長谷川勤のインフォメーション・ブログ
維新の先覚者「吉田松陰」研究のやさしい入門ブログ

プロフィール ×

kinnhase

Author:kinnhase
長谷川勤のインフォメーション・ブログへようこそ!


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ある明治人の記録」読書のススメ
【2011/03/23 21:47】 エッセイ
これは中公新書252(石光真人編著)である。副題に「会津人柴五郎の遺書」となっている。
昨日、再度読み直した。落涙なくして読めない。餓死との戦いの末、生き抜いて、必死に生き抜いて、辛抱、また辛抱、忍耐、また忍耐の壮絶な人生の記録である。困難に耐え抜いて「陸軍大将」まで登りつめた感動の実話、記録である。
ある明治人の記録



明治維新を「薩長史観」の勝利者側からみるのと、大違いで、将に正反対で悲惨で残酷そのものである。戊辰戦争で敗者となり、数多くの悲話が伝えられる会津落城後の「斗南藩」への転封の姿である。

実は、この悲劇の淵源は藩祖、保科正之にある。この徳川前期の名君といわれた人物は、三代将軍徳川家光の異母弟である。後に四代将軍徳川家綱の将軍補佐として、多くの事績を残した。そして「家訓」を残したのであるが、これが代々の藩主に律儀に、忠実に守られたことが悲劇を生むことになる。

江戸城「溜間詰」の名門大名として、東北の要衝に配置されたのであるが、幕末に至って「京都守護職」を幕府より命令を受ける。藩主松平容保は、健康にも優れず、大半の家老は「火中の栗を拾いに行くようなものだ」として強硬に反対したが、「藩祖の家訓を遵守」のために苦渋の決断で京都に赴任する。有名な「新撰組はこの京都守護職の配下である。
文久の頃より治安が乱れ、その維持のためには「京都所司代」だけでは困難であるとして、新たに治安維持強化のために新設されたのである。

「公武合体で難局を乗り切ろう」との、幕府政策に応えて、「孝明天皇」からの絶大の信頼を得る。職責全うの為の努力が、裏目に出てしまう。文久三年八月十八日の政変、元治元年の禁門の変、あるいは池田屋の変(新撰組の活躍)で長州を敵に回したことから、怨恨を買い、幕府を支える努力が「朝敵」の立場に立たされてしまう。

戊辰戦争の結末は、会津落城と、函館の五稜郭の戦いで結末を迎えるのは周知の通りである。徳川慶喜の助命の「あおり」で会津藩は、極端な貧乏籤を引かされる。「いわれなき朝敵」の汚名を着せられ、討幕派の側から「悲惨と過酷な運命」を辿らされる。

新政府がわの「薩長土肥の旧藩士にあらざれば人にあらずといわれ、幕政の世ののちにきたれるもの、まさに藩閥の世なりというべし」(87頁)と柴五郎は述懐しているが、会津人から見れば、新政府とは徳川に替わる「薩長土肥」政府であった。「下北に移封ののちは、その日その日を生き延びることようやくのことなり」(89頁)の状態であった。寒風吹き荒ぶ不毛の、さいはての地に流され、まるでシベリア流刑を藩全体でかぶってしまったかのようである。食物に事欠き、飢えと空腹、極寒のなかでの悲惨な生活。名門譜代の藩の、流刑に等しい扱いに柴五郎は、誠実に書き綴っている。

「この境遇が、お家再興を許された寛大なる恩典なりや、生き残れる藩士たち一同、江戸の収容所にありしとき、会津に変わらざる聖慮の賜物なりと、泣いて悦びしは、このことなりしか。何たることぞ。はばからずに申せば、この様はお家再興にあらず、恩典にもあらず、まこと流刑にほかならず。挙藩流刑という、史上かつてなき極刑にあらざるか。・・・・・・かかる運命なれば、祖母さま、母上さま、姉妹の自害も当然ななりしことよと気づき、母上さまとともに他界せばよかりしものを、甲斐なきことをおもいつつ・・・・・・熱涙頬をつたいて流る。・・・・・・過去もなく未来もなく、ただ寒く飢えたる現在のみに生くること、いかに辛きことなりしか、あすの死を待ちて今日を生くるは、かえってらくならん、死は生の最後の段階なるぞと教えられしことたびたびあり、まことにその通りなるべし。死を前にして初めて生を知るものなりと説かれたり、まことにその通りなるべし。今は救いの死をさえ得る能わず、「やれやれ会津の乞食武士ども下北に餓死して絶えたるよと、薩長の下郎武士どもに笑われるぞ、生き抜け、生きて残れ、会津の国辱雪ぐまでは生きてあれよ、ここはまだ戦場なるぞ」と父に厳しく叱責され、嘔吐を催しつつ犬肉の塩煮を飲みこみたること忘れず。「死ぬな、死んではならぬぞ、堪えてあらば、いつかは春も来たるものぞ。堪え抜け、生きてあれよ、薩長の下郎どもに、一矢を報いるまでは」と、自ら叱咤すれど、少年にとりては空腹まことに堪えがたきことなり。」
これを、涙なくして読めようか!
 長い引用になったが、これほんの一部の抜粋である。
明治維新の陰にこんな悲惨な現実があったこと、歴史に学ぶ者は知らなければなるまい。

本日、第83回選抜高校野球が始まった。選手宣誓をしたのは、創部1年で甲子園出場を果たした岡山の創志学園の主将だった。
その宣誓に曰く「人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えられると信じています。がんばろう日本。生かされている命に感謝し全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。」と宣誓した。
それに、今回の大震災に鑑みて「私たちは16年前阪神淡路大震災の年に生まれました。」とも語り、コーチが神戸市東灘区被災したとのこと。
なんと心を動かされる、立派な宣誓か! 16歳の少年よ、天晴れなり! と思わず拍手したくなるではないか! 今日の記事と、今日の開会式の選手宣誓、考え合わせてみるとと大変な教訓が含有されているように思えるのである。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
最近、冨山和彦著、PHPビジネス新書の「挫折力」という本を読みました。
本の帯には、「失敗を愛せる人が最後に勝つ」と書いてあります。
失敗ばかりして、「挫折」感を何度も味わった私はこの本で、とても勇気付けられました。
今回の震災、是非この「挫折」を「バネ」というチカラにして再起してもらいたいものですね。
日本は明治維新以来、何度も打たれてきましたが、「挫折力」をバネに益々発展してきた歴史があります。
今回もきっと、この民族、なんとかやるような気がします。
それにしても「尖閣列島問題」しかり、「国難(?)」になったら、なんでこうも、このブログへの書き込みが多いのでしょうか。
国を憂えば、やはり「吉田松陰」なんでしょうか。
【2011/04/08 11:19】 URL | Y.N #- [編集]
皷副社長は同体育館で避難している町民約670人に頭を下げて回り、「何しに来たんだ」と住民から怒りの声が浴びせられたそうな。
謝罪に行かなきゃ「なんで行かないんだ」と非難され、行けば行ったで「何しに来た」と言われ、四面楚歌の東京電力なんだが。でもまあ、当然でしょう、これは。東電も努力しているとはいえ、社会的責任を十分に果たしているとは言えないだろう。なんの事かというと、避難を余儀なくされた方達へのフォローです。実は東電グループは、各地に保養所等を持っている。ネットでも、それらの施設を無料開放すべきではないか、という意見が上がっています。おいらがざっと調べただけでも、ものすごい数の保養寮を持っているんだよ。あまり知られていないようだが、東電さんは豪華施設も持ってるんだよな。
東友クラブっていう。子会社の当間高原リゾートもある。ゴルフ場まで備えた素晴らしい施設もある。
これらの施設も開放すべきだろう。他にもあるはずだし事態が長期化するのなら、社員寮の開放も検討した方がいい。社員はアパートに移りゃいいんだからさ。それくらいやったほうがいいと思うがね。
【2011/04/06 13:06】 URL | 自称「常人男」 #- [編集]
福島原発の地元、双葉町(人口7千人)の町長&町民のキチガイ発言。
  (5.6号機の所在町。1号機~4号機までは隣の大熊町に立地)

「原発がなくなると地元に落ちる交付金が減って困る。
 まだ5号機6号機は生きてるはずだし、7号機8号機を新設する計画もある。
 原発はものすごい雇用を生むし、町はすごく豊かになる。
 原発のおかげで出稼ぎに行かなくて済み、
 この町の人は、ほとんどが原発の恩恵を受けている。
 原発に頼らずに生きていけるよう取り組みはするが、すぐにはできない」

1960年代の原発誘致から
巨額の交付金、固定資産税で原発成金になった田舎町。
交付金をあてにし公共事業を乱発、起債を発行し借金しまくり。
しかし、1980年代には交付金の期限も切れ収入が激減。
そこで91年に原発の増設を決議、また、あぶく銭にすがろうとしたが
しかし、一連の東電のトラブル隠しと電力需要低迷で計画が中断、
大きく予定が狂い財政が急悪化。

06年には原発関連の交付金が7億円まで落ち、
その後も収支バランスを改善させることが出来ず、原発成金だった町が、
09年には、原発立地自治体で初の、まさかの破綻寸前の「財政健全化団体」に指定、国内でワースト6に。
07年に、やっと計画中断が解除になり、原発増設計画の初期対策費分の交付金が
再び入りだし、07年~09年で53億円が町に入った。
【2011/04/06 12:37】 URL | ? #- [編集]
今、中国では「実は日本製ではなかった」と言ってモノを売るのが流行りだそうです。中国人らしいね。都合のいい時だけ偽装の「日本製」で。それくらい放射能の風評で「日本製農産物」がダメージを受けています。一体コレ、政府はどう始末つけるつもり?
【2011/04/01 17:23】 URL | くりくり坊主 #- [編集]
マスコミは命をかけて活動している自衛隊に感謝するような映像をもっと大々的に放映すべきではないでしょうか。彼らの活躍する姿に我々は敬意を払うべきです。
高濃度の放射能だらけの原発に立ち向かい、毎日不眠不休で死体の整理をしています。
あんな人のいやがる仕事をせっせとやらされて。それでいて「暴力装置」なんて言われている。誰からも誉められない彼らがかわいそうです。
【2011/04/01 16:13】 URL | 昭和生まれの年寄りの戯言 #- [編集]
東電や政府は記者会見でよく「想定外」とか言っていますが、ああいうのは「想定ミス」って言うのではないのですか?
この「ミス」を認めないからいつまで経っても対策がとれないのでは?
【2011/04/01 16:02】 URL | 絶対に騙されない一国民 #- [編集]
枝野官房長官は「この程度の放射能は直ちに人体への影響はない」と言うが、「直ちに」とはどういう意味か全く分かりませんね。益々こういった会見がウソっぽく聞こえます。
もう、何を信じていいのか分からないですよ。
一般庶民は放射能測定器なんて持っていないんだから、発表されたのを鵜呑みにせざるを得ないのだからね。測定した場所や時間や風向きによって当然、値は違ってくる。悪ければ何度も測り直して、いい数字だけ発表しておけばいいんだから。
【2011/04/01 15:55】 URL | ヤマンバ #- [編集]
被災地への義援金、節電、物資の救援。やらなければならないことは山ほどある。一方で、この国の経済活動をきちんと回すこともしなければならない。
経済活動、つまり血の流れを止めてしまうと、本当に日本が沈没してしまうかもしれない。だから、元気な人は、行動するべきだ。それぞれの立場で、どんどん働くべきだ。停電で3時間しか働けないなら、3時間だけでも働けばいいじゃないか。働けない人たちの分まで仕事を増やすのだ。使えない人の分までお金を使うのだ。いっぱい仕事をして、いっぱいお金を生んで、飲みに行って、お金を落として、税金を納めて、どんどん経済を回すべきだと思う。
自粛とは、休むことと同意だよ。元気な人が休んだところで、被災者にとって何の役にも立たない。ニュースを見て心を痛めるのは理解できる。でも、ニュースを見て心を痛めることが復興につながるのかな。
残念ながら、君がいくら涙を流したところで被災者は救えない。社会活動に貢献することこそが、被災地を助けることになるのだと思う。
【2011/03/29 17:07】 URL | 吉田兼好 #- [編集]
今、国会議員は何をしているのか?
毎月、通信費も含めて200万も貰って。
担当大臣以外、事が収まるまで、じっとなりを潜めているのか。
被災地に行っても「邪魔になるだけだから行かない」と言っているようだが。
鳩山のバカは何をしているんだ。イチローが1億円、久米宏が2億円の義捐金を出しているのだぞ。法律で政治家は金を出せないのなら、あのバカは政治家辞めて30億くらい出せばいいのに。それが出来ないなら、あの鳩山御殿を被災者に開放しろ!何もしていない議員もボランティアぐらいやれ。
もう、議員報酬はこの際、「減税日本」じゃないけど、半減だね。
【2011/03/26 20:33】 URL | O.K #- [編集]
今回の害震災は被災した方々には、ことばがありません。早速義捐金の協力はしましたが、東京電力の今回の対応は、私も含めて、不満に思う人が沢山います。まず、自己保身が先に立ち、不利益を隠蔽したい態度が第一回の会見から直感されました。現在の日本の電力体制を築いたのは、福沢諭吉から直接に薫陶を受けた経験を持つ「松永安左衛門」です。この人の社会貢献に寄与する義侠心は強烈でした。慶應大学の名塾長と言われた、故小泉信三さんが、東京大空襲で大きな火傷を負って、美丈夫な姿から一変してしまい、社会から隠遁に近い生活になっていたのを叱責し再度社会貢献をさせるべく引っ張り出し、た男の中の男でした。東電社員はその公共性を再度強く認識して、世のため人のために尽くす原点を思い起こしてほしいと思う。松永安左衛門翁の精神を継承して、今こそエリート気質の集団から脱却して欲しい。今回で、評価が一変して、下落失墜いる声をよく耳にします。歴代の経団連会長や経済同友会の代表をされた先輩方が、黄泉の国から厳しく見つめているのではないか?
【2011/03/24 13:55】 URL | 無計画男 #- [編集]
原発に関する記者会見をテレビで見ているが、内容がよく分からないです。
政府や東電は言い訳ばかりで、難しいデータ数度をいろいろ言われても、どこまで本当か? どこまで危険なのか? ついに東京水も危ないとなるとこれは相当重症ですよ。
将来どこまで危険なのか? さっぱり分からないです。今、公式発表は不信感でいっぱいです。
【2011/03/24 12:04】 URL | 大和魂 #- [編集]
東電のお陰で「技術立国・日本」のイメージは台なしです。世界に恥をさらしてしまいました。もう、東芝の原発は今後一切海外に売り込む事は不可能でしょうね。
折角、日本の質の高い農産物も輸出はムリでしょうね。
政府は一体、どう対応するんですか?

【2011/03/24 12:02】 URL | S.S  #- [編集]
コンビュータ関連の会社を経営している。細切れに停電されたら全社で仕事が吹っ飛んでしまう。数時間の停電なら、いっそ1日中停電にしてほしい。
【2011/03/24 08:13】 URL | #- [編集]
東電の「無計画停電」にとても腹が立っている。行き当たりばったりの停電通告では
生産計画が全く立てられない。毎日同じ時間にしてもらわないと本当に困る。
みなさん何も言わなくていいんですか?
【2011/03/24 07:53】 URL | ツルピカオトコ #- [編集]

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kinnhase.blog119.fc2.com/tb.php/89-45c602ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB

検索フォーム ×

RSSリンクの表示 ×

リンク ×
このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


QRコード ×
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。