長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「上杉鷹山」の参謀「藁科松伯」の書
【2014/10/08 16:15】 エッセイ
「鷹山公世紀」巻之一
上杉鷹山


(明和五年)十二月十二日、侍医藁科滞貞祐書を小川源左衛門尚興に與う、尚興は當時の威仁にして學を好む貞祐及び竹股當綱等少年の時、皆之に師事す故を以て親善なり。尚興大臣宿将等の大倹を喜ばず、国政を非難し併せて公の御一身を批議するを憂い書を裁して貞祐に與え其の注意を促せしかば、貞祐復書して曰く、無用の事ながら御答え申上げ候、如仰難き物は治国の道、昔より同じためしに候。堯舜の聖代とても其の代其の時の人々萬か萬千か千まで足りし事には御座有る間敷く候。されど、後の世に比べて見れば黒白の違いに難有ることのみに候間、今の世迄も堯舜の御時は聖代と申す事に候。堯舜の聖智にても一人仕事には鹽梅の出来ぬ事ゆえ、百官諸職を設け甘き酢に鹽に取り合いて鹽梅の出来申す事に候。いかに小国なればとて國は國に相異御座無く候。それをいかに御聖智に入らせられ候とて、血気未定十九二十の御歳にていかで國中へ御仁徳の姥も嬶も嬉しかり候様に行き届き申す哉され共近代の有様は打續候ゆえ、誰が奢を勤むるとなしに秋津洲一統に奢り立ち候て、誰も彼も奢りの腹に生れ出、奢りの内に育ち候えば貧乏するは何故との合點無く、只目出度し難有しと囃立ち候程に、世界には愁というものが有るかとも難儀という事が有るかとも知らぬ衆達人情というものを露合點の行かぬ風流人の旦那ぶりて座しては褥に坐し行くには馬駕籠にゆすられて行き給うて暑いも寒いも放題なしか一國の人君と仰がれ給うゆえ主様の仕事は茶の湯俳諧碁雙六三味線浄瑠璃歌舞伎能謡い偶々書物好きという君も楽がなくて惡いの惜しいのと御意あるやら勤むるやらヒチリキや笙や音楽に囃し立て、此頃は楊弓も射厭き給うて禮記の投壺か傅わらぬか惜しいとて投壺の製作ありて酒飲共の拳の代わりに用いられ候内四座の猿楽共を師匠とて尊敬あるか足らずして瀬川露香や市川三升を先生同然の御取扱いに御親しみ成され候も珍しからぬ大名衆の有様に御座候所に生れ落ち給うて去年九月十七日迄は木綿という物は肌へも着て夢にも御覧遊ばされぬ荒き地合の木綿襦袢上から下まで今日か今日まで召しおわしまし候仁徳は當時目のあたり見れば格別にも存知ぬ様に御座候得共是を草紙の端にても書て置て百年も後から評判仕候て世上の道楽衆から見れは雪と墨の違ひにては御座候哉此仁徳の國中へ行渡り候様に育て壙け申は鹽梅上手の諸太夫諸職人の御手際次第にも可有御座候哉爾し當時の勢ひは最早太平打續四海静過ぎて上下共に奢りの病根ゆへ次第に病症顯はれ申候て誰も彼も氣むつかしく御座候間腹立氣持の人情に成候ゆへ少しも常に變り候事か御座候へは人の心動き立候てふうふう仕様に御座候況や少しも年貢取立百姓あたりの辛き事か常に變り候仕形かあれは年々に打續候てそこもこヽも一揆徒黨の沙汰にて日光か濟まは山縣大貮か出現大坂か騒けは佐渡ゆヽ伊勢路ももめれは越路もかしましく斯様に百姓の心騒かしく成行き候も畢竟は一度は治り一度は亂れ候天道の事に御座候へはそろりそろりと天下のゆるヽ兆しも可有御座候哉實に國を持給ふ主様方の御用心時に御座候されは一統斯様に御座候へは政事のはきはきと無御座善き様にてもとこかとこやら面白からぬ様御座候ても米澤計りにては無御座事にて畢竟一代の気運に懸り申す事かと存じ候。
なせば成る
岩波文庫の『代表的日本人』にあげられ、米国大統領だった「ケネディ」さんが尊敬する日本人として、『上杉鷹山』をあげたことは、多くの日本人の方々の知る所である。その有力な「藩政改革」のブレーンであった藁科松伯の有名な分を書きとって掲載しました。残念ながら若くして死去してしまったが、長生きして鷹山の名声が将軍家斉の知る所となり、特別な「褒詞」を賜った姿を見て欲しかった。竹俣当綱、莅戸善政とともに「藩政改革」に取り組み、崩壊寸前の上杉家を立て直した。小大名の次男から、名門の外様大名家に養子に入るにあたって、高鍋藩の老臣からの訓戒書を生涯身に着けていて守り通した。そうして、養父の先代が在世中に隠居した時に世子に与えた「伝国の辞」とともに、「なせばなる・・・・・・」の名言を残し、江戸期を通じて「名君中の名君」となった。戦国の上杉謙信以来の家柄を守り抜いた、正しく「代表的日本人」の一人となったのである。恩師を含めた出身大学の奨学金創設活動の仲間と、米沢へ行ったがその時色紙を購入したが、どこに蔵したか失念で目下行方不明。残念。
ケネディ大統領


この「鷹山公世紀」は明治39年の刊行ですから、相当に古くに発売になっている。当時は、日露戦争に勝利して、日本の近代化が成功したとの思いを、国民の誰もが抱いたに違いない。しかし、このあたりから、日本が少しづつ国の舵取りがおかしくなってくる。「帝国国防方針」が、山県有朋の指示で、田中義一大佐に起草させた頃である。陸軍省が、陸軍大臣を「天皇直属」の論理で、辞めさせるという横行が出始める。上杉鷹山の「伝国の辞」の精神を知らない、山県有朋系の軍人たち。昭和の初めに「」上杉鷹山は修身教科書に登場してくる。「国家を私すること」を強く戒めた、この訓戒は米国大統領だった「ケネディ」さんをして、尊敬する日本人とさせた。ケネディ大統領の、就任演説はこの鷹山の傅国の辞がヒントになっていることは間違いない。

江戸中期の藩政改革をなしとげ、「漆の実の実る国」に改造した、小藩からの養子の藩主。多くの日本人は、この鷹山を祖先に持てた事を誇りとしなければなるまいと思うのである。同じ、福島県安積高校出身の大学者にして歴史研究者の「朝河貫一博士」が『日本の禍機』という警告の書を書いて、日本の行動を世界認識不足としたことを知って居る人は少なくなってしまった。我々は、上杉鷹山と朝河貫一先生のことを、もう一度勉強する必要があると強く思う。「一度はみだれ候、天道の事に御座候えば、そろりそろりと、天下のゆるる兆しも有るべく御座候」と米沢藩の儒者「藁科松伯」の、慧眼ゆえの名言である。この時代に、徳川の行末を洞察して居た人物がいたことは、驚くべき事である。文字色
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/312-2ac60f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR