長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「個人の全集」への思いについて
【2014/06/16 22:10】 エッセイ
「個人全集のいろいろ」

「吉田松陰全集」は昭和六年九月五日に企画の発議がなされた。(編纂発行の経過大要・定本版・第十巻巻末・山口縣教育會主事・齋藤彦一氏記述)
そうして、この刊行がなされたのは、発議から四年半の日時を要してこぎつけたのであった。この間の裏事情は、上記に精しく記述されており、私はかつてこの自分のブログに全文を転記したことがある(大変でした)。「菊版で13頁」を費やして詳述されている。大変な労力を費やしたことに敬意を表したい。


精読すると、殆ど「国家的な事業」に匹敵するような印象さえ受ける。さらに、この全集が完結した時に「宮内大臣」の許可を得て「天皇陛下」、「皇后陛下」、「皇太后陛下」に獻上を差し許された(第十巻・巻末十四頁)との記述があるように、山口縣教育會の執念に思いを致さざるを得ない。 「一市井人の個人全集」が、皇室関係者に「献上」される栄誉は聞いたことがない。まさに、吉田松陰が高杉晋作に教えたとおり、「死して不朽の見込みあらば、いつでも死すべし」を、先生が実践して見せたのである。これに奮起した高杉晋作のその後の活躍ぶりは、多くの高杉ファンを持つことになった。「吉田松陰なくして、高杉晋作なし。反対に、高杉晋作なくしても、吉田松陰は不滅の人として、今後も生き続ける」だろう。

吉田松陰結跏趺坐小

今日、「山口県出身者」との会話から読み取れることは「明治維新」の実現努力への誇りが、会話の端々に感じられる。極論すれば「明治維新は、長州が成し遂げた」と云わんばかりと聞き違える程である。その原点に「吉田松陰」が存在しているわけである。
通常、明治維新を概観した言葉として、その貢献度からの序列的な云い方として「薩・長・土・肥」の四藩が語られる。だが、一人「長州藩」は、その努力において、そして「費やしたエネルギー」の「高温度」的な感覚が突出している。

掲題に戻ろう。「坂本龍馬全集・全一巻」が昭和五十三年五月に「光風社」という出版社から、「限定千五百部」として刊行されている。監修者は、かつての土佐藩主の「山内家」の文書研究のしごとに携わった「平尾道雄」氏で、編集・解説は「宮地佐一郎」氏である。
およそ「一千頁」の菊版で大著である。

坂本龍馬には、吉田松陰の「藩主への上書」のような「公的な文書」がない。大半が「書簡」である。しかも、この全集の価格は「二万円」という高価である。ご丁寧に、各書簡に「解説」が施されている。唯一の興味は「史料」が写真として掲載されていることである。「全集」に編者や監修者の解説が施されていると、「研究の完成」のイメージがあって、そのまま受け入れればよいような錯覚を起してしまう。 でも、これは「親切な編集」と言ってよいのだろう。「高杉晋作全集」なども、現代語訳が付されていて、「大意」を理解するのには、大変便利である。

同じ、「全集」といっても随分とその内容は異なるようだ。完成度の高さからすると「吉田松陰全集」と「福澤諭吉全集」が最もそれに近いように思われる。福澤諭吉全集は、慶應義塾の創立者ということも与かって、慶應義塾の総力を挙げて編纂された思いが伝わってくる。私達は「全集」ということばに「先入観」を抱いているかもしれない。
「研究者への資料(史料でなく)」を提供するというのが「全集」と私は思っていた。
それは、先入観であって、眼目とするところは、多くの理解者を得るための一助となる。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/304-8c34d2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。