長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

「吉田松陰と橋本左内」①
【2015/02/25 11:50】 エッセイ
「吉田松陰」と「橋本左内」①

今日は、「安政の大獄」関連で犠牲となった逸材二人について、思い出すままに書いて見たい。一般にこの二人を死なせてしまったがために、井伊直弼の評判は頗る悪いことになってしまった。逸材だっただけに、国民的感情も井伊にはアゲインストの評判・印象となった。権力の恐ろしさと、忌々しさをこれほど濫用した人物は日本では少ない。
この二人が何故に「刑死」しなければならなかったか? 幕府政治に刃向った行動でなく、井伊や徳川幕府にとって危険性があったというだけのことである。共に二十代で生涯を断ってしまったのは残念で、残念でならない。
『吉田家本・吉田松陰座像』


そもそも、井伊直弼が「大老」に就任したのは特殊事情が背景としてあったのである。嘉永六年に米国太平洋艦隊司令長官のペリーが、軍艦四隻を率いて「鎖国日本」に「開国」を迫り、「砲艦外交」という「軍事力を背景にした脅し」で徳川幕府を屈服させたことから、日本は「危機」を迎える。その危機とは、「侵略または植民地化」への恐れである。
アヘン戦争情報が「オランダ風説書」によって、長崎奉行に届いたのが天保九年の開戦一年前で、一触即発の状態にあった内容である。翌年にそれは現実のものとなり、二年後には清国の敗北にて南京条約で終息を迎えた。そうして150年間の長きにわたって、香港の割譲を強いられた。日本にとって、世界で最強の大国と思われていた清国が、こともあろうに「大敗北」を喫してしまった。

当時の日本は「水野忠邦」が天保の改革で悪戦苦闘していた。この情報を得るや、幕府は「無二念打ち払い令」を早速に変更して「薪水給与令」にする。一時的な対応策として、寄港を認めるという緩和策であった。18世紀末の松平定信の治世から異国船が日本の近海に出没しはじめ、国交を開きたいとの要求が始まる。以後、文化・文政年間にはこれにまつわる「事件」が発生する。年々その開国要求は頻度を増し、鎖国体制の維持は困難の度合いを強めていった。

天保・弘化・嘉永と外国船の到来は増加し続けて弘化年間には「ビッドル提督」が軍艦二隻を率いて浦賀にやってきた。これは、ペリーのような強引な要求でなかったことから、退去した。しかし、ペリーの来航は、遠からず現実性をもつものと幕閣に受け止められた。オランダ国王の「開国勧告書」が正式に幕府に出されたのもこの頃である。
ペリー来航の後、12代将軍家慶は病死する。後継の13代家定は病弱で、後継者を選ぶ必要があった。そこに、日米和親条約が締結され、二年後「日米修好通商条約」交渉役として「ハリス」が下田に来日した。二年後この条約は井伊の強行策で締結される。この「条約締結問題」と「将軍継嗣問題」の解決をめぐって惹起されたのが「安政の大獄」である。

「ペリー」来航以来、外交経験のない日本は対応策に追われる。先ず、「大統領親書」受取りから始まり、再航前に対策を「公募」して幕府は「外交特権」を自ら放棄して良策の意見書を求める。此の中で出色の出来栄えが「勝海舟」の建白書で、彼はこれを機に歴史の表舞台に躍り出る。意見書を募ったことが、閣外に置かれていた外様大名の政治介入の端緒となり、将軍継嗣問題をめぐって「松平慶永」、「島津斉彬」、「徳川斉昭」らが幕政に発言機会を持ち、「一橋慶喜」擁立を目指す。慶永は御三卿の一つである田安家の出身。島津斉彬は近衛家との縁戚関係が深い、徳川斉昭は子息(六男)の父親で御三家の水戸徳川家である。
150225橋本左内


いずれも譜代大名で、肩を並べられる家柄は少ない。同等もしくはそれ以上の誇り高き「名門大名」である。そこに「条約締結」の「勅許問題」が発生する。砲艦外交に端を発した開国と、それを実質的に発展させる通商条約は、攘夷思想を呼び起こし、これに「水戸学の尊王論」が結合して尊王攘夷思想として開国をした幕府に反対運動を勃発させることとなる。反対派封じ込め策として時の老中「堀田正睦」は安政五年二月、条約勅許を求めて上京。簡単に降下すると見込んでいた幕府の目論見は、大きく狂うことになる。孝明天皇は「大の外人嫌い」なのであって、事前に情報を持たなかったことから失態を演じる。堀田はこの責任を問われるかのように老中を罷免される。そこで急遽登板したのは「譜代筆頭」の井伊直弼であった。徳川幕府にとって最後の切り札ともいうべき「エース登板」である。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/321-767db31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR