長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「村田清風伝記編纂」依頼
【2014/05/05 16:39】 エッセイ
村田清風の伝記編纂』依頼

吉田松陰は、安政二年七月に「小田村伊之助宛」の書簡で村田清風の「伝記」編纂を依頼している。村田清風が死去したのが安政二年五月二十六日であるから、死去後間もない頃である。松陰自身は、参政村田翁を挽すという「漢詩」を書いている。明倫館の舎長兼講師見習いの儒者であった小田村に「有志」を募り、その総裁役を依頼しているのである。これは諸般の事情から実現できなかったが、吉田松陰の村田清風に対する敬仰の思いが強かったことを偲ばせてくれる。長文の書簡であるが、記して見る。
村田清風


小田村伊之助宛 七月十四日 松陰在野山獄・小田村在萩

新涼日々人によし、読書の候正に此の時に御座候。益々清勵想像し奉り候。小生頑然舊に仍る、御訪懷下さるべく候。扨て先日は御高作拝見、何卒小生へ下され候分御改録賜はり候様希ひ奉り候。村田翁を哭する詩、雄篇大作甚だ觀るべし。小生これに付き案じ付き候事之れあり。
翁は近代の人物、物故いたし候事實に大慟すべき事なり、但だ傳ふべきは其の行實なり。䔥海生へも傅を立て候様に申し遣はし候間、彼の生は紛冗且つ甚だ精勤も致さぬ趣に候間、能く其の事を成すや否やを知らず。夫れは成るにもせよ、漢文に撰び候へば自ら簡浄に作り立て候ゆゑ事實も漏脱多きは免れぬ勢いに付き、何卒學中有志の士も餘分に之れあるべく候へば、貴兄其の総裁をなし、翁の行實一篇を眞仮名位に出來候はば甚だ妙なるべし、僕眼中の人中谷正亮・小川甚兵衛など幸ひ各々其の父の傅説も之れあるべきに付き、此の両人などへ託し、其の聞く所の確實なるものを輯録せしめば亦良材料も出來申すべく、此の段勘合成さるべく候。
實に翁の行實は翁を傅ふるのみならず、國家更張の美擧も是れに因りて傅はり申すべく、且つ後来、政に當たるものの心得になる事も之れあるべく候間、何卒御心を盡され候様國の為め希ふ所に御座候。扨て幽囚奴輩が色々申し候事も實に以て恐れ多く候へども、國家のの事如何成り行き候や、虜氛漠々、志士高枕の時に非ず。第一志士心を協へ候はでは、迚も事は出來申す間敷く候。嫉妬猜疑の心根を絶滅する事大急切の事、上下貴賤茲に心付き候者幾許ぞや。萬後次に附し候。不乙。
十四日             寅二郎
楫取素彦

尚ほ以て先日阿兄へ託し候河野某の書、誠に御面倒の至りには御座候へども、飯田生などへ篤と御示談下さるべく候。河野の人となり僕深く洞悉す。褊狭小狡の所も多し、但だ其の才用ふべき所あり、且つ義に遷り易き一種の質あり、亦愛すべきのみ。僕敢へて之れを馭すと云はずと雖も、此の人を得て頗る益あり。因って思ふ、天下に才なきに非ず、用ふる人なきのみ、哀しいかな。
    文侯大兄  足下 
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/301-c29cec5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR