長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『松陰と幕末・明治の志士たち』の出版
【2015/06/24 16:47】 エッセイ
【松陰と幕末・明治の志士たち】

平成26年10月末に、NHK出版から掲題の本の執筆依頼が舞い込んだ。
突然だったので、とっさに返答が出来なかったが結局引き受けることになった。然し、来年(今年)の大河ドラマと共通しているので、解説的な意味もあるからと、考え直して、少しくらいは役に立つかもしれない。
特に吉田松陰は、難しいし、易しく書くことは意味があると思い。困難を承知で書くことになった。文字数にして12万字の長い文章を書くことになった。人生初体験です。
400字詰の原稿用紙で、300枚である。早稲田でも、慶應でも書く機会の無かった、長い長い文です。丁度今年は、松蔭大学で『吉田松陰論』を担当して10年目の区切りの年でもある。
思い切って、書き始めたのが11月末、関連書物の整理をして、常に机のわきに数十冊の研究書や、要因全集を常備して書いた。
それでも、書籍が不足で、途中で数冊の本を追加購入しなければならなかった。そうして、読みこみながら書着続けた。

150625松陰と幕末明治の志士たちアマゾン写真



本と言うのは、読むのと書くのでは大違いである。書いてみて初めて分かったことであるが、読むことの方が数倍も楽である。
先ず「構想」を立て、「章立て」をどうするかから始まって、といろいろ考えながらである。食事を取りながら走っているようなものである。あれもこれもと、沢山のことが頭に浮かんで来ますが、物には順序があります。
タイトルも当初の表現と異なり、同時に章立ても、それに応じて変化した。これは、読者を想定して、依頼されたので、私も賛同したので変更になりました。
すでに、書き始まっているので、途中からの掲題変更はどうなるものかと心配していた。全部で13回放送分のうち、6回目からは掲題のタイトルに基いた内容となった次第である。
毎回分が書きあがるたびに、送付したが、途中、何度も書き直しを指示されたり、論理展開の整合性が不十分と言うことで、追加書き込みを要請されて困ったことが何度もあった。そのたびに、葛藤が起きる。自分の我儘な感情が、リタイヤの願いを喚起して来る。でも、そうは簡単に変更などは出来ない。そうすれば、編集者に迷惑がかかること請け合いであると、言い聞かせて我慢を続けながらであった。

結局は書き直し分を含めると15万字ほど書いたことになると思われる。
吉田松陰の伝記は、明治24年以来、現在まで、およそ300冊近くのものが刊行されているはずである。
参考文献も、必要な部分だけを確認するにとどめたが、それでも文章化するにあたっては、やはり読んだ記憶のあるものついては数度の確認作業を強いることになった。
私は「徳富蘇峰」、「玖村敏雄」、「海原徹」先生の書かれた『松陰伝』または「評伝」が、現在までに書かれた中では最も優れたものと思っている。今後もこれを越える内容の本を書くことは困難だろうと思っている。
昭和11年に刊行された『定本版・吉田松陰全集』、14年に書き下しにして少し簡略化した『普及版・吉田松陰全集』(何れも岩波書店刊)。
昭和48年の「学制発布100周年」に刊行された『大衆版・吉田松陰全集』(大和書房刊)を用意して、三者の『吉田松陰伝』の研究書と付け合せながら書き進めた。
そのために、結果として、全集にも相当数目を通すことになったのは、とても勉強になった。

何より有難かったのは『公益財団法人・松風会』の『脚注解説・吉田松陰撰集』の脚注と説明であった。
この5カ月に、これ等の本を何度繙いたであろうか。マーカーを使い、惜しげもなく本を汚したのであった。
そうして、よく解かったのは『定本版』が最も完成度の高い内容であることであった。
しかし、原文に近く、大半が漢文で書かれているために、私の能力では太刀打ちできないのである。
そのたびに、大衆版を紐解くと、今度は収載されてないことが幾たびかあい、それに出逢う度に落胆しながら書き進めたのであった。

大隈講堂前に



これまでの10年間で、全集は何度も何度も繙いていたので、必要な文献のペイジが速やかに開けられた。
3月の半ばで、大略が書きあがって提出済みとなったが、問題は【校正】での確認と、調べごとであった。
出典確認を、厳しく追及され、あわてて再度研究書を紐解く始末であった。
該当なしの場合は、新に購入しなければならなかった。
大正時代に刊行された本ゆえ、本のタイトルが解からない。
そんなことも苦労しながら、一歩、一歩クリアしていった。
書くことも苦しかったが、校正の段階は、妥協の余地がなく、有無を言わせずに回答をもとめられた。
これが、何とも辛かった。何度、途中で投げ出そうかと思ったことか。

過度のストレスから「蕁麻疹」に悩まされ、ひどい時には「病院通い」であった。
服薬では効果が遅く、点滴を打ってもらったことが二度あった。
思い返すと、初体験である事、最初から書き上げなければならない時期が設定されていたことが、何よりもつらかった。
いつも、何者かに追われているような日々であった。平成27年6月25日が「発売日」である。明日である。

そして、「ラジオの収録」も全部で6回の内、既に2回を終えた。
本を出すということが、これほど大変な事とは、想像を遥かに超えたものであった。
よく、あとがきに、「編集者」に励まされて、どうにか書き上げる事が出来たという、体験談風の苦労話の事が書かれているのを読んだことがあります。まさに、その通りであった。書くことは、自分の頭の中を整理するという意味があります。これは体験的に解かったことであります。しかし、苦労はしたが、何とか目的を達成することが出来たことを喜んでいます。誠に感慨深いものがあります。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/330-04a4272f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR