長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

坂崎紫瀾と汗血千里駒
【2016/09/28 18:22】 エッセイ
「坂崎紫瀾」と『汗血千里駒』

幕末の「坂本龍馬」を最初に小説として書いた坂崎紫瀾(本名斌:サカン)の『汗血千里駒』は、明治十六年(一八八三)の一月から高知の『土陽新聞』から掲載されて評判を呼んだものである。一般に「坂本龍馬」のイメージはこの「坂崎紫瀾」の「汗血千里駒」がモデルのようになっている。学術的な研究者による『坂本龍馬伝』はほとんど書かれてなく、その原因は「史料」が少ないことから、人物像の再現が難しいことによると思われる。現存する史料は、大半が「書簡」であり、参考文献として『坂本龍馬関係文書』や『坂本龍馬手帳摘要』くらいしかないのである。実際に龍馬が書いた『手紙』が何通あるか、まだ未発見のものがあるようである。だが、坂本龍馬の関連は多くの関係人物や関連文書に登場するので、それに依拠して龍馬像を創り上げて行くのが普通の手法である。『人脈図』を見ると、非常に幅が広く「外様の軽格としての譲り受け郷士」としては極めて異彩を放っている。幕府の要人(松平春嶽・大久保一翁・勝海舟)との接点があることが特徴的である。反面、出身潘である「土佐藩」では、「山内容堂」と直接面識がなかったようで、容堂は間接的に知っていたに過ぎない。むしろ「軽輩ゆえ相手にしない」という態度である。こうした「身分制」がまかり通っていた時代であるだけに、「土佐藩の旧態依然たる制度や考え方」に嫌気がさしたのである。だから、「脱藩」という当時の武士(下級)の厳しい掟も無視するかのように土佐藩を捨てたのであった。そうしたこともあってか、出身潘以外の人脈が多いのも坂本龍馬の特徴である。
160928汗血千里駒 本161004坂本龍馬 いきいき埼玉


復刻版の「解題」によると『千里を駈ける駿馬(参照「漢書、大宛国伝」)にも比すべき坂本龍馬の生涯を、実伝的小説として描きながら、そのなかに当時の明治・自由党の理想を挿入したもので、いわば実伝的政治小説といってよいものであるが、なかなかの傑作である。・・・・・・起承転結の巧みな作品構成である・・・・・・紫瀾はこの作品で、明治御一新を上士と下士・軽格との対立から把握し、明治御一新は、“天賦同等の感情に胸の炎(ほむら)を焦がしつつ其の門閥を憎み階級を軽んずる(第十八齣)”下士・軽格たちの、上士への抵抗、封建時代への反抗であったとみなし、軽格坂本龍馬を代表とする明治御一新へ向かっての大精神は、自由民権運動につながると考え、この自由党的思想性でもって、「汗血千里の駒」を支えようとした・・・・・・「汗血千里の駒」は実伝てき史実性と政治的主張性とを、その底辺に置いた、大衆的魅力のある小説となっているといえようが、とにかく当時大変な人気を呼んだ作品である。あたかも、昭和の御代に大人気を博した司馬遼太郎の「竜馬がゆく」(昭和三七年六月二一から昭和四一年五月一九日、産経新聞夕刊連載・一三三五回)の明治版といえるかもしれない。』と説明されている。
明治十六年一月二十四日から連載され、同年三月三十日まで続き、以後三ヶ月間、作者の紫瀾が不敬罪で入獄したため中絶したのだが、明治十六年六月末出獄するや、七月十日から再び掲載をはじめ、同年九月二十七日完結した。

160928坂崎紫瀾

さて、坂本龍馬を天下に知らしめた『汗血千里駒』の政治小説を書いて人気を博した「坂崎紫瀾」についての人物説明は、国史大辞典(吉川弘文館)によれば、次のように記述されている。
一八五三~一九一三、明治時代の文筆家。名は謙次のち斌。号は紫瀾、別号鳴々(うう)道人・咄々道人。嘉永六年(一八五三)十一月十八日江戸鍛冶橋の土佐藩邸に生まれる。父耕雲(医を業とす)・母きさの次男。安政三年(一八五六)巧緻に帰り城下の廿代町に居住。致道館に学び十六才で同館の素読席句読師補助となる。明治三年(一八七〇)広島に遊学、ついで彦根の学校教官となったが、六年上京してニコライ塾に学び、七年愛国公党に加わる。同八年司法省に入り松本裁判所に赴任したが辞職後「松本新聞」主筆となる。同十三年「高知新聞」編集長となり自由民権派の論客として活躍する。政談演説禁止で東洋一派民権講釈一座を組織し馬鹿林鈍翁と名乗り民権運動を展開し『土陽新聞』『自由燈』のほか諸新聞に論陣をはった。大正元年(一九一二)維新史料編纂事務局に入ったが同二年二月十七日、東京市牛込区新小川町の自宅で没す。六十一才。墓は青山墓地。著書に『汗血千里駒』『維新土佐勤王史』『鯨海酔侯』などがある。

因みに、「坂崎紫瀾」の「政談演説禁止」によって、『土陽新聞』で三か月間の連載中断となったのは、「解題」によると『不敬罪』で入獄したことになっているという。それは、馬鹿林一座の民権講釈で坂崎紫瀾が『天子ハ人民ヨリ税ヲ絞リテ独リ安座ス、税ヲ取リテ上座ニ位スルハ天子ト私トノ二人ナリ』と述べた事によったものである。明治天皇制国家に対する、露骨な批判となる文言が明治新政府の受け入れるところとならなかったというわけである。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/356-95e84539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR