長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『福澤諭吉と榎本武揚』
【2010/12/31 00:54】 エッセイ
明治24年、福澤は有名な『瘠我慢の説』を書く。但し、脱稿のみで公刊はしていない。この開示は紆余曲折した事情があり、10年程後に予期せぬ事情から公刊されて、話題となる。
略記すると「勝海舟と榎本武揚」の明治以降の生き方に対する、福澤の武士道論的な考え方からみた批判の書である。
福澤写真--------榎本武揚



勝も榎本も共に幕臣の出である。福澤の恩人である木村摂津守喜毅のように、幕府の終焉とともに官に出仕しない生き方こそが福澤が首肯し得る「武士道」なのであった。事実、福澤自身もそのように生きたのであった。しかるに、この両者は、幕府にとって敵方である薩長藩閥の有司専制の政府に出仕して栄達を遂げた。両者とも明治新政府の大臣・爵位を得て顕官となった。敗者は潔く「野」に下って、時代相応の生き方こそ武士の魂の宿ったものであるとの論である。

今回は、勝海舟は別として榎本武揚とのことについて書きます。函館の五稜郭戦争に敗れた榎本軍は投降し、軍司令官たる武揚は収監されて獄中生活を送る。親孝行だった榎本に、母親が救助策を願う。これを黒田清隆と福澤が手助けし、母の願いが叶って榎本は出獄する。さらに、黒田の後押しもあって、心ならずも榎本は明治政府に出仕する。北海道のご縁が二人を結びつけたが、福澤は「義侠心」からの行動であった。政治的な判断に優れていた勝と違って、幕末にオランダ留学して「テクノクラート」の榎本はその能力によって出世をする。鉱山学や化学に造詣が深かった榎本は、出世欲はなかったものの、留学経験や西欧の実態を見聞した知識は明治政府にとっては貴重な人物であった。こうした榎本の生き方が自然に出世して栄達を極めたのであった。
しかし、咸臨丸が駿河で遭難したことから「慰霊碑」の揮毫を読んだ福澤には「子爵・榎本武揚」の文言が許せなかったようだ。ここから福澤の『瘠我慢の説』が書かれる動機となったと言う。公刊前に両者に草稿を読ませて確認をした福澤に勝海舟は、「勝手にどうぞ!」と返信してきた。榎本は、後日きちんと応答したいとの返信だったが、実現を見ないまま福澤が死去してしまう。

勝に比して榎本の史料が少なく、人となりが現在でも人物研究があまり進んでいないようである。昭和35年に中央公論社から刊行された『榎本武揚』(加茂儀一著)が最も信頼できる書である。これは、維新期に関心を持つ人には是非一読を勧めたい。
私事であるが、この書の末尾には私の恩人の一族である『今泉嘉一郎』の固有名詞が出てくる。私の郷里の隣村出身で「日本製鉄」の勅任技師長をされ、後に「日本鋼管」設立に尽力した技術者である。郷里で日本鋼管に就職した方が多いのも、その為であるし、私の父親が戦前に日本鋼管で働いていたのもこの事情と無縁でない。鉄鋼産業の草分けの技術者としての功績が高く、榎本武揚が信頼した技術者だったようである。今も郷里には「胸像」と功績を称える撰文が残る。日本資本主義の勃興期にあって、官業だけでは国際競争力はもとより、殖産興業政策の面からも「鉄は国家なり」を信念に民間の企業を興し、競争原理を採り入れて産業に寄与したとの事である。
実は、榎本武揚は「東京農業大学」の設立者でもあることは、あまり知られていないようである。明治政府にあって、地味ながら多くの功績を残した榎本研究が進む事を願うのである。そして、才能が発揮される機縁を作ったのが福澤諭吉であるのも何とも面白い。福澤の義侠心は榎本武揚のみならず、多くの人々を手助けし恩人と称える人は多いのである。吉田松陰と福澤諭吉は「死して不朽の人」となり、この先達の研究者は後を絶たないのである。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/78-ca8b452e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。