FC2ブログ
長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

『嗚呼・山縣有朋』 ー国家を私物視した男ー
【2019/04/30 22:12】 エッセイ
「吉田松陰」の的外れな人物観

近代日本、「明治維新」は国家的な成功例として日本国はもとより、中国の清朝末期にも影響を与えた。
だが、日本は夜郎自大な錯誤の国家間観を抱いてしまった。
西欧が個人の努力の集合体として、英々の努力を積み重ねた結果に気付いたものは『国家と共に生きる』人間の生き方であった。
その国家とは、『人は生まれながらに人権を保証された存在である』国民が造り上げたものが近代市民社会の到来を前提とした、近代国民国家であった。
その意味で、日本の明治維新は三段跳びのような国家を模索したのであった。
人権の何たるかを知らず、始めに天皇制国家ありきの考え方であった。
日本の成り立ちを知って、古代にその範を求めたのであった。
西欧において、王制の専制打破が結果として国民主権という人権思想を求めるうねりが、長い徳川幕藩体制の在り方から、三段飛びのごとくに西欧先進食国からの侵略を排撃できる新国家を模索したのは、ある意味では」致し方ないことであったといえる。
しかし、西欧社会の国民国家への指向は、長年にわたる国民の願望であった経緯を知悉して、西欧に学べ!という大号令とはいささか事情を異にする。
正しい国家間と、それに付随する軍隊は、本来的な意味における国家防衛としての機能を有するという、使命を逸脱してしまい、己の権力のみを指向した山縣有朋の手に因って、いつしか軍事国家への道を歩ませてしまった。
所詮は軍人である。帝国主義時代の背後にある『国家とは何か』を見極めない権力機構を作り上げてしまった。

山縣有朋の犯した罪は大きい。国家権力から糾弾されてしかるべきものである。
どうして、こんな人物が最高権力者に登り詰めたのか?
国権の発動の源泉を知らず、国際社会において、存立することが至上命題と心得ていた狭量な思考が生んだ悲劇に他ならない。
長州が日本の近代国家を創出したのは幻想である。
萩の松陰神社の正門をくぐると、左手に『明治維新胎動の地』と、特筆大書した佐藤栄作の書になる石碑に出会う。
不完全な明治国家を創出した長州藩の努力を、無批判に礼賛したものである。
その所以は、心ある人には『下らない幻影』としての近代国民国家を礼賛するあまり、こうした歴史を直視できない人達にとっては好都合の結果であったのに違いない。

その結果を見よ! 『国破れて山河あり』の状態、すなわち、大日本帝国の崩壊である。
正しい国家間や、それの属性としての軍隊の在り方に固執した姿が、国家(日本国)を消滅に追いやった。
『枢密院議長、元帥陸軍大将、従一位大勲位、功一級公爵』。この墓誌が誰のものであるか?問いたい。
近代日本は、成功した国家との幻影は棄てなければなるまい。
関連記事
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/401-71b8d499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR