臨んだ姿は『落日燃ゆ』を読んだ経験者は、このくだりを感動とともに読んだに違いない。そう。吉田松陰も、最期は同様であった。このことは、江戸期の「首切り淺右衛門」が明治になって回想している。「多くの首を切ったが、安政六年の長州人ほど天晴な最期を遂げた」人物はいなかったと。自分や親族の命より國家(大和民族)の命が大切であったと。こうした信念故に、云いたくなかったはずの兄に、「虚言」で急場をしのいだのであった。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/281-6c5bfbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR