長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『村田清風』小伝の「序」
【2014/08/20 19:50】 エッセイ
 
『村田清風小傅』のこと

我家に掲題の本がある。萩市の香川政一さんと云う方の著作で、昭和十三年に刊行された古書であるが、一定水準の条件を満たした「村田清風の伝記」が存在しない以上、これは貴重な本である。巻末には「古式豊かな」年譜も記されている。 この本の『序』に村田清風の孫にあたる村田峰次郎さんが、謝意の文を書いている。大変参考になるので、転記してみようと思う。
村田清風


長防二州の夙に勤王の大義を唱え、時難匡済の国策に務めて克く大政維新の鴻業を賛襄せるは、もとより天下周知の偉勲にして、盛名赫々、金石竹帛を仮らずして万世に伝わり、以て日月を光と争う、およそ物の現わるるや必原由あり、事の成るや必ず之を為すの力無かるべからず、仍て維新の史蹟を知らんと欲せば、當初に長防史伝の読習を忘れることなかれ、これ二州人が同心一致、率先して難局に貢献せるもの多ければなり。

幕府の末造に當り、風雨晦明変異多く、山川草木震動の擾乱を演ぜり、二州は幸に藩政の陋弊を掃蕩して好模範を天下に垂れる、いわんや歴世の藩主賢明相継ぐ、就中天保の改革に際して奮って善政興隆の術策を施したり、特に毛利敬親公は不世出の英資を抱きて、専ら藩治の難局を整理し、教育、軍備、理財に新生面を開けるもの少なからず、又さらに新時代の需求に応じて外来の長技を択んで我が短所を補い、往々後人を驚かすべき現象を観しにあらずや、しかのみならず公が列祖の偉蹟を承け絶代の大功を樹てたるに対し、朝廷は特に正一位を陞贈し、別格官幣社を以て永久に追祀し、光栄豊なる褒賞を賜りたり。

この非常時難局に當たり、公の事業を補佐せるもの其人少なからず、吾祖父村田清風も亦公の殊遇を承け、諸君子の翼尾に附して多年藩政に参与したりき、清風渾身の努力、屢々死を賭して斡旋せるも事長く命短し、如何に勤勉するも平生志望の万一に酬ゆる能わず、然れども多年奮勉の効果果して幾分なりとも補益するあらば、清風の幽魂必ず感喜瞑目せるならん。

進藤義輔君は稀に見る豪俊なり、夙に清風を欽慕して已まず、今回独力に頼り銅像建設を計画せり、惜しむらくはその事未だ成らずして卒然長逝す、姻戚陸軍中将藤田鴻輔君、進藤君の遺族と謀り、遺志を継ぎて之を完成し、萩市勤王館庭上に建設したり。
銅像製作は東京美術学校教授、関野聖君担当し、礎石嵌入の絵画は藤井禎三郎君之を考案す、又萩図書館司書香川政一君伝記著作を担当せられ、いずれも十二分の精能を竭くされたり、眞に永遠不滅の記念なり。
いまや進藤君を地下より起し、式場に迎えて共に大杯を傾け、快絶なる壮語を聞く能わざるを以て無窮の恨事となすのみ、ここに伝記稿成り将に印刷に付せられんとす、仍て詹言を識し謹みて謝意を表す。

昭和十三年戊寅四月十日
村田峰次郎拝記
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/309-32bd357d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。