長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『松下村塾』 国史大辞典
【2015/11/30 22:30】 エッセイ
【松下村塾】 国史大辞典(吉川弘文館)


「松下村塾」という名称は日本人ならば、大半の人が知っているに違いない。しかし、正しく知っている人もまた少ないように思われる。安政三年九月四日、松陰は久保五郎左衛門の求めに応じて『松下村塾記』を書いている。そこで簡にして要なる松陰の学問観、『学は人たる所以を学ぶ為り』と述べられている。松下村塾の命名の由来に、『塾係くるに村名をもってす』と松本村の塾と云っている。と恐らく、「松下村塾=吉田松陰」と理解されている向きが多いと思われるので、「国史大辞典」での説明を記しておくことも必要と思われるので転記しておこう。
松下村塾24.4.25


幕末・維新期の私塾。天保十三年(1842)創設。長門国萩城下の東郊松本村(山口県萩市椿東)にあったことから、この名が付けられた。史跡。もとは吉田松陰の叔父の玉木文之進の家塾。ここからは、吉田松陰・杉梅太郎(民治)・山県半蔵(宍戸璣)が出た。文之進が役職に就いてのち、松陰の外叔久保五郎左衛門の家塾がこの名を襲用した。安政元年(1854)三月の密航未遂事件で獄中にあった松陰は、許されて生家の杉家にもどり、同三年に事実上の村塾の主宰者となった。同四年十一月杉家の宅内にあった廃屋を改修して塾舎とし、翌年七月藩許を得た。村塾は、元来、庶民・下級氏族の教育機関だったが、松陰の思想を慕って入門する者が相つぎ、次第に政治集団の性格をつよめた。
吉田松陰と松下村塾25.3.28


門下から、高杉晋作・久坂玄瑞・吉田栄太郎・入江杉蔵・楢崎弥八郎・寺島忠三郎・中谷正亮・大楽源太郎・野村和作(靖)・佐世八十郎(前原一誠)・伊藤俊輔(博文)・山県小助(有朋)・山田市之丞(顕義)・品川彌二郎等々が輩出し、長州藩尊攘・討幕運動の指導者、そしてのちに長州藩閥の中枢をなす人々が輩出した。安政五年違勅条約調印問題が政治争点となり、これを契機として松陰と塾生の政治行動は急に活発となった。その行動は激化の一途をたどる。藩政府は松陰を獄に投じ、村塾を強力な監視下に置いた。こうしたなかで、松陰が塾の指導者と期待した富永有隣も去り、村塾は一時廃絶の状態となった。のち、村塾は再興され、明治元年(1868)二月藩庁は塾舎補修の費用を与えた。同二年官を辞した玉木文之進が再び主宰者となって塾の指導にあたったが、九年十一月門弟が萩の乱に参加した責めを負うて自刃。明治十三年頃、杉民冶により再興、村塾は同二十五年頃まで存続していたらしい。明治三十三年八月塾舎の改修が成り、同四十年十月村塾内に松陰神社が創建されて県社となった。
参考文献『吉田松陰全集』、廣瀬豊『吉田松陰の研究』、玖村敏雄『吉田松陰』 (井上勲)
151202松下村塾 古川薫著


吉川弘文館の『国史大辞典』(全15巻)ではこのように説明されている。ここでは、どのような教育・学問が講じられたかは書かれていないが、一般的にはこの説明で充分であろうと思われる。学問や授業、教育方針や理念等々に就いては別途記して見たい。しかし、この松下村塾は、自分たちの住む松本村から『奇傑非常の人』を輩出し、一邑を奮発震動してみせるとも予言もしているのである。結果において、松陰の教育力を証明して見せるような数多の俊英を輩出したのである。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/340-697ad9e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR