長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『吉田松陰の人気度』
【2014/12/25 21:54】 エッセイ
「吉田松陰の講演・講座」

吉田松陰という人物は、大変に人気がある。しかも、私の印象では右翼とか左翼とかの偏りがない。日本人一般に多くの方々の支持層があるように思える。もしかしたら、年齢層は高いのかもしれない。
それはどうしてなのだろうかと、何時も考えている。日本人の原点を持っているからなのであろうか。吉田松陰ほど日本人の香りを漂わせる人物は少ないように思うのは、私だけであろうか。
自分の全生涯をかけて、日本の国土、領土、精神を守り抜くことに費やしたエネルギーは計り知れないものがある。
しかも、活躍した時期は、常に「幽囚」の状態で、いわば、「自由を奪われた身」での、極端に制約された境遇の中での活動であった。「志」を貫いた強靭な精神力が、日本人の共感を呼び起こすのであろうか?
しかし、不思議なことに自分からは、「私は吉田松陰のファンです」、とほとんど語らない。それはなぜか? おそらく、楽しむといレヴェルが「面白い、楽しい」というのと次元が異なるのだと思われる。
通俗的な言い方が許されるならば、いわゆる「ミー・ハー」的なファン層と異なり、自分の人生観と照合させながら、心の内で共感を呼ぶ何か、があるからであろうかと思われる。
趣味的な楽しみ方と異なるような気がしてならない。
松陰正装画像


私の言葉で表現するなら『大向こうをうならせない』、普通の人達が、真剣に自分の人生と吉田松陰を重ね合わせて模索している人達のように思われるのだが、それは、私だけの独りよがりなのであろうか?
平成27年度のNHK大河ドラマで、「吉田松陰のゆかりの人々」が取り上げられることになったが、放送直前の今、吉田松陰についての講演や講座で語れる講師探しが大変なようである。
私が、番組発表以来で依頼されたのだけでも相当な数に上る。

因みに、これ等を書き出してみると、以下のようになる。これは、NHKでの「ドラマ化」が発表されてからのことである。
それ以前を書き出すと、殆ど書ききれないほどの多くの数になる。
それでも、なにかの契機がないとこうした現象は起らない。「待望久しい」人物の登場のようである。ある人曰く、人生が29年という短いこと、あまりにもストイック過ぎて面白みに欠けている。
以上のことから、「視聴率」が稼げないとの、もっともらしい理由を聞いたことがある。なるほど、そうかもしれないと思い当たる節はある。それでも、これほどの講演、講座で語る機会があったのだ。


(1)講座
① 2013年秋、「茨城県県南生涯学習センター」(幕末維新のヒーロー達の講座で2回)
② 2013年秋、「大東文化大学オープンカレッジ・板橋」(特集・吉田松陰の研究5回)
③ 2014年春、「大東文化大学オープンカレッジ・東松山」(特集・吉田松陰の研究5回)
④ 2015年春、「いきいき埼玉・伊奈町」(吉田松陰と松下村塾4回)
⑤ 2015年春、「茨城県県南生涯学習センター」(早春講座:吉田松陰とその家族5回)
以上が、講座で21回に及ぶ回数となる。
この他に、ある放送局での13回連続の「歴史講座」を予定しているので、吉田松陰とかかわり続けるような状態である。


(2)講演
① 2014年12月、「TAMA生涯学習センター」  80名
② 2014年11月、「さいたま新都心合同庁舎」    270名
③ 2014年10月、「印西市歴史愛好会」     60名
④ 2014年09月、「所沢ロータリークラブ」   40名
⑥ 2014年08月、「水戸文化センター」    670名
⑦ 2014年06月、「高崎豊田屋旅館」     30名

以上が、講演で「維新の先覚・吉田松陰」または「吉田松陰とその家族」の演題である。

因みに、NHKの大河ドラマには取り上げて欲しい人物が自薦他薦で目白押しのようである。私の知り得た範囲でも「山田方谷」、「河井継之助」、「武市半平太」、「鷹見泉石」等々である。
いずれも、放映されれば多くの日本人の為に裨益が多いだろうと予測される。
誠実に、日本の為、藩の為に尽くそうとした方々だ。
埋もれた人材と一括りしては失礼だが、是非とも実現して欲しい人々と思う。
「娯楽と教養」がセットで楽しめると思うのだがどうであろう。
別の意味では、「田中正造」という人物も、功利に走らなかった真摯な人物だったように思います。
日本を知るという意味では、何時の日か主人公に抜擢して、その人の「真の人物像」に迫ってほしい人物である。
古代史の人物では、イメージに対して時代背景が分りにくいという難点があって、視聴者はとまどいがあるのではなかろうか?
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/317-6595402f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR